僕の兄は◯◯です。




容姿端麗、才色兼備で周囲に愛される兄と、両親に出来損ない扱いされ、疫病除けだと存在を消された弟。


兄の監視役兼影のお守りとして両親に無理やり決定づけられた有名男子校でも、異性同性関係なく堕としていく兄を遠目から見守って(鼻ほじりながら)いた弟に、急な転機が。



「僕の弟を知らないか?」


「はい?」





これは王道BL街道を爆走中の兄を躱しつつ、時には巻き込まれ、時にはシリアス(?)になる弟の観察ストーリーである。

文章力ゼロの思いつきで更新しまくっているので、誤字脱字多し。広い心で閲覧推奨。

ちゃんとした小説を望まれる方は辞めた方が良いかも。


ちょっとした笑い、息抜きにBLを好む方向けです!













ーーーーーーーー✂︎


この作品は以前、エブリスタで連載していたものです。エブリスタの投稿システムに慣れることが出来ず、此方に移行しました。

今後、こちらで更新再開致しますのでエブリスタで見たことあるよ!って方は、今後ともよろしくお願い致します。
24hポイント 42pt
小説 14,520 位 / 127,622件 BL 2,915 位 / 14,082件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!