悪役令嬢だけど愛されたい

 前世でプレイしたことがある乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生した彼女。
 だが、その記憶が蘇ったのは既にゲームの分岐が全て終了した後。
 果たして失意の悪役令嬢が閉ざした心を彼女は救えるのか。
 
 「ゆっくり休んでて、貴方の代わりに私が頑張るから」

 労りの気持ちで転生した令嬢の心を慰めつつ平和な日々を過ごすつもりが、なんだか雲行きが怪しい。

↓二章追記↓

 ゲームをプレイした経験が、一切活躍しないという衝撃の無意味さ。
 転生した記憶がむしろ足を引っ張っている気がする今日この頃。
 果たして新しい恋をする事はできるのか。

 ※失恋スタート、恋愛糖度低めです。
24hポイント 35pt
小説 15,325 位 / 101,839件 恋愛 6,611 位 / 27,919件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!