ざまあ報復小説一覧

タグ ざまあ報復×
11
1
恋愛 連載中 長編
「え?殿下が誰を愛しているかって? そんなもの、我が愚妹に決まっているでしょう! 私と殿下の婚約破棄? ええもちろんよろしくってよ!」  サーシャのその思い切りの良さと、妹への呆れを通り越した度し難い欲望に対しての嘆きの叫びが会場中に響き渡ると、一瞬で場の空気は冷え込んだ。  貴公子として、殿下として、次期国王候補として、勧善懲悪の舞台の物語のようにさっそうと決めようとした王太子デュケインと、サーシャの妹メルルは思ったような効果が得られなかったことに凍り付く。  彼らは主役になり損ねたのだ。  ヒーローは喜劇のピエロへと転落し、ヒロインはどろ臭い田舎の野豚のように恥をかかされ、歓喜の声は薄ら暗い失笑へと転じ、デュケインとメルルは悔しさに顔を伏せて真っ赤になっていた。  公女サーシャの男らしい婚約破棄受託は公爵家にとっては恥だとなり、長女は国境沿いに領地を持つ分家筋の辺境伯家へと送られて生涯軟禁となる。  しかし、サーシャの妹夫婦に対する報復はここから始まるのである。
24hポイント 177pt
小説 6,363 位 / 112,001件 恋愛 2,812 位 / 32,181件
文字数 12,279 最終更新日 2021.07.20 登録日 2021.07.10
2
恋愛 連載中 長編
 アイリスは国母候補として長年にわたる教育を受けてきた、王太子アズライルの許嫁。  自分を正室として考えてくれるなら、十歳年上の殿下の浮気にも目を瞑ろう。  だって、殿下にはすでに非公式ながら側妃ダイアナがいるのだし。  しかし、素知らぬふりをして見逃せるのも、結婚式前夜までだった。  結婚式前夜には互いに床を共にするという習慣があるのに――彼は深夜になっても戻ってこない。  炎の女神の司祭という側面を持つアイリスの怒りが、静かに爆発する‥‥‥  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 156pt
小説 6,805 位 / 112,001件 恋愛 3,016 位 / 32,181件
文字数 116,742 最終更新日 2021.07.23 登録日 2021.02.27
3
恋愛 連載中 長編 R18
 婚約者を捨てたいだと! そんなのよしなさい! そんなことをすればどうなるのか分かるか? どうしてもしたいというなら止めないからな。でも、アドバイスはしとくよ。問題なく別れたいのならな。  古今東西異世界で起きた婚約破棄をめぐる物語です! 「不良令息が婚約破棄をすれば」編  士官学校の生徒で伯爵令息のウォリスは大人しいアリスとの婚約を破棄した。不良仲間の貴族の娘と婚約するため書類を偽造したが、憲兵隊に呼び出され断罪される! 「王子の真実の愛の真実」編  王太子ヴィルヘルムは真実の愛の相手と思ったジェーンと結婚するために、婚約者で滅亡した王朝の娘キャサリンとの婚約破棄を決め存在を消すために処刑することにし。それが没落の始まりだとしらなかった彼に待ち受けていた未来とは? 「幼稚な正義感の名の下で」編  親に決められた婚約者キャロルを鬱陶しいと常日頃思っていたギャルソンは、女友達のサブリナをイジメていると聞かされた。同級生イジメをするのなら制裁を加えなければならないと思ったギャルソンは当然鉄槌を加えるべきだと暴走したが、果たしてそれは正しい事なのか? *オムニバス構成になります。18禁は保険です。  
24hポイント 56pt
小説 11,714 位 / 112,001件 恋愛 5,232 位 / 32,181件
文字数 56,003 最終更新日 2021.07.15 登録日 2021.01.28
4
恋愛 完結 短編
 カトリーナは帝国と王国の同盟により、先代国王の側室として王国にやって来た。  帝国皇女は正式な結婚式を挙げる前に夫を失ってしまう。  その後、義理の息子になる第二王子の正妃として命じられたが、王子は彼女を嫌い浮気相手を溺愛する。  数度の恥知らずな婚約破棄を言い渡された時、カトリーナは帝国に戻ろうと決めたのだった。    他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 49pt
小説 12,627 位 / 112,001件 恋愛 5,587 位 / 32,181件
文字数 3,249 最終更新日 2021.07.03 登録日 2021.07.03
聖女ステラエアは、聖騎士のヴァルをお共に世界救済の旅に出ていた。 その途中で立ち寄った呪いが蔓延る小国で、ステラエアは王侯貴族達の策略によって呪いの人柱にされてしまう。 しかし王侯貴族達は知らなかった。ステラエアが〝史上最強〟と謳われるほどの神聖力の持ち主であったことを。 結果―― 「ねえねえヴァル……なんでか知んないけど神聖力は全部無くなったし、アンデッドになったっぽいんだけど。あとなんか呪いのせいか魔力が凄い。もう聖女じゃなくて闇女だわこれ」 「関係ない俺まで不死になってますが! それになんか外が酷いことになってますよ。どうするんですかこれ。絶対ステラエア様のせいですよ。聖女パワー強すぎて呪いが反転したんじゃないですか」 ステラエアの神聖力があまりに規格外過ぎた為、降りかかった強大な呪いは一部だけ彼女達に残って不死の力と闇の魔力を与え、残りの呪いは国中にばら撒かれてしまったのだった。  結果、小国は半壊。唯一、呪いの源であった王侯貴族達だけはそれを免れていた。 「とりあえず聖女なのにアンデッドなのは困るし、この国と自分に掛かった呪いを解く為にも――返しに行こうか、その王侯貴族とやらに。ついでに金目の物ももらっていこう。聖女ナメたら身包み剥がされるってことを魂に刻みこんでやる」 「敵ながら、同情する……」 こうして不死となり無敵の魔力を得た聖女による、呪いのお返し旅がはじまる。 「ぎゃあああ首が取れたあああ! ヴァル、私の首拾っておいて! とりあえず首切ったあいつを闇女パンチで殴ってくるから!」 「首なしで動くのは止めてくださいステラエア様!!」 のちにその国で、アンデッド聖女の武勇伝が語れるようになったことは言うまでもない。 *暗い世界観ですが、主人公達は基本的にギャグ空間の存在です *不定期更新 *他サイトでも掲載
24hポイント 28pt
小説 16,834 位 / 112,001件 ファンタジー 3,061 位 / 29,101件
文字数 10,997 最終更新日 2021.05.16 登録日 2021.05.15
 宮廷死霊術師アーチャーが王国を守護する女神の神託を受け、勇者ライルのパーティーに参加してはや数年。  仲間のレベルは低く、魔王討伐には向かうにはまだ早すぎた。  魔導士の最高位である青の位階の死霊術師であることを隠したまま、アーチャーは戦闘の補助道具として魔道具を彼らに与えて支援する。  しかし、それを知らない仲間たちからは馬鹿にされて、うとまれていた。  死体を扱う以外に能がないからいつも役立たずとさげすまれる毎日。  これでは戦闘には使えないと勇者ライルはメンバーの再編成を王に依頼する。  そして、勇者パーティーに新たにやってきた聖女はこの国の第二王女だった。  彼女はアーチャーに植民地の領主という爵位を与えて勇者パーティーから追い出しまう。  そこは、数千年前から王国の地下に存在する魔界の植民地だった。    最悪で最低な左遷人事だと、心で叫び植民地の領主となったアーチャーだが、魔界は意外にも別天地だった。   地下には数千年前からのダンジョンがあり、そこには膨大な鉱物や資源がわんさとあるのだ。  これを地上世界に輸出してやれば、大儲けになる。  アーチャーは地下の魔族たちと共謀して、魔界の復興をはかり徐々に信頼を勝ち取っていく。    そんなある日、地上の王国を十数年前に襲撃した魔王がどこにいるのかが判明する。  魔王が王都を襲撃したあの日、アーチャーは恩師でもあり義父でもあった人物を失い、いまは王国騎士となった幼馴染の少女に親を殺したと恨まれていた。  王国は魔王討伐を勇者に命じるとアーチャーにも参加を要請するが彼はそれを蹴り飛ばす。 「魔王を滅ぼすのは俺だ! 無能な勇者様たちはそこで見物してろよ? 俺が助けてやるからさ?」    仇打ちのために魔王城に乗り込んだアーチャーが見たものは、力不足のくせに挑んで敗北した勇者たちの姿だった。  無能を装って生きてきた、最強の死霊術師はその能力を解放し、魔王と一騎打ちを開始する。  これは不遇に打ちのめされながらも己の器量と才覚で周囲の人望を勝ち取り、義父の復讐を果たすために生きた一人の死霊術師の物語。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 19,340 位 / 112,001件 ファンタジー 3,446 位 / 29,101件
文字数 194,850 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.04.12
7
恋愛 完結 ショートショート
お仕えするお家の世代交代が完了した日。坊ちゃんが旦那様となりに、隠居すると出て行った大旦那様が本家をお出になった。 その時から、旦那様は猫を被るのを止めたようです。すぐに愛人を呼び寄せる準備を命じ、休憩中にお茶をお出しした私に「チェンジで」と本家から追い出されます。しかしその命令に、お子様がついてくる事になっる?
24hポイント 14pt
小説 22,634 位 / 112,001件 恋愛 9,335 位 / 32,181件
文字数 1,179 最終更新日 2021.06.27 登録日 2021.06.27
8
恋愛 完結 短編
 下級貴族の最下位、騎士の娘だったロゼッタに人生の転機が訪れたのは八歳の時だ。  はるかに縁遠い伯爵家の養女になり、ロゼッタの人生は一変した。  華やかな社交界、有力貴族の子弟子女の集まる学院に入れたのも、伯爵家の威光があったからだった。  持って生まれた緋色の瞳を美しいと褒め称えられ、気に入られた相手は王族に連なる公爵令息アンソニー。  二人の恋は学院卒業と同時に結婚へと踏み切るかと思われたが……度重なる王位継承者の病死により、アンソニーが時期王位継承者に選ばれた時、冷たい別離の道へと舵は切られてしまう。  そして、王太子になった彼の口からでた言葉は、婚約破棄のそれだった。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 112,001 位 / 112,001件 恋愛 32,181 位 / 32,181件
文字数 4,465 最終更新日 2021.04.29 登録日 2021.04.27
 権威の犠牲になり、騙され、泣くのはいつも弱い立場の者だ。辛うじてヒトの範疇に収まった子供達が、騙し、踏みつけた奴らに、報復して歩く。
24hポイント 0pt
小説 112,001 位 / 112,001件 ファンタジー 29,101 位 / 29,101件
文字数 55,817 最終更新日 2021.05.14 登録日 2021.04.21
10
恋愛 連載中 長編
 かつて、たった一人で数万の魔王の軍勢を壊滅させた男がいた。  異世界からこの世界にやってきた男  彼はいつしか、剣聖と呼ばれるようになる。  その愛剣は魔王の血を吸い、意思をもつ聖剣となった。  主の剣聖が元の世界に戻ったあと、聖剣は気ままに世界を旅していた。  そんなある日の事。  剣聖の恋人だった女性が現世に転生し、竜神の聖女として生きていると聖剣は知る。    少女の名はエレーナ。  真紅の豊かな髪を持つ、しかし、不遇な人生を送ることを運命によって定められていた。    ある神々が、ゲームをしていた。  勝敗を決めるのに自分たちが損をするのはつまらないからと、エレーナの人生をなんどもなんども、逆行転生させて弄んでいたのだ。    婚約者に両親を殺害され、その恨みによってこころを聖女から魔女へと変えたエレーナは、勇者によって討伐され、斬首刑にされてしまう。  神々はそれを楽しみ、またゲームを繰り返すのだ。  エレーナが聖女のまま魔王を倒すまで――  この神々の遊戯は、世界の歴史を歪ませ、しまいに多くの人間や神、魔を巻き込んでいく。  エレーナの不遇を知った聖剣は、彼女に主だった剣聖の力を与えて神々と対決する。  これはのちに神殺しと呼ばれた、真紅の剣聖エレーナの最初の物語。
24hポイント 0pt
小説 112,001 位 / 112,001件 恋愛 32,181 位 / 32,181件
文字数 137,663 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.29
 第四王女ロアは一族でも指折りの退魔師。  そして何よりも退屈が大嫌い。従者の侯爵家令嬢ターニャ、双子の弟ラーズを引き連れ.  今日も王都のどこかで暇つぶしと称して、噂にのぼった怪事件に首を突っ込んでいく日々。  そんなおてんば娘にもようやく隣国の王室へ側室になる話が降りて来た。  隣国には月を食べる黒い狼がいるという。  そんなに面白いのなら側室に上がりましょう。  そう言って出向いてみたらその奇抜な行動にやはり婚約破棄をされ‥‥‥。  ターニャの心労は増えつつ、ロアは腹いせとばかりに黒い狼討伐へと繰り出す。 「そんなに気に入らないなら、見せつけてあちらから婚約を申請させてやるわ!!」  その意気込みは良かったものの、恐れを成した元婚約相手から毒を盛られて死んでしまう。  そして、憐みをくれた黒い狼神から巻き戻し転生の提案がされるがーー
24hポイント 0pt
小説 112,001 位 / 112,001件 ファンタジー 29,101 位 / 29,101件
文字数 10,056 最終更新日 2020.08.29 登録日 2020.04.05
11