探偵と助手の日常<短中編集>

<Webコンテンツ大賞 第1回 ホラー・ミステリー小説大賞 特別賞>

応援いただきありがとうございました。
読んでくださった方、いつもお力添えくださるS先生に心からの感謝を……

今後も精進いたしますので、何卒宜しくお願い致します。


一編一編、独立したエピソードです。
何処から読み始めても差し支え御座いません。

作品によっては大幅な加筆修正がある可能性がございます。


■あらすじ■

小江戸川越、菓子屋横丁のはずれ。探偵と助手にとっての『日常』を描いた推理小説です。実在の街並み、お菓子、車などを織り込んでいます。
(注意:架空の店舗、路地などもあります。実在する全ての個人・団体等とは関係がありません)

殺人事件に直面するたびに、助手は過去の痛みを思い出してしまいそうになりますが、探偵は言いきかせます。
「大切な人を失った悲しみにつかまってはいけない。今日も、昨日と同じ、ただの一日だ」
だから彼らは『日常』を大切にしています。

注意)元厨二の探偵、苦労人男子高校生、働き過ぎの刑事、書かない作家……残念ながら、残念なイケメンしかいません。

1)本日のおやつは、さつま芋パイです。<加筆修正&再度公開>

2)運転者にはノンアルコールのカクテルを。<改訂版と差し替え>


以下、続く
24hポイント 0pt
小説 67,791 位 / 67,791件 ミステリー 1,767 位 / 1,767件