聖女は剣聖と呼ばれて

 かつて、たった一人で数万の魔王の軍勢を壊滅させた男がいた。
 異世界からこの世界にやってきた男
 彼はいつしか、剣聖と呼ばれるようになる。
 その愛剣は魔王の血を吸い、意思をもつ聖剣となった。

 主の剣聖が元の世界に戻ったあと、聖剣は気ままに世界を旅していた。
 そんなある日の事。
 剣聖の恋人だった女性が現世に転生し、竜神の聖女として生きていると聖剣は知る。
 
 少女の名はエレーナ。
 真紅の豊かな髪を持つ、しかし、不遇な人生を送ることを運命によって定められていた。
 
 ある神々が、ゲームをしていた。
 勝敗を決めるのに自分たちが損をするのはつまらないからと、エレーナの人生をなんどもなんども、逆行転生させて弄んでいたのだ。
 
 婚約者に両親を殺害され、その恨みによってこころを聖女から魔女へと変えたエレーナは、勇者によって討伐され、斬首刑にされてしまう。
 神々はそれを楽しみ、またゲームを繰り返すのだ。
 エレーナが聖女のまま魔王を倒すまで――

 この神々の遊戯は、世界の歴史を歪ませ、しまいに多くの人間や神、魔を巻き込んでいく。
 エレーナの不遇を知った聖剣は、彼女に主だった剣聖の力を与えて神々と対決する。

 これはのちに神殺しと呼ばれた、真紅の剣聖エレーナの最初の物語。

24hポイント 0pt
小説 111,549 位 / 111,549件 恋愛 32,097 位 / 32,097件