妖狐と魅惑の遊戯

 安倍晴斗は京都出身の大学生。
 ある日、実家に帰省していた晴斗は、見覚えのない洞窟の中で、水晶の中で眠っている「九尾の狐」を発見。その封印を解いてしまう。
 親しくしていた安倍晴明に裏切られ、悲しみに暮れている九尾を慰めつつ、しばらく身の回りの世話をすることになるのだが……。


※「*」がついている回は性描写が含まれております。
24hポイント 0pt
小説 127,615 位 / 127,615件 BL 14,085 位 / 14,085件