独り立ちしたい姉は、令嬢ながらにお金を稼いでた

ウィレミナの姉のセラフィーヌは、「年頃」でさまざまな男性から、求婚されている。しかし、セラフィーヌは誰一人として相手にしない。
「ウィレミナ、その本の作者、実は私よ」
 ウィレミナの愛読書を指して姉が放った一言で、ウィレミナはセラフィーヌの「凄さ」を更に知っていく。


カクヨムでも連載します。
24hポイント 0pt
小説 101,735 位 / 101,735件 恋愛 27,859 位 / 27,859件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

大公殿下と結婚したら実は姉が私を呪っていたらしい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:986pt お気に入り:8135

サンキゼロの涙

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:0

暗躍の巫女

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:796pt お気に入り:23

月について語ってみようか 〜 季節の前に

BL / 完結 24h.ポイント:42pt お気に入り:4