挑戦小説一覧

タグ 挑戦×
10
アルファポリス卒業後の近未来エッセイです。2021年12月31日人間サンプル屋の最後のエッセイです。アルファポリスから次はKindle電子書籍を2022年に出版は勝負かけています。夜空の星☆になり亡くなった父親が寅年です。この男こそが私を作家にしたかった人間です。子供のころから毎日のように私に作家になりなさいと言い続けた。頭がいいから作家になれると言い続けた。父親は私の本が過去に書店に並び大ベストセラーになったことを知らず亡くなった。あれから何年になるだろうか?もう全てが夢で幻に思えるだけの時間が経過してる。もう一度、人間達に勝負をかける。今度はネット社会の海に飛び込み紙ではなく電子書籍で読者の心を掴みに行ってきます✌︎('ω'✌︎ )夢中にさせる自信はある♡←嫌われる覚悟で強気発言が願いを叶えるには最も大切‼︎笑 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ thank you♡♡♡♡♡ あなたに会えてよかった\(^o^)/
24hポイント 71pt
小説 12,232 位 / 128,152件 エッセイ・ノンフィクション 178 位 / 4,581件
文字数 3,330 最終更新日 2021.12.31 登録日 2021.12.31
中学二年になった松本拓海は、仲良しグループの海斗と七海、美咲との四人で、自由に使えるお金を増やすための方法を考えてみた。 そして、高齢者をターゲットにした孫代行サービスをやってみようという話になった。孫代行とは、孫と触れ合う機会のない高齢者のもとに自分たちが出向いて、孫と過ごしている時間を疑似体験してもらうサービスのことだった。 拓海がリーダー役に指名され、懸命に四人をまとめる。決断力のない拓海には荷が重たいことだったのだが、密かに思いを寄せていた七海に格好の悪い姿を見せないために、懸命に頑張った。 四人は、協力しながらチラシを配り、連絡をくれた高齢者の家に出向いて孫代行を行った。客の数も次第に増え、四人が手にするお金の額も増えていく。 しかし、商売をしていることが学校にばれてしまった。四人は、親と一緒に学校に呼び出され、先生たちから、校則違反となる行為であり二度とやってはならないと言い渡される。 その最中に、孫代行を利用していた高齢者たちがその場に姿を現し、拓海たちがしていることは自分たちも望んでいることなのだと主張した。 その様子を目の当たりにした四人の親たちも拓海たちのやったことに対して理解を表し、ボランティアという形でなら孫代行を続けてもよいという結論になった。 その結果を受けて、拓海は、今後どうしていくべきなのかを考えた。高齢者たちと交流を図る中で生きていくうえで大切なことを学ばせてもらえているという思いがあり、孫代行は続けていきたかったからだ。 他の仲間ともそのことを話し合い、全員が孫代行を続けていきたいという思いを抱いていることを知った拓海は、今まで稼いだお金を使って、客になってくれた高齢者たちと自分たちの親を招いた食事会をやらないかと三人に提案した。 それぞれに対する感謝の言葉を口にしたうえで、今後も孫代行を続けていきたいという全員の思いを伝えて再スタートすることが目的だった。 そして、食事会の日がやってきた。拓海が、四人を代表して感謝の言葉と全員の思いを、集まってくれた高齢者たちと親に伝える。 その姿を目にした七海の胸に、拓海のことを頼もしく思う気持ちが芽生え始めた。
24hポイント 56pt
小説 13,712 位 / 128,152件 青春 132 位 / 4,909件
文字数 77,412 最終更新日 2020.04.03 登録日 2020.04.03
挑戦あるのみ
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 エッセイ・ノンフィクション 4,581 位 / 4,581件
文字数 2,298 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.12.03
私が新しく始めたことのエッセイ。小さな一歩がやがて大きな一歩になりますように。始める勇気が未来を変える。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 エッセイ・ノンフィクション 4,581 位 / 4,581件
文字数 2,409 最終更新日 2021.10.25 登録日 2021.10.05
5
児童書・童話 完結 ショートショート
あなたには、夢はありますか? その夢を、手放そうとしていませんか? そっと、心の声を聴いてみてください。 このお話は、夢に向かいたけれど、勇気が出ない、てんとう虫の物語です。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 児童書・童話 2,337 位 / 2,337件
文字数 743 最終更新日 2021.01.07 登録日 2021.01.07
ユウシオン・アセレラは先天的な呪いにかかる弟を助けるべく生活をお金に左右されず尚且つ身分の高い魔法使いの居城へ依頼をこなしに旅をする話。トレジャーハンターとして大陸全土を回っていたユウシは家に帰ると大男2人がやってくる。2人は2人を雇い保護する魔法使いの依命で来たと言う。テツジン・ヒーローから魔法使いの申し入れを伝えられる。利点を示される後に一応諾否を問われるも要求の受諾を半ば強制され城へ連行されるがユウシも乗り気だった。旅の初日。山道を登りながら泊まれる場所を求めて本道を外れ森の奥へ向かうとカルト村を発見しそこで一夜を過ごすことに決める。そこでOniの厄を連行係の1人であるゴウが受ける。初見であるユウシは慌てテツジンに助けを求め初めてOniの存在を知る。城への旅を始める前にトレジャーハンターとして持ち帰った刀にOniを実見させ消滅させる力と性質があることを知り事態の改善を図り僅かに成功。すぐさまカルト村を後にする。そうやって城を目指して次々と休憩地点を通過していく。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 ファンタジー 32,666 位 / 32,666件
文字数 43,584 最終更新日 2021.01.07 登録日 2020.07.25
僕が最もあこがれたのは、幼いころに見た英雄の姿である。 この世界は上に上がれば称賛される。下にいれば、なんともない。 その英雄は一人で険しい崖を登り切り、人類を未踏の地へ導いた。 彼は人類を次のステージへと引き上げた。 しかし僕はなぜ登っているのだろう。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 ライト文芸 5,084 位 / 5,084件
文字数 3,432 最終更新日 2020.07.01 登録日 2020.07.01
平成三十年八月十日 月曜日。 宇宙人が日本中の施設を奪います。 連想ゲームに正解すれば施設は返却されます。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 ミステリー 2,837 位 / 2,837件
文字数 8,671 最終更新日 2021.03.14 登録日 2020.04.22
ある日、娘に将来何になりたいか聞いてみたら、ハチャメチャな仕事をしたいなどと言い出した。 ハチャメチャな仕事っていうのがどんなものかは分からないが、人と違う事をしようとしたら、それ相応の努力をしなきゃいけないと思う。 娘には取り敢えず色々な事に挑戦してもらおうと思う。 YouTubeにも動画を乗せていきます。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 エッセイ・ノンフィクション 4,581 位 / 4,581件
文字数 7,407 最終更新日 2020.01.29 登録日 2019.11.18
10
現代文学 完結 ショートショート
何か悪い事、ついてないことがあると自分の日頃の行いせいかと考えてしまう主人公。 高校を卒業したけど、やりたいもの、なりたいものが見つからず、周りの同年代は着実にやりたいことに向かってスキルアップしているのに、自分はつまらないこだわりがに縛られ、前に進めてない感覚がつきまとう。 自分が昔から続けてきたことをやめるのが怖いからただ惰性で続ける日々。 面白いのか、楽しいのか、よくわからない人生。 人には馬鹿にされたくないし、あいつは無力だと見抜かれたくもないから、虚勢をはり、体裁だけは保とうとする。 なめられたくないとばかり考えるから、人間関係がしんどい。 自分がどう見られているのかばかり気にするから、自分の考え方、世界観がはっきりと出来ていないから、自分にイマイチ自信が持てない。 何でもない自分が酷く不安なのである。 そのくせ、心とは真逆に人になめられるような行動をしばしばとってしまう自分にイラつく。 変わることを恐れ、努力も中途半端。 周りの人間からしたら、こんなネガティブで暗い人間は嫌われるだろうと半ば諦めている。 周りの人間はどんどん離れていって、底なしの真っ黒の穴に真っ逆さまに落っこちて、暗すぎて周りが見えないから、手探りすることすら諦めて、膝を抱えて丸くなって息を潜め、ゆっくりと生き絶えて誰にも気づかれず餓死していくような人生。 もう嫌だと思い切って、今の停滞したただ浪費するだけの、若さもそんなに言い訳として使えなくなった年頃。 しかし、今環境から抜け出して、思い切って、今まで経験したことがないことを知らない土地で一からやり直す。 チャレンジしようと決意し、実行に移す。 そして、かつてない経験をし、失敗も何度もし、やめようかと途中で何度も魔が指すが、やめたところで、帰ったところで、自分には居場所はもうないのだと言い聞かせ続け、何とか踏みとどまる。 そして、チャンスが巡ってきて掴み損ねるが、諦めず、ジタバタ足掻いていたら、道が拓けてきた。 そして、やっと念願の本当にやりたいと思えること、エネルギー全てそこに注ぎ込めれるものを見つける。 何にも特技も自慢できるものもなかったけど、それをひたすら追いかけることで邪な迷いや、ためらいや優柔不断な逡巡もなくなってきた。 もう誰の影響も受けない。 自分のやりたいことをまっすぐに追いかけ続け、追求しよう。 そう思えてきたから、自然とポジティブになれたし、冗談も何の気無しに言えたし、笑顔が増えた。 そして、同じような夢を追求する、仲間、同志も出来た。 彼らを第二の家族だと思い、この素敵な関係ができるだけ長く続くよう、自分は自分のできることを、不断の努力として続けていこうと誓ったのだった。
24hポイント 0pt
小説 128,152 位 / 128,152件 現代文学 5,431 位 / 5,431件
文字数 1,108 最終更新日 2019.10.10 登録日 2019.10.10
10