【本編完結】虐待された少女が公爵家の養女になりました

 オラルト伯爵家に生まれたレイは、水色の髪と瞳という非凡な容姿をしていた。あまりに両親に似ていないため両親は彼女を幼い頃から不気味だと虐待しつづける。
 レイは考える事をやめた。辛いだけだから、苦しいだけだから。心を閉ざしてしまった。
 
 十数年後。法官として勤めるエメリック公爵によって伯爵の罪は暴かれた。そして公爵はレイの並外れた才能を見抜き、言うのだった。
「私の娘になってください。」
と。

 養女として迎えられたレイは家族のあたたかさを知り、貴族の世界で成長していく。








前題 公爵家の養子になりました~最強の氷魔法まで授かっていたようです~
24hポイント 553pt
小説 2,886 位 / 143,561件 ファンタジー 583 位 / 34,616件