敗者の街 ― Requiem to the past ―

「たぶん、僕は殺される」

小説家ロデリックの元に届いたのは、未来の日付からのメールだった。
ロデリックはメル友の危機に慌て、
幼馴染であり義兄弟であるローランド、ロバートとともに調査を始める。

奇怪なメール「ある罪人の記憶」、
目を離した隙に原稿に書き込まれる文書、
そして、調査報告とともに、失踪したはずの「キース」がロバートの面影になぜか重なっていく。

引きこもりの小説家は気づかない。
既に、自分たちも因縁に絡め取られているのだと。
……渦巻く狂気の中に、足を踏み入れていたのだと。

──これは、過去を救い、未来を探す物語。



《注意書き》
※他サイトにも同名義で重複投稿しています。
※過激な描写あり。特に心がしんどい時は読む際注意してください。
※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。
※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。
※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。
24hポイント 42pt
小説 7,822 位 / 50,711件 ホラー 168 位 / 1,980件