破滅小説一覧

タグ 破滅×
8
1
ホラー 連載中 短編
悪意が招く恐怖を描く、短編集です。 湧きだす嫌悪や侮蔑、忘れようと思っても忘れられない絶望感、時には愛さえも悪意に変わって破滅を招く。 様々な悪夢をお楽しみください。
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 ホラー 3,633 位 / 3,633件
文字数 16,835 最終更新日 2021.03.05 登録日 2021.02.28
2
恋愛 連載中 短編
灰で汚れた暖炉に隠れる私を見下ろす彼の瞳には翳りがある。残酷なものを見るかのような、それでいて自分とは無関係だと貫くような眼差し。 憐れなものに対する感情なのだろうか。 イラスト[ 三日月アルペジオ ]
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 恋愛 28,049 位 / 28,049件
文字数 6,083 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.11.10
3
児童書・童話 完結 ショートショート
ある国は、攻め込まれ城の中まで敵国の騎士が入り込みました。その時王子妃様は? 1話目は、王家の終わり 2話めに舞台裏、魔国の騎士目線の話 さっくり読める童話風なお話を書いてみました。
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 児童書・童話 1,907 位 / 1,907件
文字数 2,895 最終更新日 2020.07.22 登録日 2020.05.22
 女に貢いでもらったお金でギャンブルをするのを人生の喜びと言うロクデナシのヴィスは、そのギャンブル癖と勝手に貯金を手に出したことによって、今まで養ってくれていた女神ラセルアに家を追い出されてしまう。  行く当てもなくなった屑野郎のヴィスは、ギャンブルを楽しみつつ自由気ままな生活ができないかと模索していると、ギャンブルで大敗した挙句に借金を負った賭博の女神と出会う。  大量の金で優雅に暮らしたいヴィスと早く借金を返して心の平穏を取り戻したい賭博の女神アティーラ。  そんな二人が出会った怪しげな本屋には、二人の願いが叶う方法が書かれた本が無料配布されていた。  すべてを見通す女神が面白半分に執筆したと言われる【ティングブルムの書】の写本。そこには【くてくて】と呼ばれるものを7つ集めると願いの女神のもとへ行く道が開かれ、なんでも一つ願いを叶えてくれるという。  ちなみに、【くてくて】を7つ集めるというのは、願いの女神様が最近面白く感じた異世界の書物DとBの影響で始めた定期的に行われるイベントである。願いを叶えてもらう条件は定期的に変わるよっ!  次のイベントが始まる前に【くてくて】を7つ集めれば何でも一つ願いが叶う。それに人生をかけた二人は、くてくてを求めて旅をする。  これは、おのが欲望を満たすために願いの女神に願いを叶えてもらおうとする二人の…………身勝手でろくでもない物語。  たまに世界を救っちゃうぞっ! ※小説家になろう、カクヨムでも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 116,014 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.04.11
5
恋愛 完結 ショートショート
わたしの友人は、絵を集めています。それも目しか描かない絵師の絵を。滑稽です。彼に誠意なんてないのに。どんなにわたしが忠告しても、友人は聞かないの。
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 恋愛 28,049 位 / 28,049件
文字数 2,069 最終更新日 2020.01.30 登録日 2020.01.30
6
ホラー 連載中 ショートショート
『恋人』に纏わる怪異短編集。
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 ホラー 3,633 位 / 3,633件
文字数 1,752 最終更新日 2020.01.01 登録日 2020.01.01
7
ホラー 完結 ショートショート
僕は彼女とのデートを満喫していた。だが、僕らに残された時間はそう多くはなかった…… 刻々と迫る世界の破滅!そして…… ラストに待ち受けるカタルシスを堪能ください!
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 ホラー 3,633 位 / 3,633件
文字数 1,525 最終更新日 2019.07.19 登録日 2019.07.19
目の前の光景をどう捕らえれば良いのだろう? 世界の狭間、雲海に浮かぶ小さな小舟の上でオールを持ったまま呆然としている美しいスーツ姿の男性がつぶやいた。 雲海、凪いだ海の彼方にはポツポツと小さな島が見える。 天空には天使達の住む宮殿か遥か上空に見え、雲海の下には悪魔や魔物の住む暗く殺伐とした魔界が見える。 その遥か下方に有るのが人間の世界、今は世界対戦の真っ最中だ。 「ルードビッヒ、君がまだ近くにいてくれて良かったよ」 そう言った先にはゆらゆらと魂の球体が浮かんでいる。 「僕の姿を思い出してくれないか?」 そう言った声の主のことを思いうかべた
24hポイント 0pt
小説 100,323 位 / 100,323件 ファンタジー 26,946 位 / 26,946件
文字数 4,912 最終更新日 2018.02.07 登録日 2018.02.04
8