後悔/懺悔小説一覧

17
1
恋愛 連載中 長編
「お飾りの王妃らしく、邪魔にならぬようにしておけ」  かつて、愛を誓い合ったこの国の王。アドルフ・グラナートから言われた言葉。   『お飾りの王妃』    彼に振り向いてもらうため、  政務の全てうけおっていた私––カーティアに付けられた烙印だ。  アドルフは側妃を寵愛しており、最早見向きもされなくなった私は使用人達にさえ冷遇された扱いを受けた。  そして二十五の歳。  病気を患ったが、医者にも診てもらえず看病もない。  苦しむ死の間際、私の死をアドルフが望んでいる事を知り、人生に絶望して孤独な死を迎えた。  しかし、私は二十二の歳に記憶を保ったまま戻った。  何故か手に入れた二度目の人生、もはやアドルフに尽くすつもりなどあるはずもない。  だから私は、後悔ない程に自由に生きていく。  もう二度と、誰かのために捧げる人生も……利用される人生もごめんだ。  自由に、好き勝手に……私は生きていきます。  戻ってこいと何度も言ってきますけど、戻る気はありませんから。
24h.ポイント 3,287pt
小説 412 位 / 185,396件 恋愛 198 位 / 56,263件
文字数 392,648 最終更新日 2024.05.27 登録日 2023.04.23
2
恋愛 連載中 長編
「ディアーナ、お前との婚約を解消する。恨むんならお前の存在を最後まで認めなかったお前の祖父シナールを恨むんだな」 母を失ったばかりの私は、突然王太子殿下から婚約の解消を告げられた。 失意の中屋敷に戻ると其処には、見知らぬ女性と父によく似た男の子…。「今日からお前の母親となるバーバラと弟のエクメットだ」父は女性の肩を抱きながら、嬉しそうに2人を紹介した。え?まだお母様が亡くなったばかりなのに?お父様とお母様は深く愛し合っていたんじゃ無かったの?だからこそお母様は家族も地位も全てを捨ててお父様と駆け落ちまでしたのに…。 弟の存在から、父が母の存命中から不貞を働いていたのは明らかだ。 生まれて初めて父に反抗し、屋敷を追い出された私は街を彷徨い、そこで見知らぬ男達に攫われる。部屋に閉じ込められ絶望した私の前に現れたのは、私に婚約解消を告げたはずの王太子殿下だった…。    
24h.ポイント 1,008pt
小説 1,210 位 / 185,396件 恋愛 582 位 / 56,263件
文字数 60,022 最終更新日 2024.05.02 登録日 2024.03.14
3
ホラー 完結 長編 R18
1ヶ月前に転校してきた鴇 美智瑠は、高校3年生。 今の悩みは、席の後ろがカースト上位といわれる男女の溜まり場となっており。目をつけられたくないという理由で、いつも先生が来るギリギリまで座れないことだ。 たまたま、その中の一人に身体をぶつけられた日。笑いながら話す内容が耳に入ってくる。 それは――自分達がいじめていたクラスメイトが、自殺をしたようだという内容のものだった。
24h.ポイント 42pt
小説 16,788 位 / 185,396件 ホラー 208 位 / 6,785件
文字数 77,336 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.02.23
4
恋愛 連載中 短編 R15
 ルトワニア国の園遊会に隣国からの訪問客が来ていた。  しかし、その人物はかつて、この国の王妃であった女性だった。隣には仮面で顔を覆った夫が立っている。  だが、それよりも王侯貴族の目を引いたのは、彼女の傍らにいる男女の双子の容姿だった。  少女は母親似で、男子の方の顔は国王瓜二つであった。  人々はもしかしたら、子を腹に宿したまま離婚したのではと訝しんだ。  国王ルドヴィックもその可能性を否定出来ないでいた。  そんなルドヴィックにエレオノーラは静かに問い掛ける。  ──あなたは今、幸せですか?  ルドヴィックはその問いに素直に「幸せだ」とは言えなかったのだった。
24h.ポイント 191pt
小説 6,105 位 / 185,396件 恋愛 2,891 位 / 56,263件
文字数 33,197 最終更新日 2024.03.07 登録日 2022.04.30
5
恋愛 完結 長編
「この国に側妃など要らないのではないか?」 現王、ランドルフが呟いた言葉。 周囲の人間は内心に怒りを抱きつつ、聞き耳を立てる。 ランドルフは、彼のために人生を捧げて王妃となったクリスティーナ妃を側妃に変え。 別の女性を正妃として迎え入れた。 裏切りに近い行為は彼女の心を確かに傷付け、癒えてもいない内に廃妃にすると宣言したのだ。 あまりの横暴、人道を無視した非道な行い。 だが、彼を止める事は誰にも出来ず。 廃妃となった事実を知らされたクリスティーナは、涙で瞳を潤ませながら「分かりました」とだけ答えた。 王妃として教育を受けて、側妃にされ 廃妃となった彼女。 その半生をランドルフのために捧げ、彼のために献身した事実さえも軽んじられる。 実の両親さえ……彼女を慰めてくれずに『捨てられた女性に価値はない』と非難した。 それらの行為に……彼女の心が吹っ切れた。 屋敷を飛び出し、一人で生きていく事を選択した。 ただコソコソと身を隠すつまりはない。 私を軽んじて。 捨てた彼らに自身の価値を示すため。 捨てられたのは、どちらか……。 後悔するのはどちらかを示すために。
24h.ポイント 532pt
小説 2,244 位 / 185,396件 恋愛 1,127 位 / 56,263件
文字数 157,434 最終更新日 2024.02.29 登録日 2022.11.19
6
恋愛 完結 短編
「セレリナ妃が、自死されました」  静寂をかき消す、衛兵の報告。  瞬間、周囲の視線がたった一人に注がれる。  コリウス王国の国王––レオン・コリウス。  彼は正妃セレリナの死を告げる報告に、ただ一言呟く。 「構わん」……と。  周囲から突き刺さるような睨みを受けても、彼は気にしない。  これは……彼が望んだ結末であるからだ。  しかし彼は知らない。  この日を境にセレリナが残したものを知り、後悔に苛まれていくことを。  王妃セレリナ。  彼女に消えて欲しかったのは……  いったい誰か?    ◇◇◇  序盤はシリアスです。  楽しんでいただけるとうれしいです。    
24h.ポイント 1,136pt
小説 1,086 位 / 185,396件 恋愛 523 位 / 56,263件
文字数 93,356 最終更新日 2023.11.26 登録日 2023.10.29
7
BL 連載中 長編 R18
過去の痛みと、今目の前にある幸せと、未来。(番外編不定期で更新中) 孤児のトイは、かつてトイを玩具として監禁・凌辱していた鬼畜男──ソンリェンからの贖罪を受け止め、共に歩いて行く覚悟を決めた。 優しくて強くて真っ直ぐな少年、トイと。そんなトイに毎日恋をしている、不器用でワガママで自分勝手で口が悪い美青年、ソンリェン。 こんな二人が一緒に暮らしながら、互いに振り回し振り回され、笑ったり泣いたりすれ違ったり、後悔したり、いちゃいちゃしたり過去の傷と向き合ったりする、痛みと愛に満ちたお話。 番外編のため、時系列バラバラの不定期更新となります。 *攻めは「殺す」「黙れ」「うるせえ」「クソが」が口癖のクズで鬼畜な俺様系美人です。過去の受けへの仕打ちは冗談抜きで残虐非道です。申し訳ありませんが、閲覧は自己責任でお願い致します。 ムーンライトノベルズ、pixiv様にも掲載させて頂いております。
24h.ポイント 49pt
小説 15,376 位 / 185,396件 BL 3,690 位 / 24,033件
文字数 51,874 最終更新日 2023.08.12 登録日 2020.10.18
8
恋愛 完結 長編
可愛げがない、能面のような無表情女…… 婚約者の王子にずっとそう蔑まれて来た公爵令嬢のオフィーリア。 王子はそんな自分よりも、可愛らしくて甘え上手な妹の方を気に入っていた。 それでも、オフィーリアは彼の婚約者で居続けた。 ……例え、そこに怪しげな理由があっても、その立場だけが自分を守ってくれるものだったから。 しかし、そんなある日、オフィーリアは王子と妹の決定的な浮気現場を目撃してしまう。 更に、二人は邪魔なオフィーリアを排除しようと企んでいる事まで発覚。 ───さすがに、殺されるのはゴメンよ! 命の危険を感じたオフィーリアは自分を蔑み続ける家族、婚約者……全てを捨てて逃げる事を決意する。 そんな逃げた先でオフィーリアが出会ったのは…… 一方、逃げられたとはいえ、邪魔なオフィーリアを排除出来たと喜んでいた王子達だけど、 オフィーリアがいなくなった事である異変が───…… ※『“つまらない女”と棄てられた地味令嬢、拾われた先で大切にされています ~後悔? するならご勝手に~』 の、主人公の両親の話になります。 こちらを読まなくても大丈夫だとは思いますが、一回くらいは読んでいた方が楽しめるかと思います。 (注)ムキムキ前の話ですので筋肉が苦手? な方もご安心下さい。
24h.ポイント 930pt
小説 1,310 位 / 185,396件 恋愛 640 位 / 56,263件
文字数 150,291 最終更新日 2023.04.02 登録日 2023.03.08
9
恋愛 完結 長編
───出来損ないでお荷物なだけの王女め! “聖女”に選ばれなかった私はそう罵られて捨てられた。 グォンドラ王国は神に護られた国。 そんな“神の声”を聞ける人間は聖女と呼ばれ、聖女は代々王家の王女が儀式を経て神に選ばれて来た。 そして今代、王家には可愛げの無い姉王女と誰からも愛される妹王女の二人が誕生していた…… グォンドラ王国の第一王女、リディエンヌは18歳の誕生日を向かえた後、 儀式に挑むが神の声を聞く事が出来なかった事で冷遇されるようになる。 そして2年後、妹の第二王女、マリアーナが“神の声”を聞いた事で聖女となる。 聖女となったマリアーナは、まず、リディエンヌの婚約者を奪い、リディエンヌの居場所をどんどん奪っていく…… そして、とうとうリディエンヌは“出来損ないでお荷物な王女”と蔑まれたあげく、不要な王女として捨てられてしまう。 そんな捨てられた先の国で、リディエンヌを拾ってくれたのは、 通称・氷の貴公子様と呼ばれるくらい、人には冷たい男、ダグラス。 二人の出会いはあまり良いものではなかったけれど─── 一方、リディエンヌを捨てたグォンドラ王国は、何故か謎の天変地異が起き、国が崩壊寸前となっていた…… 追記: あと少しで完結予定ですが、 長くなったので、短編⇒長編に変更しました。(2022.11.6)
24h.ポイント 362pt
小説 3,323 位 / 185,396件 恋愛 1,659 位 / 56,263件
文字数 137,018 最終更新日 2022.11.07 登録日 2022.10.16
10
恋愛 完結 ショートショート R15
「君は最後まで反省をしないのだな」 反省などしてしまえば私は望んだ死に方などできなかっただろう。 「ええ、だって悪いことだと思ってないもの」 悪いことだとわかっていてやっていた。その上で悪びれもせずいるかのように振る舞ってきたのだ。演劇の悪役のように。 「人を殺そうとしてよくもそんなことを……!」 人を殺すつもりはそもそもなかったことなど悟らせはしない。ただ失敗してしまって残念だとばかりに最後まで私は悪を貫く。 「だって……邪魔だったんだもの」 「………っそんな態度なら処刑を取り止める必要などなさそうだな!」 だってそれこそが私の望むものだから。元婚約者にだって私は最後まで偽りの微笑みで悪の華となろう。 そして死を迎え、計画通りになったなら、私はようやく悪の仮面を脱ぎ捨てられるのだ。死と共に。 ※連載中にしてますが、本編は一応完結です。
24h.ポイント 28pt
小説 21,409 位 / 185,396件 恋愛 9,793 位 / 56,263件
文字数 18,542 最終更新日 2022.06.22 登録日 2022.06.16
11
恋愛 完結 短編
「子を産めないなんて思っていなかった        君を選んだ事が間違いだ」 子を産めない お医者様に診断され、嘆き泣いていた私に彼がかけた最初の言葉を今でも忘れない 私を「愛している」と言った口で 別れを告げた 私を抱きしめた両手で 突き放した彼を忘れるはずがない…… 1年の月日が経ち ローズベル子爵家の屋敷で過ごしていた私の元へとやって来た来客 私と離縁したベンジャミン公爵が訪れ、開口一番に言ったのは 謝罪の言葉でも、後悔の言葉でもなかった。 「君ともう一度、復縁をしたいと思っている…引き受けてくれるよね?」 そんな事を言われて……私は思う 貴方に返す返事はただ一つだと。
24h.ポイント 717pt
小説 1,687 位 / 185,396件 恋愛 841 位 / 56,263件
文字数 49,198 最終更新日 2022.04.29 登録日 2022.04.16
12
ミステリー 完結 ショートショート
これは、田尾楓さん(仮名)という方からもらった原稿をもとに作成した小説です。 彼女は「裁かれない罪があってはいけない」という言葉を残し、その後二度と姿を現しませんでした。 自分自身を裁くため、人知れず死を選んだのだと思います。 彼女が犯した罪を見届けてください。
24h.ポイント 85pt
小説 10,741 位 / 185,396件 ミステリー 89 位 / 4,163件
文字数 10,235 最終更新日 2022.01.28 登録日 2021.12.30
13
恋愛 連載中 長編
私には、前世の記憶がある。 前世では、犬の獣人だった私。 私の番は、小さい頃に隣に引っ越して来た四歳年上の幼馴染の人間だった。元々優しく面倒見の良い彼が好きだったが、番を認識出来る様になってからは、今まで以上に自身の番である彼が愛おしくて仕方なかった。 しかし、人間の彼には獣人の番への感情が理解出来ず嫌われていた。それでも諦めずに、彼に好きだと伝える日々。 そんな時、とある出来事で命を落とした私。 彼に会えなくなるのは悲しいがこれでもう彼に迷惑をかけなくて済む。 そう思いながら私の人生は幕を閉じた……筈だった。
24h.ポイント 99pt
小説 9,783 位 / 185,396件 恋愛 4,681 位 / 56,263件
文字数 41,876 最終更新日 2022.01.18 登録日 2021.12.11
14
恋愛 完結 ショートショート R15
婚約者を愛していた令嬢は今日も素直になれず婚約者に傲慢に振る舞う。相手を思いやる事すらせずに。 その行動が招いた結末は—— ※この作品は、溺愛されて我儘に育った令嬢の後悔/懺悔のお話になっています。好き嫌い分かれる内容になっておりますので、苦手な方はご注意ください。 ※こちらの作品は「小説家になろう」、「カクヨム」にも掲載しています。
24h.ポイント 21pt
小説 24,969 位 / 185,396件 恋愛 11,205 位 / 56,263件
文字数 4,090 最終更新日 2021.12.31 登録日 2021.12.31
15
BL 完結 短編 R18
大好きな男を幸せにするために頑張るボクの話。 *短編です。申し訳ありませんが、閲覧は自己責任でお願い致します。
24h.ポイント 35pt
小説 19,053 位 / 185,396件 BL 4,572 位 / 24,033件
文字数 22,343 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.07.31
16
恋愛 完結 短編
 伯爵令嬢シャティアナは幼馴染みで五歳年上の侯爵子息ノーランドと兄妹のように育ち、必然的に恋仲になり、婚約目前と言われていた。  しかし、シャティアナの母親は二人の婚約を認めず、頑なに反対していた。  シャティアナの父は侯爵家との縁続きになるのを望んでいたため、母親の反対を押切り、シャティアナの誕生日パーティーでノーランドとの婚約を発表した。  みんなに祝福され、とても幸せだったその日の夜、ベッドで寝ていると母親が馬乗りになり、自分にナイフを突き刺そうとしていた。  母親がなぜノーランドとの婚約をあんなに反対したのか…。  母親の告白にシャティアナは絶望し、ノーランドとの婚約破棄の為に動き出す。  貴方を愛してる。  どうか私を捨てて下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 全14話です。 楽しんで頂ければ幸いです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私の落ち度で投稿途中にデータが消えてしまい、ご心配をお掛けして申し訳ありません。 運営の許可をへて再投稿致しました。 今後このような事が無いように投稿していく所存です。 ご不快な思いをされた方には、この場にて謝罪させていただければと思います。 申し訳ありませんでした。
24h.ポイント 312pt
小説 3,858 位 / 185,396件 恋愛 1,913 位 / 56,263件
文字数 35,975 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.28
17
恋愛 完結 短編 R15
 私、エリーゼ・ローベンシュタインは今日、リューベック・ハイルディー様と結婚しました。  みんなに祝福され、私は幸せだった。  新婚初夜。  ドキドキしながら彼と向かい合った。 「俺を愛してるかい?」 「はい、心から愛しています」 「俺は君を心から軽蔑してる」  愛する旦那様の突然の豹変。  彼の目的は殺された弟の復讐だった。生涯をかけて、私に復讐すると宣言されたけど、それは私じゃない。  違うと伝えたいのに、彼に拒絶されて話すら出来ない。 「お前の罪を白日の下にさらしてやる!」  愛しい旦那様に、謂れのない罪で虐げられた女性の物語。  早く真実を見つけて下さい。  貴方への愛が壊れる前に…。
24h.ポイント 312pt
小説 3,858 位 / 185,396件 恋愛 1,913 位 / 56,263件
文字数 44,942 最終更新日 2020.11.07 登録日 2020.10.30
17