姉弟愛小説一覧

タグ 姉弟愛×
8
1
大衆娯楽 完結 短編 R18
お姉ちゃんが大好きな僕。 いつもの通りお姉ちゃんの部屋でオナニーをしていたある日、お姉ちゃんに見つかって…。 ※一旦、完結いたしました。 もしかしたら、また続きを書くかもしれません。
24hポイント 49pt
小説 11,938 位 / 125,181件 大衆娯楽 501 位 / 4,625件
文字数 22,267 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.06.21
2
大衆娯楽 連載中 長編 R18
 小学生の健汰(けんた)は10歳離れた姉めぐみに家族愛とも恋とも区別がつかぬ想いを抱いている。誰にも言えず行き場のない想いを日記に綴ることにした健汰。日常の彼らの関係と出来事が赤裸々に綴られていく……。  おねショタテーマにした少年視点の日記風小説です。Twitterの140字小説(#おねショタ日記)に加筆修正して小説にしたものです。健汰の日記として物語が進んでいきます。  全体的には微エロ(思春期の少年の妄想や行動など)です。序盤はエロさは低めですが、ジワジワエロくなっていきます(予定)。  平易で単純な文章表現にしています。読みやすさを重視して適度に漢字を使っています。  *(アスタリスク)の区切りは日付や時間の経過を表しています。  表紙、挿絵はちびール様(@chi_ru24bird‬⁩)にご協力いただきました。イラスト共にお楽しみください。(フリーイラストです)  ノクターンノベルズにも投稿しています。
24hポイント 42pt
小説 12,867 位 / 125,181件 大衆娯楽 537 位 / 4,625件
文字数 44,493 最終更新日 2020.05.06 登録日 2020.02.29
3
恋愛 連載中 長編
ある可愛らしい少女が魔族としてうまれた。 とても頭がよく魔力も多く少女は魔法を自由にコントロールすることができた。 でもその少女は少し変わり者でおっちょこちょいなところがある。 そんな少女の家にある少年がお父様に連れられやってきた。
24hポイント 14pt
小説 21,791 位 / 125,181件 恋愛 8,951 位 / 35,778件
文字数 2,396 最終更新日 2019.08.31 登録日 2019.08.19
4
恋愛 連載中 長編 R15
【毎話・必ず・少しエッチ】が作品のコンセプト――弟のことが好き過ぎて暴走する高校生の姉と、姉のことが大好きだけれどそろそろ独立しようと思っている中学生の弟が紡ぐ純愛《姉弟愛》の物語――なのだけれど、その二人の間に家政婦(伊賀忍者の末裔)が加わって、三角関係に発展するとかしないとか。 ※『小説家になろう』等、他サイトでも掲載中です。
24hポイント 7pt
小説 26,277 位 / 125,181件 恋愛 11,028 位 / 35,778件
文字数 61,488 最終更新日 2021.06.13 登録日 2020.04.11
5
恋愛 連載中 長編
 綺雪(きゆき)は恋をしていた。自分のことを大切に思ってくれて、誰よりも自分のことを分かってくれている人に。そんな人が身近にいて、恋をしないわけがない。しかし、気持ちを伝えられずに悶々とする日々。伝えたいけど伝えられない。なぜなら、それが決して叶わぬ恋と知っているから...綺雪が恋をしたのは誰よりも近く遠いひと…  綺雪は恋をしていた。自分のことを大切に思ってくれて、誰よりも自分のことを分かってくれている[弟]に...
24hポイント 0pt
小説 125,181 位 / 125,181件 恋愛 35,778 位 / 35,778件
文字数 2,134 最終更新日 2021.08.04 登録日 2021.08.03
6
恋愛 連載中 長編 R15
僕藤本優希は超ブラコンで才色兼備な姉藤本佳奈芽に嫌になる程引っ付かれている、けど本音は嫌じゃない この状況は世界中探しても珍しいというポジティブな思考で逆にこちらからひっついてみたり甘えたりしてみたら?…… 「お姉ちゃんゆぅーくんと一緒にいて幸せぇぎゅーしよ?」 「恥ずかしいから無理!」 この状況を打開できるのか?! そして、お姉ちゃんに苦戦中、「主人様♡、私と結婚してくださいますよね?」 あ、終わったぁー 周りから見たらただのブラコンラブコメの幕開け
24hポイント 0pt
小説 125,181 位 / 125,181件 恋愛 35,778 位 / 35,778件
文字数 10,039 最終更新日 2021.07.05 登録日 2021.07.03
 俺の全ては姉のために存在していると確信している。  生命とは姉のために使い尽くすものであり、人生とは姉に消費されるためにあるものだ。  生きる意味も生き続ける目的も生き続けなければならない理由も全ては姉のためにある。  だから毎日今日だけを力の限り精一杯に生きるのだ。  いつか必ず訪れる俺が終わるその瞬間まで。
24hポイント 0pt
小説 125,181 位 / 125,181件 ファンタジー 32,271 位 / 32,271件
文字数 95,096 最終更新日 2021.05.23 登録日 2021.05.06
8
SF 完結 長編
魔法という概念が、一般的に使われるようになって何年が経過したのだろうか。 まず、魔法という概念が発見されたのは、西暦2199年の十二月一日の事だった。たまたま、古よりの魔術の本を解読していたヤン・ウィルソンが、ふと本に書いてある本に載っている魔法をつぶやいてみたところ、何と目の前の自分の机が燃え始めのだ。 慌てて火を消すうちにウィルソンは近くに載っていた火消しの魔法を唱えると、その炎は消化器を吹きかけられた時のように消したんだのだ。 ウィルソンはすぐに魔法の事を学会に発表し、魔法は現実のものだという事を発表したのだった。 ただに魔法の解読が進められ、様々な魔法を人は体に秘めている事が発見された。 その後の論文では、人は誰しも必ず空を飛ぶ魔法は使え、あとはその人個人の魔法を使えるのだと。 だが、稀に三つも四つも使える特異な魔法を使える人も出るらしい。 魔法を人の体から取り出す魔法検出器(マジック・ディセイター)が開発され、その後は誰しも魔法を使えるようになった。 だが、いつの世にも悪人は出る。例え法律が完全に施行された後でも……。 西暦2332年の日本共和国。 その首都のビッグ・トーキョーの一角に存在する白籠市。 この街は今や、修羅の混じる『魑魅魍魎の都市』と化していた。 その理由は世界有数の警備会社トマホーク・コープと東海林会の癒着が原因であった。 警察や他の行政組織とも手を組んでおり、街の人々は不安と恐怖に苛まれ、暮らしていた。 そんな彼らの不安を拭い去るべく、彼らに立ち向かったのは4人の勇気ある警官たちであった。 彼らはかつてこの白籠市が一つのヤクザ組織に支配されていた時に街を救った警官たちであり、その彼らの活躍を街の人々は忘れてはいなかった。 ここに始まるのは新たな『魔法刑事たち』の『物語』
24hポイント 0pt
小説 125,181 位 / 125,181件 SF 3,639 位 / 3,639件
文字数 991,764 最終更新日 2021.06.30 登録日 2020.02.17
8