歴史・時代 幕末小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ 幕末×
54 12
明治を迎え、京都の小学校で用務員を務める元新選組隊士 山野八十八は、山野と共に隊中美男五人衆に数えられ、今は横浜でガラス商を営んでいる馬越三郎に二十数年ぶりに会いに行く。 「隊中美男五人衆」の二人の一瞬の邂逅の話。 一話完結です。
24hポイント 498pt
小説 1,982 位 / 57,713件 歴史・時代 15 位 / 742件
文字数 3,738 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.10.22
新選組一番隊長沖田総司は、天才的な剣技と美貌、屈託のない人柄の持ち主だ。しかし、池田屋事件で喀血し、不治の病を抱えて生きることになる。 そんな時、京の町で立て続けに幕府方の商人が殺された。そして、試衛館時代から旧知の仲である、旗本内藤新三郎が姿を現した。 「私は死人だ」沖田に会いに来たと告げる内藤。血腥い暗殺の背後に見え隠れする、大商人「相模屋」の思惑。 沖田、土方、内藤──三者の過去と思いがたどり着く結末──。
24hポイント 263pt
小説 3,256 位 / 57,713件 歴史・時代 27 位 / 742件
文字数 33,775 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.10.16
「息をするように人を斬る」 刺客の子として生まれた平山小弥太は、父と共に殺しの旅に出た。 念真流という一族の秘奥を武器に、行く先々で人を斬って生き血を浴び、獣性を増しながら刺客として成長していく。 少年期の「小弥太篇」と元服後の「雷蔵篇」からなる、天暗の宿星を背負って生まれた少年の、血塗られた生を描く、第一回アルファポリス歴史時代小説大賞の特別賞を受賞した、連作短編集。その完全版が登場!! ――受け継がれたのは、愛か憎しみか―― ※小説家になろう・カクヨムにも掲載中。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。 ※この物語は、「本朝徳河水滸伝」題した筑前筑後オリジナル作品企画の作品群です。舞台は江戸時代ですが、オリジナル解釈の江戸時代ですので、史実とは違う部分も多数ございますので、どうぞご注意ください。また、作中には実際の地名が登場しますが、実在のものとは違いますので、併せてご注意ください。
24hポイント 106pt
小説 5,524 位 / 57,713件 歴史・時代 51 位 / 742件
文字数 514,396 最終更新日 2017.11.22 登録日 2017.01.19
 少女は市村鉄之助という少年と入れ替わり、土方歳三の小姓として新選組に侵入した。国を離れ兄とも別れ、自分の力だけで疾走したいと望んだから。  次第に少女は副長である土方に惹かれていく。 (私がその背中を守りたい。貴方の唯一になりたい。もしも貴方が死を選ぶなら、私も連れて行ってください……)  京都から箱館までを駆け抜ける時代小説。信じた正義のために人を斬り、誠の旗の下に散華する仲間たち。果たして少女に土方の命は守れるのか。 ※史実に沿いながら物語は進みますが、捏造だらけでございます。 ※小説家になろうにも投稿しております。
24hポイント 106pt
小説 5,524 位 / 57,713件 歴史・時代 51 位 / 742件
文字数 211,214 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.03.31
長州の女と新撰組隊士の恋に沖田の剣が決着をつける。
24hポイント 106pt
小説 5,524 位 / 57,713件 歴史・時代 51 位 / 742件
文字数 6,717 最終更新日 2018.09.26 登録日 2018.09.19
     新選組好きさんに贈る、一話完結の短篇集。 別途連載中のジャンル混合型長編小説『碧恋の詠―貴方さえ護れるのなら、許されなくても浅はかに。』から、 歴史小説の要素のみを幾つか抽出したスピンオフ的短篇小説です。もちろん、本編をお読みいただいている必要はありません。 恋愛等の他要素は無くていいから新選組の歴史小説が読みたい、そんな方向けに書き直した短篇集です。 (ちなみに、一話完結ですが流れは作ってあります) オトコマエな新選組の漢たちでお魅せしましょう。 楽しんでいただけますように。       ★ 本小説では…のかわりに・を好んで使用しております ―もその場に応じ個数を変えて並べてます  
24hポイント 106pt
小説 5,524 位 / 57,713件 歴史・時代 51 位 / 742件
文字数 17,476 最終更新日 2019.03.09 登録日 2019.03.03
私は一人で生きていく。 暁月雫は一人ぼっちだった。 とある学校からの帰り道、雫はタイムスリップをして幕末へと飛ばされた。 新撰組にの沖田との出会いで、雫の心は変わっていく。 「その笑顔止めてよ。一番嫌いな顔だ」 「あのときみたいに、何も出来ない自分ではいたくない」
24hポイント 85pt
小説 6,285 位 / 57,713件 歴史・時代 64 位 / 742件
文字数 68,046 最終更新日 2017.11.15 登録日 2017.08.09
定職に就かず寝てばかりいる甲斐性なしの助六。こんな男でもなんとか生きていけるのが江戸であった。 「おまえさん、お米がないよ」女房のお徳にいわれてきょうはしぶしぶ働きにでる。 痛快商い!大江戸ドタバタコメディ!島村春穂アルファポリス限定読み切り作品!
24hポイント 85pt
小説 6,285 位 / 57,713件 歴史・時代 64 位 / 742件
文字数 10,422 最終更新日 2019.03.30 登録日 2019.03.30
2017年に書いたものの改稿版を掲載します。 幕末を駆け抜けた新撰組。 その十一番目の隊長、綾瀬久二郎の凄絶な人生を描く。 よく知られる新撰組の物語の中に、架空の設定を織り込み、彼らの生きた跡をより強く浮かび上がらせたい。
24hポイント 85pt
小説 6,285 位 / 57,713件 歴史・時代 64 位 / 742件
文字数 313,540 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.23
時は江戸、老中水野忠邦が失脚した頃のこと。 佳穂(かほ)は江戸の望月藩月野家上屋敷の奥方様に仕える中臈。 幼い頃に会った千代という少女に憧れ、奥での一生奉公を望んでいた。 ところが、若殿様が急死し事態は一変、分家から養子に入った慶温(よしはる)こと又四郎に侍ることに。 又四郎はずっと前にも会ったことがあると言うが、佳穂には心当たりがない。 海外の事情や英吉利語を教える又四郎に翻弄されるも、惹かれていく佳穂。 一方、二人の周辺では次々に不可解な事件が起きる。 事件の真相を追うのは又四郎や屋敷の人々、そしてスタンダードプードルのシロ。 果たして、佳穂は又四郎と結ばれるのか。 シロの鼻が真実を追い詰める! 別サイトで発表した作品のR15版です。
24hポイント 85pt
小説 6,285 位 / 57,713件 歴史・時代 64 位 / 742件
文字数 336,701 最終更新日 2018.05.22 登録日 2018.04.27
後に新撰組として勇名を馳せた土方歳三。彼は優れた業物を持っていた。それは、齢十歳の少年だった。自らを妖(ばけもの)と称し、土方を主と慕う少年。その力は強大だった。そして、身の内に大神(狼)を宿し、ときには白き巨獣(狼)に変化して主や新撰組のために暴れた。幕末の動乱の只中にあって、武士に憧れ、誠を貫こうとする土方や近藤。朝廷、幕府、会津、薩摩、長州、といった大きな組織を相手に立ち向かう小さな戦闘集団。武士とは?命とは?絆とは?「壬生の狼」とも呼ばれた狼たちが、幕末を駆け抜ける!
24hポイント 63pt
小説 7,365 位 / 57,713件 歴史・時代 80 位 / 742件
文字数 548,441 最終更新日 2017.07.31 登録日 2017.03.23
12
歴史・時代 連載中 長編 R15
Web小説で本格時代小説を……。 新選組が結成されるはるか前、永倉、土方、斎藤は、すでに出会っていた。幕末を駆け抜けた男たちの青春が交差する。 永倉新八の前半生の詳細は、ほとんどわかっていない。自身による短い記述のほかは、なにひとつソースが存在しないからだ。その空白部分を、史実をちりばめながら、嘘八百のエンターテイメントで再構成するのがこの物語のテーマである。 歴史の空白部分に、架空の事件を織り交ぜつつ、要所は史実で固めた新しいタイプの時代小説。目指すは『鬼平犯科帳』のような、直球ど真ん中のエンターテイメント時代小説だ。 登場人物、時代背景、事件は、なるべく史実に則して、その他大勢の登場人物にも、なるべく実在の人物を配している。架空の人物についても、時代背景から逸脱しないよう心がけた……つもりだ。 また、一般的には、ないがしろにされ、あまつさえ侮蔑の対象とされている清河八郎、根岸友山といった人物を、きちんと描いてゆけたら。と、考えている。 時代考証、武術考証、地誌については、とくに注意をはらい、府中、立川、日野、八王子、五日市などの郷土資料館、図書館に通いつめ学芸員さんや司書さんには、大変お世話になった。村絵図など、貴重な史料を見せていただいたことに感謝する。八王子の郷土資料館で写させていただいた当時の絵図は、舞台設定の基本資料として、活用させていただいている。 また、なるべく実際に現地に足を運び、登場人物と同じ道を歩いてみた。日野や甲州道中などは数十回通っているが、間違っていることもあるかもしれない……。 もちろん、女子高生がタイムスリップしたり、現代剣道のチャンプが幕末の志士より強かったり、気がついたら転生してたりしないし、新選組隊士のなかに女の子が紛れこんでいるのに誰も気がつかない……などという、ファンタスティックな出来事も起こらない(それを否定するわけでは決してない。どんな物語があってもよいのだ)。 この物語に出てくるのは、我々と同じように、悩み苦しみもがき、それでも自分の信じる未来に、真剣に向き合う男たちである。 以前、エブリスタではじめた話だが、8割方書きあげたところで放置しているうちに、パスワードを失念。ログインできなくなり、そのまま放置するのは惜しいので、現在サルベージしながら(酷い文章に辟易しつつ)推敲作業ならびに、大幅な加筆修正ををすすめている。 なお現在カクヨムでも更新中。
24hポイント 63pt
小説 7,365 位 / 57,713件 歴史・時代 80 位 / 742件
文字数 247,136 最終更新日 2019.05.14 登録日 2019.02.22
坂本龍馬をはじめとする、幕末の人物によって繰り広げられるギャグ系小説。度々絵が入っています!あと、授業でも役に立つ知識も入れてありますので、中学生の方などに役立つかと思います!それではどうぞ!あと※諸説あり でござる。 お気に入りしたら作者頑張っちゃう
24hポイント 63pt
小説 7,365 位 / 57,713件 歴史・時代 80 位 / 742件
文字数 32,385 最終更新日 2019.09.10 登録日 2019.08.04
雪月花から題名を変更しました。 こちらは、オリジナル要素(しかないだろう)満載の新選組駄文です。 時代背景、性格、いろんなものを丸っと無視して進んでいくどうしようもない駄文です。 小説家になろうで書いていたものをさらに色々手を加えて書き直しております。 ほぼギャグ?コメディ?展開です
24hポイント 42pt
小説 9,090 位 / 57,713件 歴史・時代 105 位 / 742件
文字数 7,400 最終更新日 2019.02.28 登録日 2019.02.27
幕末、動乱の京都の治安維持を担った新撰組。 華やかな活躍の時間は、決して長くなかった。 武士の世の終わりは刻々と迫る。 それでもなお刀を手にし続ける。 これは滅びの武士の生き様。 誠心誠意、ただまっすぐに。 結核を病み、あやかしの力を借りる天才剣士、沖田総司。 あやかし狩りの力を持ち、目的を秘めるスパイ、斎藤一。 同い年に生まれた二人の、別々の道。 仇花よ、あでやかに咲き、潔く散れ。 schedule 公開:2019.4.1 連載:2019.4.7-4.18 ( 6:30 & 18:30 )
24hポイント 42pt
小説 9,090 位 / 57,713件 歴史・時代 105 位 / 742件
文字数 144,058 最終更新日 2019.04.18 登録日 2019.04.01
一には、強い絆で結ばれた恋人がいた。 「わたしは、あなたの妻なのだから」 遠く離れても、一途にその背中を追い続ける「てい」。 何があっても伸ばした手を諦めない「てい」の思いは、報われるのか。 戊辰戦争の時代を背景に、繋がり続けようとした2人の軌跡。 ※題字 コハ様
24hポイント 42pt
小説 9,090 位 / 57,713件 歴史・時代 105 位 / 742件
文字数 668,927 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.04.01
ある日、新選組三番隊長斎藤一は、暴漢に襲われていた一番隊長沖田総司によく似た美少年を助ける。訳ありげな過去。沖田総司との関わり。 なぜ、今、彼は現れたのか。 池田屋騒動後の新選組を舞台に、様々な思惑と思いが交錯する!
24hポイント 42pt
小説 9,090 位 / 57,713件 歴史・時代 105 位 / 742件
文字数 54,737 最終更新日 2019.10.15 登録日 2019.10.06
 時は幕末。奥州二本松藩に朱鞘を佩いた青年がいた。名を青山泰四郎。小野派一刀流免許皆伝の、自他共に認める厳格者。  そんな泰四郎を幼少から慕う同門の和田悦蔵は柔和で人当たりも良く、泰四郎とは真逆の性格。泰四郎を自らの目標と定め、何かとひっついてくる悦蔵を、泰四郎は疎ましく思いつつも突き放せずにいた。  やがて二本松藩の領土は戊辰戦争の一舞台となり、泰四郎と悦蔵は戦乱の中へと身を投じることとなる…。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 75,743 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.12
19
歴史・時代 連載中 長編 R18
山南敬助脱走後から切腹前日までを 凛と恵の妄想で書いてます。 ★話し言葉★ 初心者なので誤字脱字・方言が滅茶苦茶だと自戒してます。 凛の妄想幕末を楽しんでいただけたら…幸いです。 ノンフィクションではありません。 あくまでも史実を汲みながらの妄想です。 ここでは山南(やまなみ)と読みます。ご了承くださいませ。 ★永倉・原田編は「とある事件」のネタバレになることが判明  完結するまで猶予願います。 ★逢瀬編のRは五月下旬にすべて書きます。 ……なんて大見得切った筈でしたが お手々がへたってしまいました。陳謝。 ゆっくり書かせて下さいませ。m(_ _)m \(_ _)
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 34,384 最終更新日 2019.05.31 登録日 2018.09.19
慶応三年十一月十五日。 坂本龍馬が何者かに暗殺されるその日、彼は何者かによって暗殺されなかった。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 19,198 最終更新日 2017.09.18 登録日 2017.09.18
21
歴史・時代 連載中 長編 R18
★フィクションです。あくまで妄想話です。 ★池田屋事件から数日後~事件の顛末までを話し言葉で書き連ねてます。 ★R部分が存在します (性・残虐)共に一部分 ★Rは必須なので無理は方は回避願います ★Rは基本表示致しません!!※郭のみ表示 ☆時代背景の文章力のなさで小説のようには書けません。  いつかはチャレンジしたいとは思ってますがかなりの勉強不足で、  もし書けたとしても軽く数年は越えると思います。 ☆方言は自分なりに調べたものなので間違ってるかもしれませんが  なんとなく雰囲気だけ汲み取って読んでいただければ……。陳謝。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 41,840 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.01.04
明治のころ、死を待つ男の枕元で物語られる女の人生とは 桔梗屋敷と異名がある旗本の屋敷。 幕末の混乱期、男はその家の姫を連れて出奔。 残された妹は屋敷を守ってきたのだが……
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 16,238 最終更新日 2019.03.20 登録日 2019.03.20
23
歴史・時代 連載中 長編 R18
池田屋事件で一躍有名になった『壬生浪』と呼ばれ続けていた新撰組。 戦果をあげ浮き足たつ新撰組の隊士達。 功績が認められ確実に地位をあげていく新撰組が ちょっとした出来事をつみ重ねて見えない亀裂を生み始めた…… 新撰組を愛する隊士達が それぞれの想いで行動を起こす それがーーー真実 『恵と凛の妄想幕末2 とある事件』  になります。 稚拙かもしれませんがよろしくお願いいたします。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 1,928 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.04.01
24
歴史・時代 連載中 長編 R15
その男の名は歴史に刻まれる事はなかった …確かに彼はそこに存在していたはずなのに。 ーー幕末の世ーー 男達はそれぞれの想いを胸に戦い続ける。 友の為 義の為 国の為 抗う事の出来ない運命に正面から挑んだ。 「あの時の約束を果たす為に俺はここに居る」 「お前と俺の宿命だ……」 「お前が信じるものを俺は信じるよ」 「お前の立つ場所も、お前自身も俺が守ってやる」 幕末で活躍した新撰組とそれに関わったはずなのに歴史に残ることはなく誰一人として記憶に刻むことのなかった1人の男。 運命の糸に手繰り寄せられるように、新選組と出会った主人公『如月蓮二』彼と新選組は幕末の乱世を駆け抜ける!! 作者の完全なる“妄想”によって書かれてます('A`) ※以前エブリスタ、ポケクリにて掲載しておりましたがID&パス紛失にて更新できなくなったため修正を加えて再投稿したものです。 フィクションです。史実とは違った点が数多いと思いますがご了承下さい。 作中の会話にて方言(京弁、土佐弁)で間違いがあるかもしれません。 初物ですので、広い心で見守って頂ければ有り難いですm(_ _)m
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 103,560 最終更新日 2019.04.16 登録日 2018.10.09
            梗概  時代は一八五三年七月八日(嘉永六年六月三日)。 舞台は浦賀。 突如としてやって来た、日本の歴史上名高いペリー率いる四隻の黒船来航。 異国船の出没は度々ここ浦賀沖でも見られた事だが、今回における来航はその船の物々しさや威嚇など、前例には無い規格外さが際立っていた。 慌てふためく浦賀奉行の一行。どうやってこの状況を打開するか? どのようにして交渉していくか? 度重なり急襲する危機に対して、浦賀奉行は時間の猶予も無いまま対応する事を迫られる。そして、その交渉役全般を一任されたのは浦賀奉行の与力である香山栄左衛門(かやまえいざえもん)。 香山はその身をもってして黒船連中との交渉に奮闘するも、なかなか埒が明かず苦戦を強いられる。さらに寝耳に水と思っていた黒船来航だったのだが、黒船側からは今回の訪問は既に通達してあった事だと言う。 まさか幕府や浦賀奉行がそんな大事な通知を隠しているわけがない。 香山はそう思う一方で怪訝な気持ちも捨て切れない。 そして、事実、浦賀奉行の上層部や幕府の方では実は事前予告があり、それが周知だった事を香山は知る羽目になる。今まで与力として長年身を粉にして幕府や浦賀奉行に尽くしてきた香山にとっては、その隠蔽はひどい裏切りに感じた。だが、一方でやはり一人の与力として、ここまでやって来た黒船との交渉を辞めるわけにはいかない、と使命感を燃やし最後まで忠実に任務をこなす。 黒船来航における史実を通して、異国間の文化観や渉外観の違い。そして、一人の男が一つの仕事をやり遂げる事が、いかに困難であり重要であるかをテーマに描いたペリー襲来のもう一つの物語。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 26,272 最終更新日 2019.04.16 登録日 2019.04.16
時は幕末。二月前に父を亡くした少女、天野美湖(あまのみこ)は、ある日川辺で一枚の写真を拾った。 落とし主を探すべく奔走するうちに、拾い物が次々と縁をつなぎ、彼女の前にはやがて導かれるように六人の志士が集う。 広がる人脈に胸を弾ませていた美湖だったが、そんな日常は、やがてゆるやかに崩れ始めるのだった。 京の町を揺るがす不穏な連続放火事件を軸に、幕末に生きる人々の日常と非日常を描いた物語。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 412,282 最終更新日 2019.07.02 登録日 2019.04.20
 江戸市谷甲羅屋敷に道場を構える『試衛館』  時は幕末、様々な騒動が土方歳三をはじめ、沖田総司らを巻き込んで行く。軈て動乱の京へ。新選組副長・土方歳三。彼の視点を通し、ちょっと笑える新選組ストーリー。  
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 1,667 最終更新日 2019.06.28 登録日 2019.06.28
なんちゃって幕末 純粋 人生 巡業中♪ 「メクる」「小説家になろう」掲載。
24hポイント 21pt
小説 12,966 位 / 57,713件 歴史・時代 153 位 / 742件
文字数 183,006 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.13
 速水分家の次男として生まれた速水冷夜。ある日、彼のいた家は本家のものたちに消された。そして、当時10歳だった冷夜はある条件を提起された。  それは、「本家の後継争いに参加しろ。さすれば今生きている者のみ見逃してやろう」という条件であった。  そして、それから10年の月日が経ち、彼は何者かに襲われ記憶が一時的に失われた。その状態で彼は新撰組に引き取られ、運命の歯車が回り始める。  あの日、本当は何があったか。そして、これから何が起こるか。   日本の幕末時代と並行して動く、平行世界のもう1つの幕末時代の物語。  歴史上の人物で、新選組のメンバーの名前を借りていて、ほかのは全部フィクションです。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 47,416 最終更新日 2018.06.26 登録日 2017.07.26
幕末、戊辰戦争。会津の東に藩境を接する奥州二本松藩は、西軍の圧倒的な戦力により多くの藩兵を失い、進退極まっていた。寡兵ながらも徹底抗戦の構えを取る二本松藩は、少年たちの予てからの出陣嘆願を受け、13歳以上の出陣を認めたのだった。後に「二本松少年隊」と呼ばれる少年隊士たちの一人、岡山篤次郎を描いた作品です。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 20,725 最終更新日 2018.01.15 登録日 2018.01.15
幕末の動乱の中、知られざるエピソードがあった 語り継がれることのない新選組隊士の話 https://www.alphapolis.co.jp/novel/852376446/419160220 上記の作品を書き上げてから、こちらの作品を進めたいと考えております。 暫しお待ち下さいませ。 なるべく史実に沿って書こうと考えております。 今回、初めて歴史小説を書くので拙い部分が多々あると思いますが、間違いがあった場合は指摘を頂ければと思います。 お楽しみいただけると幸いです。 調べ直したところ、原田左之助さんが近藤さんと知り合ったのは一八六二年の暮れだそうです!本編ではもう出会っております。すみません ※男主人公です
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 16,209 最終更新日 2018.02.15 登録日 2018.01.13
桜の季節が来るたびに想い出す 美しく死ぬために生きた彼らの姿を 抗えぬ運命に逆らうことなく潔く 桜の如く共に散らんと咲き乱れる その時私は 夜空を照らすように 彼らの月で居られただろうか 誠一途に生き義に殉じてこそ武士也。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 27,419 最終更新日 2018.10.07 登録日 2018.09.09
33
歴史・時代 連載中 ショートショート
その場に立ち会ったわけではないけれども、歴史の中ではひょっとしたらこんな一ページがあったのかも知れません。 そんな「もしかしたら」の一ページ。 短編集の形式ですが、年代順ではありませんのでご了承ください。 ファンタジー要素を含むものもあります。 一部は以前他サイトに投稿したものをそのまま掲載いたしました。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 5,097 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.08.09
古来より人間と妖怪という二種が存在する国、「日ノ本」。その幕末、土佐の貧しい郷士の家に生まれた岡田以蔵は鬼の血を色濃く継いだ妖怪混じり。兼ねてより剣にあこがれていた以蔵は、ある朝家の近くの邸宅の庭で素振りをしていた青年を見かける。彼の名は武市半平太。その邸宅の主であり、剣術道場を営む剣士であった。彼の美しい剣に、以蔵は一目で見とれてしまう。そうして彼はその日から毎朝そっと、邸宅を囲む生垣の隙間から、半平太の素振りを見るようになった。 やがて半平太は土佐勤王党を結成し、以蔵をはじめ仲間を伴い倒幕を目指して京に上ることになる。彼らは京で、倒幕派と佐幕派、そして京都の鬼を中心勢力とする妖怪たちの戦いに巻き込まれてゆく。 これは武市半平太の陰で動く岡田以蔵の、闘いと葛藤、選択を描いた物語。 *これはpixivで連載しているものを修正したものです
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 33,530 最終更新日 2019.05.09 登録日 2018.12.04
35
歴史・時代 連載中 ショートショート R15
別作品「希うは夜明けの道~幕末妖怪奇譚~」関連の登場人物の日常のお話、短編集です。 本編に出てこない人も出てきたりします。 BLちっくな作品もあったりします。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 5,740 最終更新日 2018.12.07 登録日 2018.12.05
新撰組は、京都を駆ける。 血風を巻き起こしながら。 壬生に屯所があった時期の新撰組を描く短編集(になる予定)。 乱闘、暗殺、御用改めなど、日常の御仕事小説。 schedule 公開:2019.4.1 連載:2019.4.1-4.5
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 34,370 最終更新日 2019.04.05 登録日 2019.04.01
37
歴史・時代 連載中 長編 R15
脱走……それは 新撰組を捨て 懇願する仲間の想いを絶ち切って 自ら壇上へ向かう行い 切腹と云う名の壇上へ…… 山南敬助の想いを私的な妄想でえがいたお話…『恵と凛の妄想幕末1』です
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 6,640 最終更新日 2019.05.30 登録日 2019.04.01
38
歴史・時代 連載中 短編 R15
 時は慶応年間。放浪の旅をしていた無宿人の忠治はある晩を境に殿様として生きて行かなければならなくなった。死んでしまった本物の殿様の替え玉として!  しかし、西からは薩長の討幕軍が迫ってきている! 藩内は恭順か徹底抗戦で分裂している! 忠治あらため綾部正宗の決断はいかに!
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 6,947 最終更新日 2019.05.28 登録日 2019.04.04
・この作品は幕末(日本史)史実の世界に「オメガバースのシステムが存在したら」という前提で書かれています。 ・村田蔵六(大村益次郎)中心に桂小五郎、高杉晋作等長州勢中心。 ・おいおい薩摩勢も出ますが扱いはあんまり良くありません、御注意。 ・最終的には妊娠出産ネタあり。こちらも御注意。 ※1日毎一話更新予定 ※全17話完結予定です ※この作品はpixiv・小説家になろうにも掲載しております
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 84,769 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.08
    梗概  時は幕末。乱世の様相を呈する京都の地にて、何処の組にも属する事なく、薩長の志士を斬り続けている、謎の人斬りが暗躍していた。異名を「断鉄の総助」という。その噂の元に集まった討幕維新の志士の三人、堀田甚蔵(ほったじんぞう)、篠崎悠九郎(しのざきゆうくろう)、倉沢(くらさわ)拓(たく)馬(ま)。彼らは仲間の志士を斬り続ける断鉄の総助を追う任務を担う。 早速、断鉄の総助の探索は始まるのであるが、その最中、断鉄の総助の頬に激しい裂傷がある、という情報を知る。その話に堀田は引っかかる。断鉄の総助という名に、どこか気懸かりをする。自分が江戸に居た頃に知己であった「深町(ふかまち)総助(そうすけ)」という、当時幼さすら残った、一流の剣士を夢見た少年の名前を連想する。 堀田のその気懸かり、また予感は的中し、断鉄の総助の追尾の途中、二人は再会した。断鉄の総助は即ち深町総助だった。堀田と偶然再会した深町は、江戸に居た当時道場剣法の手練で名を通し、また自らも胸を借りた堀田に対して、真剣勝負を所望する。だが、堀田は深町からのその挑戦を受ける事はなく、その場をあとにする。堀田にはその覚悟がなかった。 そんなある日、篠崎が密かに逢瀬を重ねていた倉沢の妹が、京に間もなく帰ってくる事が決まった。と同時に断鉄の総助が東福寺を根城にしている、という有力な情報も得る。いきり立つ篠崎。だが、倉沢の妹が帰ってくる前に任務を果たす、と勇んでしまった篠崎は一人東福寺の乗り込み、逆に断鉄の総助に斬り殺されてしまう。最早、深町総助との対決が必至と悟った堀田は、倉沢に向かってこの一件に対しては自分一人に任せてくれ、と頼む。そんな真剣な眼差しを放ちながら全てを語る堀田に、倉沢は自らが所持していた「とある物」が入った風呂敷包みを黙って手渡す。 そして、雨が降りしきる中、堀田はただ一人、深町総助との決戦の場へと臨んだ。
24hポイント 0pt
小説 57,713 位 / 57,713件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 23,820 最終更新日 2019.04.16 登録日 2019.04.16
54 12