タイムループ小説一覧

タグ タイムループ×
4
1
恋愛 連載中 長編 R15
『世界を救って下さい。 シチュエーション: 世界はタイムリープのループにハマっていた。その周期、たったの5秒。そう、世界は同じ5秒を延々と繰り返していたのである。これだけ周期が短いと、結構な人数が気付いているのだが、たったの5秒では何も出来ずにいた』 を見て考えたものです。 悪役令嬢と呼ばれた公爵令嬢と、罪もない公爵令嬢を陥れた王子とその恋人の受けた報いです。 第12回恋愛小説大賞エントリー中です。 本当にありがとうございます。
24hポイント 2,350pt
小説 508 位 / 44,839件 恋愛 190 位 / 10,675件
文字数 123,363 最終更新日 2019.04.18 登録日 2019.01.31
2
恋愛 連載中 長編 R15
 シンガーソングライターを目指して、バイトばかりの刻彩(ときいろ) 瑞希(みずき)。  ある日、バイトの帰り道。なぜか、次の言動についての選択肢が目の前に出現。そうして、車両故障の影響で大混雑の電車に乗ることになってしまう。  あとからあとから乗る人に押され流され、気がつくと、背の高い綺麗な男がすぐ隣にいた。混雑している電車。もちろん密着度は満点。    しかも、視線がチラチラと合う。  だが、それは別の意味だった。自分が降りる駅の1つ手前で、男に無理やりホームへ下されてしまった瑞希。そうして、男からこう言われた。 「お前、俺のペ××こすって、ぼ××させて、何してくれちゃってんの? こういうの、痴漢って言うんだよね?」  砕けた口調な上に、18禁満載な男。だがしかし、バカみたいに口をパカーッと開けてしまうほど見惚(ほ)れるようなイケメンなのだ。  もちろん、瑞希はわざと痴漢したのではない。だが、結果はそうなってしまった。その経緯と謝罪をしていると、男は今度、 「お前、鈍臭いね」  そう言ったと同時に、景色が急に変わり、男の家――高層マンションの最上階へと連れてこられていた。  男の独特の雰囲気に知らず知らずの内に引き込まれ、一緒に眠ることになってしまった瑞希。言葉で抵抗しようとしたが、 「お前、もう諦めて、俺におとなしく守られちゃいなよ」  という意味不明であり一方的な理由で、瑞希は言い返しというカウンターパンチをくらわしたくなったのである。だがしかし、そこは大人ということで、ぐっと堪えた。彼女は魔法でもかけられたように、すぐに眠くなり、そのまま意識を喪失。  そうして、瑞希が目を覚ますと、男はそばにおらず、あの駅のロータリーに座っていた時刻へと、時は巻き戻っていた――――  *この作品は、小説家になろう、エブリスタ、魔法iランド、カクヨムにも掲載されています。
24hポイント 292pt
小説 2,569 位 / 44,839件 恋愛 907 位 / 10,675件
文字数 40,497 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.04.17
3
恋愛 連載中 長編 R15
kio
私は原作に存在しないはずの悪役令嬢の姉として、 乙女ゲーム『ツミビトライク』の世界に入り込んでしまったらしい。 しかも、悪役令嬢の妹がマルチバッドエンド迎える度に、 世界が巻き戻ってしまうという余計な追加要素まで付いて。 姉想いの妹と化した彼女へと情を移してしまった私は、 困難極める生存ルートを求めて、今日も悪戦苦闘の日々を送っている──。 ※正確なジャンルは「キャラ文芸」となりますが、判別上カテゴリーエラーに該当するため、現在「恋愛」ジャンルとして登録しています(自動で判別された「ファンタジー」ジャンルから変更しました)。
24hポイント 0pt
小説 44,839 位 / 44,839件 恋愛 10,675 位 / 10,675件
文字数 143,888 最終更新日 2018.10.17 登録日 2018.09.21
2028年 国境なき医師団の一員として活動している青年外科医の佐藤幸太。 彼の心の底には誰にも知られていない、秘めた想いが眠っていた。 全ては平成最後の夏のあの日から始まった。 あの暑かった夏の日から。 高校三年の佐藤幸太。同級生で写真部の柏本夏向。 瀬戸の都、香川県高松市を舞台にして若い二人のストーリーが始まる。 偶然の出会いを繰り返し ゆっくりと近づいて行く二人の心の距離。 その先で待っている運命に飲み込まれた幸太は激しく傷ついて行く。
24hポイント 0pt
小説 44,839 位 / 44,839件 ライト文芸 2,052 位 / 2,052件
文字数 69,728 最終更新日 2019.04.08 登録日 2019.02.23
4