爆弾拾いがついた嘘

「助手は要りませんか?」

「家政婦の真似事なら他を当たってくれ」

 断られるのは無理もない。無資格の学生の身分で一流技術者の門を叩いているのだから。そんな女子学生、冴島一希が目指すのは、内戦の遺物である不発弾の処理業者。命がけの職業であり、女性の前例がない世界だ。

「お前をただ働きの使いっ走りに任命する。感謝しろ」

 最悪の第一印象をくつがえし、無愛想な男のもとで住み込み修業を始める一希。厳しくも親身な指導に必死に応えながら、性別や血筋に対する自身の偏見に気付き、自分一人で頑張ろうとする癖をも克服していく。

 二年の時を経て、師弟の関係はより親密なものへと育ちつつあったが、二人には別れの時がやってくる。

 ついに処理士となった一希は、特別危険な任務の最中に、思いがけず師匠と再会。重傷で意識が遠のく中、師匠の出生の秘密と本心を知ってしまい……。

 二つの血をめぐる人間ドラマ。師弟の絆と淡い恋。そして、苦い嘘。

【ハッピーエンドです。】
【リアリティ、心理描写、没入感に定評あり。】
【小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。】
【あさぎ かな様より、表紙画像を頂戴しました。ありがとうございます!】
24hポイント 0pt
小説 91,543 位 / 91,543件 現代文学 4,129 位 / 4,129件