現代文学 どんでん返し小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ どんでん返し×
10
1
現代文学 完結 ショートショート
ヒーローと悪人。 命の重みと命の軽さ。 世界はどうしようもないほどに傾いている。 ※小説家になろう、ノベルアッププラスにも掲載しています
24hポイント 49pt
小説 13,925 位 / 127,463件 現代文学 101 位 / 5,396件
文字数 2,029 最終更新日 2022.01.15 登録日 2022.01.15
――人は、自殺を選択した時に、ある「光」と遭遇する。   その光はその人間の「来世」の姿となって現れ、自殺者に転生を伝えていく。   ここに十二回自殺を繰り返し、輪廻転生を繰り返し続けてきた少年がいる。    ※アルファポリス第2回ドリーム小説大賞最終選考通過作品 ※2011年執筆作品のため、若干時代背景が古いです
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 86,359 最終更新日 2021.09.05 登録日 2021.08.14
仲の良い夫婦に巻き起こる、小さな奇跡。 原点は、とても些細なことだった・・ すべての出来事は、『人との関わり』で変わる。生まれたときからの悪人はいないし、ましてや善人もいない。 なんの変哲もない幸せそうな日常は、そんな『人との関わり』によっておこる。 例えば、バスに乗り遅れて会社に間に合わず、最悪だと思っていたら、そのお陰で、たまたま通りかかった昔の友人と出会い、テンションがあがり、会社を遅刻したことなんて忘れて友人と飲み明かしたり。 この話を通じて、皆さんにも 小さな奇跡を感じていただければ幸いです。 以上、よろしくお願いします。 〜以下、プロローグ〜  霧島悠一は、北海道の中心から少し左に位置する所、砂川市に住んでいるごく普通のサラリーマンである。  ちょっと抜けた発言をする妻、個性的な会社の同僚たち。楽しい日常生活がそこにはあった。  でも、誰も気付いていない。彼らの周りで起きている、小さな『奇跡』に。  ・・・さあ、読者の皆さん。この奇跡に気付けますか? 2021/9/20追記  長いこと現代文学にて1位をキープさせてもらっています!暖かく見守ってくれる、本当に心から優しい読者の皆様のお陰です!!ありがとうございます!  この作品、構想とオチは仕上がっていますが、いかんせんプライベートに忙殺されております。どうにか、地べたを這ってでも、週一回の更新頻度を守りたいと思います!!  あと、このカテゴリー(現代文学)は、アルファポリス内では優遇されていません。その他の類に入れられてしまってますからね・・でも、いつの日かトップ200に食い込んで、現代文学をカテゴライズさせてやりましょう!私はその切込み隊長になりたいと思っています(お気に入り登録等の斡旋ではないです。調子乗ってすいません)。  今後とも、よろしくお願いします!  〜筆者、アヒルネコより〜
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 38,179 最終更新日 2021.11.06 登録日 2021.08.10
4
現代文学 完結 ショートショート
もう一度、あなたと……
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 359 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.25
小説家志望の雨宮悟は、フリーの校正者・辻島北斗の助手兼家政夫をしている。辻島は雨宮に不出来な小説を音読させ、口頭で話の辻褄を合わせることにより、その小説原稿そのものを改変できるという言霊能力の持ち主だった。
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 15,559 最終更新日 2021.03.11 登録日 2021.03.11
*移住先で仕事のスキルを活かし事業に成功するが、危機が迫る。災害は、忘れた頃にやって来る!! 陰山一郎は敏腕の車セールスで奥さんと3人の子供、稼ぎが良くても都会での生活は苦しい。この年の夏、山陰に出かけ自然の美しさに感動。民宿の主人が、ここでは、10万円もあれば生活できると言われ、奥さんと相談し移住を決め、引越後、公営住宅を借り、田舎での生活がはじまった・・・。その後の活躍については、小説をご覧下さい。小説家になろう、カクヨム、noveldaysに重複投稿中。
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 65,060 最終更新日 2019.08.08 登録日 2019.04.30
言葉で全てを伝える僕らは失念していた。表情を変えない彼女と僕は、言葉で愛を伝え合えば満足していた。 ある日、僕らに新鮮でけれども当たり前の変化が訪れた。
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 3,748 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
8
現代文学 連載中 長編 R15
 あの日、あの海、生きる意味を教えてくれたのは彼女だった──  多くの死者がでる重大なバス事故を起こした青年、逢坂部賢悟(おおさかべけんご)  彼は静養のため全てのものを捨て、静養のため岩手県宮古市にある景勝地、浄土ヶ浜(じょうどがはま)を訪れる。  その地で彼は、白木沢帆夏(しらきさわほのか)と名乗る女子大生と出会った。彼女の母方の実家が営んでいるという民宿で滞在期間を過ごしているうちに、次第に彼女に惹かれていく自分に気がつく。  やがて恋に落ちる二人。だが、重大な事故を起こしたという重苦しい過去が、罪の十字架となって彼の肩にのしかかる。 「二年だけ、待って欲しい」  悩み抜いた末に結論をだした翌日。彼は、白木沢帆夏の驚愕の真実に触れる──。 ※表紙絵はいぬちよ様からの頂きものです。 ※「景勝地 浄土ヶ浜」の挿絵はファル様。「告白」の挿絵は騰成から頂いたファンアートです。ありがとうございました。
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 112,991 最終更新日 2019.08.22 登録日 2019.02.26
9
現代文学 完結 ショートショート
とあるカフェにやってくる、客達のラプソディー
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 1,735 最終更新日 2018.12.24 登録日 2018.12.24
10
現代文学 連載中 長編 R15
本格長編社会派小説です。 宗教界という、不可侵な世界の権力闘争の物語です。 最初は少し硬い感じですが、そこを抜けると息も吐かせぬスリリングで意外な展開の連続です。 森岡洋介、35歳。ITベンチャー企業『ウイニット』の起業に成功した、新進気鋭の経営者で資産家である。彼は辛い生い立ちを持ち、心に深い傷を負って生きて来た。その傷を癒し、再び生きる希望と活力を与えたのは、大学の四年間書生修行をした神村僧である。神村は、我が国最大級の仏教宗派『天真宗』の高僧で、京都大本山・本妙寺の執事長を務め、五十代にして、次期貫主の座に手の届くところにいる人物であった。ところが、本妙寺の現貫主が後継指名のないまま急逝してしまったため、後継者問題は、一転して泥沼の様相を呈し始めた。宗教の世界であればこそ、魑魅魍魎の暗闘が展開されることになったのである。森岡は大恩ある神村のため、智力を振り絞り、その財力を惜しみなく投じて謀を巡らし、神村擁立へ向け邁進する。しかし森岡の奮闘も、事態はしだいに混迷の色を深め、ついにはその矛先が森岡の身に……! お断り 『この作品は完全なるフィクションであり、作品中に登場する個人名、寺院名、企業名、団体名等々は、ごく一部の歴史上有名な名称以外、全くの架空のものです。したがって、実存及び現存する同名、同字のそれらとは一切関係が無いことを申し添えておきます。また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』 他サイトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 127,463 位 / 127,463件 現代文学 5,396 位 / 5,396件
文字数 1,006,259 最終更新日 2020.12.22 登録日 2017.09.12
10