神殿小説一覧

14
1
恋愛 連載中 長編
学園の卒業パーティーで、王太子が浮気相手(?)の聖女をエスコートした。 そして王太子が婚約者である公爵令嬢に婚約破棄を宣言したところ...「そなたと婚約を破...婚約破...こ・ん・や・く・は・kぅっ...くっっっはぁあっああっ」と途中までしか言えず取り乱す始末。なんだか様子がおかしい...。  ◇ なぜ、王太子は少し前までは仲の良かったはずの公爵令嬢との婚約を破棄をしようと思ったのか。 なぜ、王太子は「婚約破棄」が最後まで言えないのか。 聖女はどんな気持ちなのか? などなど
24h.ポイント 142pt
小説 7,112 位 / 184,875件 恋愛 3,171 位 / 56,185件
文字数 10,005 最終更新日 2024.05.06 登録日 2024.02.19
第7王子、ナテュールの従者であるロイ・プリーストはあまりにも怪しい少年だった。 薄ら笑うその顔も、わざとらしい抑揚の話し方も、身振り素振りの全てが胡散臭い。 しかし、 「どうして!?僕はこんなにもナテュール様をお慕いしてるのに!どうして裏切りの勧誘ばかり!?」 彼自身は特に裏も何も無い、正真正銘ただの従者だった。 *** 前作がやる事なす事いい方に受け取られる勘違い物だったので、今作はやる事なす事全て悪い方に受け取られる勘違いものです。 気をつけてはいますが、誤字脱字結構やります。すみません。 大体17時更新。
24h.ポイント 49pt
小説 14,398 位 / 184,875件 ファンタジー 2,111 位 / 42,489件
文字数 115,246 最終更新日 2024.04.29 登録日 2023.08.22
異世界エクトール王国の神殿で、女性の身に転生転移、聖女召喚された俺、門宮勇(かどみやいさむ)。ブロンドの髪に蒼い瞳の「聖女ユウ」として、俺はここで赤いドレスの聖女として、新たな道を歩む。その神殿で、聖女の特殊魔法「緑の光の手」を用い、癒し手として負傷者達の治療に当り、王国軍の、反乱軍との戦いを、勝利に導いた俺は、次第に身体だけではなく、心も女に染まっていく。 俺と他の聖女達は、神殿での癒し手としての立場はそのままに、それぞれの日々を過ごすのであった。俺は、元傭兵の護衛、艶のある長髪の、美剣士セルバートと、三年間の期間内での、恋愛勝負に臨むことになり、今はその微妙な関係、勝負の最中でもあった。
24h.ポイント 28pt
小説 20,258 位 / 184,875件 ファンタジー 2,896 位 / 42,489件
文字数 53,757 最終更新日 2024.04.03 登録日 2024.04.02
4
恋愛 完結 ショートショート
第一王子が婚約者として姉を選びました。 妹の私から姉の情報を得ようと、第二王子が近づいてきたことから、メチャクチャな人生を歩くことに……  中等部の頃、札に書いた願い事はかなうのでしょうか? 神殿の言い伝えは本当なのでしょうか?
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 恋愛 56,185 位 / 56,185件
文字数 2,561 最終更新日 2023.10.20 登録日 2023.10.20
 平民出身の巫女、シェーラ。本来階級制度が著しい神殿内で、実家が貧しい彼女は加護も少ない下級巫女であることも相まって最下層の存在ではあったが、実は大きな秘密があった。神殿が祀る精霊王に気に入られてしまった彼女は、加護が大きいと思われる上級巫女よりも多大な加護を与えられており、度重なる嫌がらせも難なく対応、排除できていたのだった。  このまま通常の任期を終えれば嫁ぎ先に苦労せず、安穏な一生を送れるとささやかに願っていた彼女だったが、ふとしたことで王子の一人にその加護が露見してしまい、王位継承に絡んだ権謀術数に巻き込まれることに。自身が望む平凡平穏な人生から徐々に遠ざかって行く事態に、シェーラは一人頭を抱えるのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 ファンタジー 42,489 位 / 42,489件
文字数 16,414 最終更新日 2023.03.21 登録日 2023.03.17
 神と話ができる特殊な精神力を持った少女は、ある日聖女として神殿に仕えることになった。 衣食住の保証された神殿での裕福な生活。しかし、少女には不満が一つだけあった。  暇だった。非常に暇だった。神に祈りを捧げるだけの代わり映えのない毎日。そんな日常に少女は辟易としていた。駄目だ。このままでは気が狂ってしまう。  そして、少女は決意した。この世界には娯楽がなさすぎる!それなら新しい娯楽を作ればいいじゃない!そうだ!大好きなアイドルを作って、この世界でも推し活をしよう!  ―聖女ですが、暇なのでアイドルをプロデュースします!
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 ファンタジー 42,489 位 / 42,489件
文字数 14,854 最終更新日 2022.12.12 登録日 2022.10.31
7
ファンタジー 完結 ショートショート
似た者親子の戦い(口撃)を書きたくなって。【長編完結・10話済み】 『VRゲームで遊んでいたら、謎の微笑み冒険者に捕獲されましたがイロイロおかしいです。』の宣伝っぽく。ショートショート 困った息子に口出したくなるお父さん(神殿の5本指に入る高官)な感じ。 家系の性格がバッチリ出ているなあちぇ思っている親子。それも理解していて 父は楽しんでいるが、息子は苦々しいと経験値の差が出ている親子それぞれの心境。
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 ファンタジー 42,489 位 / 42,489件
文字数 1,138 最終更新日 2022.09.28 登録日 2022.09.28
8
BL 連載中 長編 R18
地上で最も神に近いとされる神聖力を持つ皇帝、リヒト・オリエスは悪魔と契約した。半ば強制的に縛られた悪魔は、前世が人間だったことを思い出した変わり種。その記憶の影響で二度、地獄から皇帝を救った悪魔はしかし、神聖力で死ぬ生き物。長く神に近い存在と共に過ごせるわけもないが、神聖力の強い生き物を食べれば悪魔の力は強まると言われていて…。
24h.ポイント 7pt
小説 34,887 位 / 184,875件 BL 8,842 位 / 23,906件
文字数 528,198 最終更新日 2022.05.05 登録日 2021.05.03
9
ファンタジー 完結 ショートショート
誰も彼も
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 ファンタジー 42,489 位 / 42,489件
文字数 417 最終更新日 2021.08.17 登録日 2021.08.17
10
恋愛 完結 短編 R15
「イザベラ。君との婚約破棄を、ここに宣言する!」 「かしこまりました。わたくしは神殿へ向かいます」 「……え?」  あっさりと婚約破棄を認めたわたくしに、ディラン殿下は目を瞬かせた。 「ほ、本当に良いのか? 王妃になりたくないのか?」 「……何か誤解なさっているようですが……。ディラン殿下が王太子なのは、わたくしがユニコーンの乙女だからですわ」  そう言い残して、その場から去った。呆然とした表情を浮かべていたディラン殿下を見て、本当に気付いてなかったのかと呆れたけれど――……。おめでとうございます、ディラン殿下。あなたは明日から王太子ではありません。
24h.ポイント 35pt
小説 17,902 位 / 184,875件 恋愛 7,962 位 / 56,185件
文字数 48,038 最終更新日 2021.08.16 登録日 2021.05.06
11
恋愛 完結 ショートショート
お前の声が、世界を滅ぼす。 予言により、隠されるように神殿の中で育てられてきた主人公。 生まれたときから家族から引き離され、彼女は他人の温もりさえ知らなかった。 そんな彼女に手を差しのべたのは、心優しい王子。彼は、主人公に人間とは何かを教えていく。心を通わせ、愛し合うようになるふたり。 しかし神殿の主張に真っ向から対立する彼の行動は疎まれ、戦地へと追いやられてしまう。そして、敵陣にて命を落とすのだった。王子の訃報を聞いた彼女は、この世界すべてに復讐することを決意する。禁じられていた声を発したとき、彼女が見たものは……。 この作品は、小説家になろうにも投稿しております。 扉絵は、管澤捻さんに描いていただきました。
24h.ポイント 7pt
小説 34,887 位 / 184,875件 恋愛 15,471 位 / 56,185件
文字数 1,019 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.12.02
12
恋愛 連載中 長編
地球のエリート女史、シルヴィアはある事故がきつかけで、辺境の星、ルシーダでひっそりと暮らしていた。 友達も彼氏もいない、そんな彼女は仕事上がりにいつもの自販機でコーヒーを飲むのが唯一の楽しみだった。 そんなある日、職場の同僚が声をかけてきた。 黒髪に浅黒い肌。 その男は優しげな空気を纏い、ある目的を持って彼女に近づいていく。 そこには彼女の関係した事故が絡んで……。 雨の情景が描きたくて見よう見まねで書いたものです。 別ブログで完結していますが読み専門のブログではないため、こちらに移行しようかな〜〜と、その第一歩です。 よろしくお願いしますね!
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 恋愛 56,185 位 / 56,185件
文字数 38,334 最終更新日 2019.10.23 登録日 2018.05.10
13
BL 連載中 長編 R18
自然の法則を破ってはいけない。 それは罪深く、月の女神セレナの禁忌を破る行為だ。掟にそむいた者は、それ相応の罰を受けるのだ━━ そんなこと知らない。だってぼくは彼のことが好きだから。守られるだけなんて嫌だ。今度はぼくが彼を守る番だ。きっとうまくいく。 だからぼくを置いていかないで。 お願いです、女神セレナ。ぼくから彼を奪わないで━━━ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 本作は前作「恋するバンビと絶対君主な主さま」のスピンオフです。 /登場人物紹介/ 〇アンジェラス・ジュリオ・ラタトスク 獣王ティグリスと聖獣ルーとのあいだに生を受けた恋する男の子。 行く行くは父であるティグリスから王位を継承し、神殿の長に立つ身分にある。 従兄弟のユエに恋心を抱く。自らのチャームポイントを把握し、自慢の虎耳をぴこりと立て愛くるしさを発揮するとともに、手入れにも余念がない。 〇ユエ・アスター・ホルト 人間と獣とのあいだに生を受けたハイブリッド。 父、近衛騎士団隊長オーウェンを尊敬し、努力し鍛錬を重ね入団を果たす。現在は准尉として任務に努め、故あって国王よりアンジェラスの警護を任される。 〇ラニ・アーサー・ヘルナンド・モジェ 三方を海に囲まれた最端の国モジェ王国が王太子。 若くして現世を去った父親、ジェラルドの跡を継ぎ国王となるべく教育を受けながらも、今ひとつ王位継承者としての自覚がうかがえない。 幼い頃に遊びにきたアンジェラスの愛らしさに心を奪われ、それ以降ラニは度々宮殿を抜けだしアンジェラスに逢いにグランディーを訪れる。 〇ティグリス・ミルミドル・ラタトスク アンジェラスの父親。聖獣にして虎の王。 ハリマウ神殿の獣王として、聖王都グランディーの地に加護を与える。妻であるルーと我が子アンジェラスを大切に想う、善き夫にして父親だ。 〇ルー・ラタトスク アンジェラスの母親。鹿の聖獣。 ハリマウ神殿の神官長としてティグリスの補佐をしながら、日々を甘いお菓子に囲まれ幸せに暮らす。ほんのり舌足らずがチャームポイント。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ★深月くるみさんのイラストは、すべて著作権放棄しておりません。 無断転載、無断加工は禁止です。 No reproduction or republication without written permission. 【公開開始/2018年11月2日】
24h.ポイント 0pt
小説 184,875 位 / 184,875件 BL 23,906 位 / 23,906件
文字数 27,343 最終更新日 2018.11.09 登録日 2018.11.02

運命の改変、承ります

レンタル有り
 凶悪な魔術師を倒した聖騎士は、最後に不死の呪いをかけられ、呪われた英雄と呼ばれるようになった。彼は呪いを変えることができる魔女のもとへ訪れる。魔女はいう。「呪いを緩和するために、生贄となる花嫁が必要だ」と。呪われた英雄と魔女の婚活が始まった。  お引越し。
24h.ポイント 14pt
小説 28,484 位 / 184,875件 恋愛 12,309 位 / 56,185件
文字数 168,442 最終更新日 2018.07.30 登録日 2017.12.12
14