黄泉世の護人(モリビト)

まだ、妖かしと呼ばれる生き物がいたと、信じられていた時の事。
山間の青々と生い茂る森の中、三匹の妖かしと一人の陰陽師により、人と妖かしが共に暮らせる小さな里を創った事から始まっていた。
欲望の塊を抱いた一人の人間が、犯してしまった過ちが、後に、大きな歪みとなり、妖かしと人の間には、大きな溝が出来てしまった。
そんな中、この世に生きるたった一人の陰陽師の血を受け継ぐ女性、夜月蓮花(ヨヅキレンカ)。
彼女が選んだ運命(サダメ)は、哀しくも儚いモノであった。
※バトル要素がかなり強い作品です
24hポイント 0pt
小説 121,699 位 / 121,699件 ファンタジー 31,945 位 / 31,945件