現代文学 幼馴染小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 幼馴染×
12
内容は題名のとおりです。
24hポイント 347pt
小説 3,606 位 / 91,938件 現代文学 58 位 / 4,198件
文字数 5,605 最終更新日 2019.04.26 登録日 2019.04.26
 渓流魚イワナ(岩魚)は、渓流に棲むあらゆる生物を食べてしまう性質から「獣」と呼ばれることがある。  主人公、守は、仕事でメンタルを病み、帰省した田舎で久しぶりの渓流釣りに出かけた。  そこは、人のあまり入らない穴場。  守は、そこで、水浴びをする女の幻にあう。  その女は、守の幼なじみ、ヒトミ。
24hポイント 7pt
小説 24,107 位 / 91,938件 現代文学 357 位 / 4,198件
文字数 17,534 最終更新日 2015.11.24 登録日 2015.11.19
3
現代文学 完結 ショートショート
桜田響。 高校二年生。 この胸の高鳴りに、意味などないと思っていた。 黄昏色の空の下。 あの人に捧げる愛の歌。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 4,154 最終更新日 2021.01.04 登録日 2021.01.02
内容は題名の通りです。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 2,579 最終更新日 2020.08.15 登録日 2020.08.15
セレブの陸と、庶民の夏海。 人気者の陸と、目立たない夏海。 二人は幼馴染だった。 家庭環境も、性格も大きく違う二人だが、つねにお互いを思いやり、密かに大切に想っていた。 それぞれの線が交わることがないまま、大人になった二人は――。 ※以前公開したものの改稿版です
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 47,457 最終更新日 2020.07.20 登録日 2020.07.01
6
現代文学 連載中 長編 R15
人間とはなんて儚くて愚かなのだろうか。 時に、学生という一時の身分に熱を浮かせて悠々自適に生きる奴らは特に愚かしく感じられる。 一番人を愚かにそして儚くさせる学生時代を強く生きる彼女。 この物語は、彼女から見る世界を描いたものである。 ✄--------------✄ 作品に登場する人物の思想をより生々しく描きたいため、後半から所々人間の体で事を表現する場面がいくつか出てきます。(R指定もの) その様な表現が出てくる話は、゛※ ゛マークをつけています。 大変汚らしいかもしれませんが、それもこの小説の味だと思ってくだされば幸いです。 ※本編では、些細な事もその人自身にとって大きな問題である。というのを大袈裟に表すことを念頭に置いて描いていますので、常識外れな人物のみの登場となっております。ご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 8,995 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.14
7
現代文学 連載中 短編 R15
ある日家の前でうずくまっていた男の子を拾った大学生の横山《よこやま》詩《うた》。少年と自分の過去に向き合い、家族になっていくお話。 念の為R15指定にしています。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 4,163 最終更新日 2019.07.12 登録日 2019.07.10
 幼い頃から病気に悩まされる少女に、少年はどうしようもなく恋焦がれていた。そして、それは互いにひかれていくものになり、愛し合う。しかし、それは短い時間が決められた、非情なもの。  愛し合うからこそ、手放し離れる。愛し合っているのに、手放し離れる。その後悔を胸に二人は離れ離れに生きていく。  月日は流れ、少女を忘れられない少年は、様々な人の想いを受け、背中を押され、少女とともに人生を歩むことを決める。あの時交わした、桜をもう一度見るという約束をかなえるために。  少年が少女に示す、睦月に咲かせるあの日見た桜。その桜散る中で、少女に想いを伝えるために。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 103,719 最終更新日 2020.09.05 登録日 2019.04.10
 簡単に自己紹介をしておこう。  俺は、高校生だ。確かに、親父に騙されて、会社の取締役社長をやっているが、俺だけしか・・・いや、幼馴染のユウキも社員になっていた・・・と思う。  俺の親父は、プログラマとしては一流なのだろうが、面倒なことはやらないとという変わり者だ。  そんな親父に小学生の頃から、プログラムやネットワークやハードウェアの事を叩き込まれてきた。俺が望んだと言っているが、覚えているわけがない。  俺が、パソコンやネットワークに詳しいと知った者からお願いという名の”命令”が届くことが多い。  プログラムを作ってくれとかなら、まだ話ができる。パソコンがほしいけど、何がいいくらいなら可愛く感じてしまう。パソコンが壊れた、辺りの話だと、正直何もできないことの方が多い。  嫌いな奴が居るからハッキングしてくれや、元カノのスマホに侵入してくれ・・・犯罪な依頼も多い。これは、”ふざけるな”断ることができるので気持ちが楽だ。それでも引き下がらない者も多い。その時には、金銭の要求をすると・・・次から話にも来なくなる。  でも、一番困るのは、”なんだだかわからないけど動かない”だ。俺は、プロでもなんでもない。  ただただ、パソコンが好きで、電脳世界が好きな”一般人”なのです。  そんな”一般人”の俺に、今日も依頼が入ってくる。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 362,281 最終更新日 2020.07.31 登録日 2018.08.11
10
現代文学 完結 ショートショート

現実には生きているけど、心の中では死んでいる。 生きている人間の墓参り。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 3,406 最終更新日 2018.05.02 登録日 2018.05.02
原田隆文は、真面目な青年であった。 太平洋戦争末期、幼馴染みのゆき子と恋に落ちた隆文の元についに赤紙が届くのであった。 戦争という時代の濁流に呑まれてゆく二人が見たものとは。 亡き祖父の人生を辿る叙事詩。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 1,057 最終更新日 2017.01.31 登録日 2017.01.31
 料理人になる夢を諦めてバイト生活を送る幸成は、幼なじみで一緒に料理を習ってきた奏太が、今では自分の店を出し有名人となっている事に焦りを感じる。活躍する奏太の姿に劣等感を感じる幸成は、やがて奏太を遠ざけるようになる。
24hポイント 0pt
小説 91,938 位 / 91,938件 現代文学 4,198 位 / 4,198件
文字数 8,025 最終更新日 2017.06.08 登録日 2016.10.30
12