伏線多数小説一覧

16
1
ホラー 連載中 短編
普通に読めばそうでもないけど、よく考えてみたらゾクッとする、そんな怖い話です。基本1ページ完結。 下にスクロールするとヒントと解説があります。何が怖いのか、ぜひ推理しながら読み進めてみてください。 ※全話オリジナル作品です。
24h.ポイント 6,547pt
小説 252 位 / 185,405件 ホラー 7 位 / 6,786件
文字数 61,441 最終更新日 2024.05.30 登録日 2024.02.02
 不慮の事故で妹を失い、自分だけが生き残った罪悪感と妹が居ない虚無感から自ら命を絶った青年、黒月零。  しかし神の悪戯か、零は“シン”という名で今流行りの異世界転生をしてしまった。零改め、シンは妹を守れなかった自分が転生してまで生きている事に疑問を抱きながら、偽物と孤独の日々を過ごしていた。  そんな中、新しく出来た妹……母親と不倫相手の子供であるフェリノートは、なんと久遠の記憶を引き継いでいた!?  愛に狂った母親から逃げるように家を出て、様々な人々と出会い、時に温かい優しさに触れ、時に戦って血を流し、時に救いのない現実に絶望し慟哭する。  シン(零)とフェリノート(久遠)。彼らの歩む道の果てにあるのは久遠なる幸せか、あるいはゼロに等しく底の見えない絶望か。
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 166,179 最終更新日 2024.05.29 登録日 2024.01.22
 前世で『名無しの廃人』と恐れられた人間:ジョン・ドゥは何一つ報われずに死んだ。そんな彼に救いの手を差し伸べたのは、自身を唯一神と名乗る美少女だった。  異世界を救う代わりに、貴方の望む幸せを叶えてみせる──ジョンは彼女と約束を交わした後、魔法と科学が調和した異世界『第二世界』へと転移されるのだった。  しかし名の無い青年が背負った宿命は、想像を絶するほどに重苦しいものだった。  次々に襲い掛かる敵。混乱に陥れる凶悪な策略。入り混じる複雑な感情。  そしてこれが自身と関わる者を死へと導く可能性。  この世界で絶望するのは俺だけで十分だ──。   ジョンは諦めることなく必死に生き続ける。再び世の嫌われ者になったとしても、自分が最善だと信じる方法で数々の困難に挑んでみせる。  傷を負い心を縛り、先の見えない闇に向かって駆けていく中、ジョンはやがて自分が使命を託された真実を知り、やがて第二世界を救う  名無しの英雄が繰り広げる最高の伝説が、今幕を開ける。  ※お気に入り登録をしてくれた3名には大変申し訳ございません。私、鵺太郎(鵺宮想哲)は投稿した作品を何の伝えもなく改変しました。どうかご了承下さい。私は卑屈ながらも、こうして小説を何度も改変する傾向があります。
24h.ポイント 7pt
小説 36,164 位 / 185,405件 ファンタジー 5,444 位 / 42,586件
文字数 25,391 最終更新日 2024.05.10 登録日 2024.03.06
故郷を追われて早7年、未だ有力な手がかりは無し。 けど今回来た学者の遺跡までの護衛任務、ついでに調査すればなにか見つかるかも……。 待ってて母さん、父さん。 抜け落ちた記憶を見つけて呪いも解いたら私、絶対村に帰るんだからっ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 6,395 最終更新日 2024.04.07 登録日 2024.01.27
ある年の夏。俺は十五年ぶりに栃木県日光市にある古い屋敷を訪れた。某大学の芸術学部でクラスメイトだった岡滝利奈の招きだった。かつての同級生の不審死。消えた犯人。屋敷のアトリエにナイフで刻まれた無数のXの傷。利奈はそのなぞを、ミステリー作家であるこの俺に推理してほしいというのだ。俺、利奈、桐山優也、十文字省吾、新山亜沙美、須藤真利亜の六人は、大学時代にこの屋敷で共に芸術の創作に打ち込んだ仲間だった。グループの中に犯人はいるのか? 俺の脳裏によみがえる青春時代の熱気、裏切り、そして別れ。懐かしくも苦い思い出をたどりながら事件の真相に近づく俺に、衝撃のラストが待ち受けていた。 《あなたはすべての伏線を回収することができますか?》
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ミステリー 4,159 位 / 4,159件
文字数 27,701 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.02.29
千丈雷《センジョウライ》はミステリー好きの大学一年生。二浪の末に入学した星麗大学で推理小説研究会への入会を希望していた。しかしひょんなことから、異様な観察能力を持つ謎の美少女、鳳凰霙《ホウオウミゾレ》と、その姉、鳳凰氷雨《ホウオウヒサメ》に出会ってしまう。雷は二人が立ち上げようとしているサークル、ミステリー研究会(仮)に協力することになるのだが。じつは霙の体には、もう一人のスケベな人格、鳳凰小雪《ホウオウコユキ》が住みついていることを知らされる。小雪を駆逐するために必要なのは大量の謎とき! ひそかに恋心を抱く霙の貞操を守るため、謎集めに奔走する雷の奮闘を描くミステリー連作短編集。二、三日に一度更新できたらいいなと思っています。もしお気に召しましたら「お気に入り」の応援、よろしくお願いいたします。
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ミステリー 4,159 位 / 4,159件
文字数 23,162 最終更新日 2024.03.03 登録日 2024.02.18
その男には誰にも言えない秘密があった。 能力世界の無能力者の証である「黒眼」として虐げられていたその男はひょんな事からこの世界で最強の「帝王」に紹介され、最高峰の能力学園に入学する。 そこでキャラの濃いクラスメイト達に翻弄されつつも何とかして彼は自身の「目的」のために戦い続ける… 学園内でストーリーが進んでいきます。主人公が中二病ぽい感じなので苦手な方は注意です。シリアス多め。伏線が多いのでそこも注意です。 完結しました!感想によっては外伝が作成されます! 面白いと思ったらお気に入り登録、感想、「第16回ファンタジー大賞」ヘの投票お願いします!
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 174,012 最終更新日 2023.09.10 登録日 2023.08.02
魔法が使えない体の主人公ソフィリア。それがコンプレックスで友達もおらず自分の人生に意味を見出せないでいた。 そんなある日、転機が訪れ、子供のころに命を救ってもらった少女に思わぬ形で再会する。 ソフィリアは少女への憧れで魔法を子供のころから愛していた。再会を機に彼女は自分の人生をかえるべく、エリート難関の 魔法専攻学園 ハープネスへ入学する。 すべては人生の意味と自分の価値を見つけるために―。 魔法が使えない少女が一人で奮闘する群像劇の異世界学園ファンタジーの伝承譚。 彼女がこの学園を去るとき、彼女は何を想い何を与えるのか。
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 6,112 最終更新日 2023.07.17 登録日 2023.07.16
 高校生の佐々岡優悟(ささおかゆうご)は、通りすがりの女性、八事礼子(やごとれいこ)に命を救われる。まるで別世界から来たような礼子の不思議な雰囲気に優悟の「生活」「友人」そして「心」までが巻き込まれ、動き出す。  「学校で噂される002の行方」、「研究員2人の怪しげな実験」、「編集長に無茶振りな仕事を投げられる女性」不規則に 解かれた物語がゆっくりと結ばれていく。恋愛ミステリーここに開幕!
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 恋愛 56,265 位 / 56,265件
文字数 36,273 最終更新日 2023.01.11 登録日 2022.12.09
必ず人は生まれながらにして何かしらのスキルを保有する。これは全ての能力の支配者として生まれたが何者かに記憶損失によって能力がうまく使えないある主人公による物語
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 21,597 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.04.14
 主人公、アラン・クロウはいわゆる悪ガキだ、しかし、その過去には国家の成り立ちを揺るがす信じられない過去があった。    国VSアランと生徒たち、 結末の勝利を握るのは、秘密を守りきった国か、はたまた義憤をかざした学生生徒か!   しかし、アランにはどうでもよかった。   そう、なぜなら、、、  ちなみに、国VSアラン達の壮絶なバトルは後になります、  毎日投稿、します!毎日10時くらいに投稿します!
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 22,540 最終更新日 2022.03.29 登録日 2022.03.15
12
現代文学 連載中 長編
仲の良い夫婦に巻き起こる、小さな奇跡。 原点は、とても些細なことだった・・ すべての出来事は、『人との関わり』で変わる。生まれたときからの悪人はいないし、ましてや善人もいない。 なんの変哲もない幸せそうな日常は、そんな『人との関わり』によっておこる。 例えば、バスに乗り遅れて会社に間に合わず、最悪だと思っていたら、そのお陰で、たまたま通りかかった昔の友人と出会い、テンションがあがり、会社を遅刻したことなんて忘れて友人と飲み明かしたり。 この話を通じて、皆さんにも 小さな奇跡を感じていただければ幸いです。 以上、よろしくお願いします。 〜以下、プロローグ〜  霧島悠一は、北海道の中心から少し左に位置する所、砂川市に住んでいるごく普通のサラリーマンである。  ちょっと抜けた発言をする妻、個性的な会社の同僚たち。楽しい日常生活がそこにはあった。  でも、誰も気付いていない。彼らの周りで起きている、小さな『奇跡』に。  ・・・さあ、読者の皆さん。この奇跡に気付けますか? 2021/9/20追記  長いこと現代文学にて1位をキープさせてもらっています!暖かく見守ってくれる、本当に心から優しい読者の皆様のお陰です!!ありがとうございます!  この作品、構想とオチは仕上がっていますが、いかんせんプライベートに忙殺されております。どうにか、地べたを這ってでも、週一回の更新頻度を守りたいと思います!!  あと、このカテゴリー(現代文学)は、アルファポリス内では優遇されていません。その他の類に入れられてしまってますからね・・でも、いつの日かトップ200に食い込んで、現代文学をカテゴライズさせてやりましょう!私はその切込み隊長になりたいと思っています(お気に入り登録等の斡旋ではないです。調子乗ってすいません)。  今後とも、よろしくお願いします!  〜筆者、アヒルネコより〜 2022/2/14  読者の皆様、お待たせしております。 プライベートに忙殺されていましたが、やっと担当しているデカい案件に終止符を打つことが出来ました!疲れました。  多少は書き溜めして、最終回までのストーリー構成は準備できていますが、疲れているときに書いた文章は誤字脱字が酷いため、修正してから公開します。  よろしくお願いします!
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 現代文学 7,949 位 / 7,949件
文字数 38,179 最終更新日 2021.11.06 登録日 2021.08.10
非情な現代社会の中でたまたま化け物になってしまった人間達の苦悩と謎を解き明かしていく物語。 人のために戦いながらも飲み込まれていく精神。 どれだけ命を賭けても人間は化け物には勝てない。 1.フリーター20代男性 2.営業職 娘を持つ父親 3.大学生男性 4.一般女性(完結編)
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 ファンタジー 42,586 位 / 42,586件
文字数 8,640 最終更新日 2021.08.20 登録日 2021.08.13
14
青春 連載中 長編
綾瀬瑠奈 高二!転校生です! 友達できるかなー?
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 青春 6,540 位 / 6,540件
文字数 18,957 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.07.02
15
SF 完結 長編 R15
PES
 時は20XX年、超高齢化社会がより進行し日本の7割が高齢者ならびに超高齢者で充たされていた。それに伴い日本の自衛隊や警察の力は衰退して行き、各国から侵略の的にされはじめていた。  自衛隊は『日本軍』と名称を変え、闘える若い兵隊は前線に駆り出され、他国に抵抗するも、そもそもの人手不足に相まって他国の最新鋭の兵器の導入により、日本の劣勢は目に見えてわかるものだった。  また警察は高齢者による車両の誤運転や認知症における犯罪の対処で手いっぱいであった。  自身の保身を最優先にしか考えれない高齢者の集団はそんな中ですらしっかりした年金を受け取り、己の手を汚さず「もっと強い武器を作ればいい」「もっと若い奴がしっかりしろ」と叫ぶ者、認知症を理由に犯罪を重ねる者で溢れる日々であった。  選挙に立候補をして若者および高齢者の待遇改善を公約に上げた者や若者の投票は2倍の価値、もしくは高齢者の投票は0.5倍の価値という風に選挙の制度の見直しを掲げた者も現れた。だが自身の保身を手放したくない高齢者の絶対数に若者の投票はただの紙切れ同然であった。『高齢者の高齢者による高齢者の為の政治』が確立されていた。  日本の未来への絶望を大きく感じる若者達はなす術がなかった。  そんな中で軍の基地にある一人の天才と言われる若き学者が招かれた。  少し薄暗い部屋には迷彩服を着た人間が三人、白いテーブルを囲っていた。偉そうな帽子を被った小太りでチョビヒゲを生やした30代前後の男が一人、肩くらいまでのショートカットで綺麗な黒髪ストレートで髪には少し不似合いな青いフレームのメガネをかけた成人しているかわからないくらいの童顔な女が一人、見るからに軍人ですと言わんばかりの筋肉が印象的なスキンヘッドの20代半ばの男が一人、開いた扉の先に立つ天才と言われる学者へチョビヒゲがおもむろに声をかけた。 「君はこの国を救えるのかね?」 「侍や忍者、神風特攻隊のようにクレイジーと恐れられていた日本を今各国へアピールできればまだ日本に明るい未来はあると思うんですが・・・」天才は答える。 「具体的な案はあるの?」青メガネロリが言う。 「はい、もし実現すればクレイジーと恐れられていた日本の称号を再び輝かすことができ、さらに若者に大きく負担を強いる高齢者の数を激減することが可能です」と若き学者は自信に満ちた顔をしながら小さく答えた。 「そんなことが可能なのか?それは一体どんなものなんだ?」THE軍人は少し興奮気味に問う。  天才はまたさらに自信に満ちた顔で先ほどより少し大きい声で「ジジイボムです」と答えた。  チョビヒゲが少し首をかしげて聞き返す「GGボム?」 「違いますよ、『ジジイボム』です」天才は少し食い気味な口調で言い放つ。              つづく  序章の一部を紹介しました、気になる方は読んでみてください
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 SF 5,125 位 / 5,125件
文字数 2,745 最終更新日 2021.07.14 登録日 2021.07.14
16
青春 完結 ショートショート
 ーー仮面。  それは無数に存在し、自分を繕うための道具。  相手に受け入れてもらうための手段。  無意識に自分を護るための方法。  これは僕が、仮面を被った自分を受け入れるまでの物語。
24h.ポイント 0pt
小説 185,405 位 / 185,405件 青春 6,540 位 / 6,540件
文字数 7,846 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.21
16