恋愛 幼なじみ/幼馴染小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 幼なじみ/幼馴染×
4
1
恋愛 完結 長編 R18
鈴木芽衣(すずきめい)は高校2年生。隣に住む幼なじみ、佐藤直(さとうなお)とちょっとえっちな遊びに夢中。 芽衣は直に淡い恋心を抱いているものの、はっきりしない関係が続いていたある日。古典担当の藤原と親密になっていくが――。 幼なじみと先生の間で揺れるちょっとえっちな話。 ★性描写があります。
24hポイント 56pt
小説 10,761 位 / 105,945件 恋愛 5,013 位 / 30,004件
文字数 33,488 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.03.15
2
恋愛 連載中 長編
「あの……ハンカチ落としましたよ」 「そこの君! なんでそれがハンカチだって分かったのですか? パンツだったらどうするんですか?」  偶然、ハンカチを拾ったことをきっかけに、俺は彼女―渚花恋と出会った。俺の憧れているアイドル―えりこにそっくりな女の子。  彼女の爆弾発言によって、俺は大慌てで自分が持っているものはなんなのかを確認していた。そんな彼女は近寄ってきてRINEのQRコードを俺に見せた。 「ハンカチ返すのは今度でいいよ」  そう言って彼女は微笑んだ。 「聞いたぞ! 雅」 「お前ってえりこを追いかけてるのってホント!?」 「誰に聞いたの?」 「琴葉ちゃんよ」  そう問い詰めてきたのは俺と同じ文芸部の桜木湊と神代瑞希、そして、彼らに俺がえりこを好きだってチクったのは俺の幼馴染の七海琴葉……  えりこは今や人気急上昇のアイドルだけど、実はその前から俺は密かに彼女に憧れていた。  ハンカチを返すために、俺は渚さんと花見の約束をした。  それから、一歩、一歩と俺と渚さんの距離が縮まっていく。  ただ、彼女はいつも忙しいって言ってるし、出会った時以外はいつもマスクを付けている。  そんな彼女に俺は問いかける。 「なんでいつもマスク付けてるの?」 「重度な花粉症だから!」  渚さんは慌ててそう答えた。  奇しくも、その後、俺の作品の書籍化が決まり、その宣伝を務めるのがえりこだった。 「えりこです。よろしくね、雅先生〜」 「よ、よ、よろしく……」  ずっと憧れているえりこを目の前にして、胸が熱くなって上手く喋れなかった。  えりこと出会い、俺は彼女への恋心を認識させられた。  渚さんが実はえりこであることを、俺は未だに知らない。  運命の赤い糸、あなたは信じますか?
24hポイント 7pt
小説 24,852 位 / 105,945件 恋愛 10,593 位 / 30,004件
文字数 100,884 最終更新日 2021.06.04 登録日 2021.04.28
3
恋愛 連載中 短編
「シエラ・レイストン公爵令嬢!貴様との婚約を破棄する!!」 そう叫んだのはこの国の第一王子。その傍らには男爵令嬢が王子にしなだれかかっている。 公爵令嬢 (うへぇ~やばいね。これはなんか痛いもの見せられちゃったよ) 皇帝あらわる。 「シエラ!俺の妃になってくれ!」 ……シエラは逃げきれるのか?? ――――――――――――― ……なにが!? ってかんじですよね? 雑な説明になってしまいすみません!!初めての投稿なので、至らぬ点も多いと思いますが、よろしくお願いします!! すみません!内容はうん、あの呼んでくださればわかります笑 シエラは逃げ切れるのか?笑 気楽に呼んで下されば幸いです!
24hポイント 7pt
小説 24,852 位 / 105,945件 恋愛 10,593 位 / 30,004件
文字数 9,645 最終更新日 2021.06.10 登録日 2021.05.04
4
恋愛 連載中 短編 R15
 ある村の娘アルマは、山中で獣の群れに襲われる。命からがら逃げた先、出会った〈彼ら〉は人ではなかった。彼らの住むこの街は〈迷い子〉が辿り着く場所であり、我らが『王』が治めていると教えられ。 「え?帰れない?え?さっき見たのが王様?!」  アルマの新たな生活が始まる。 ***タイトル変更しました。旧タイトル「迷い込んだその先で」***
24hポイント 0pt
小説 105,945 位 / 105,945件 恋愛 30,004 位 / 30,004件
文字数 44,184 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.01.31
4