釣った魚、逃した魚

瘴気や魔獣の発生に対応するため定期的に行われる召喚の儀で、浄化と治癒の力を持つ神子として召喚された三倉貴史。
王の寵愛を受け後宮に迎え入れられたかに見えたが、後宮入りした後は「釣った魚」状態。
王には放置され、妃達には嫌がらせを受け、使用人達にも蔑ろにされる中、何とか穏便に後宮を去ろうとするが放置していながら縛り付けようとする王。

護衛騎士マクミランと共に逃亡計画を練る。

騎士×神子  攻目線

一見、神子が腹黒そうにみえるかもだけど、実際には全く悪くないです。

どうしても文字数が多くなってしまう癖が有るので『一話2500文字以下!』を目標にした練習作として書いてきたもの。

ムーンライト様でもアップしています。
24hポイント 881pt
小説 1,980 位 / 140,301件 BL 394 位 / 15,872件