平凡という名の幸福

【あらすじ】
 夫がリストラされた影響で生活が苦しくなってしまい、典子は金融会社から借金をしてしまう。
借金は次第に三百万にまで膨れ上がり、その借金を返すためにまた借金をするという悪循環がつづき、典子は精神的にも追い込まれていた。そんなとき、典子は日給三万円以上という募集広告を眼にする。どんな仕事なのかがわからないだけに初めは尻込みする典子だったが、その高額な日給につられて、その広告主の会社「グローバル・ビジョン・コーポレーション」へと面接に向かった。
 その会社の職種は、「人材の派遣」だということだった。だが、その仕事内容は、主に社交的なパーティが催される会場への同伴者であり、実は売春の斡旋業者だった。
24hポイント 28pt
小説 10,122 位 / 63,465件 大衆娯楽 156 位 / 1,857件