白い結婚→離縁小説一覧

17
1
恋愛 完結 短編
とある事情で、侯爵の妻になってしまった伯爵令嬢の私は、白い結婚を目指そうと心に決めた。でも、身分差があるから、相手から言い出してくれないと困るのよね。勝率は五分。だって、彼には「真実の愛」のお相手、子爵令嬢のオリビア様がいるのだから。だからとっとと言えよな! ※誤字脱字ミスが撲滅できません(ご報告感謝です) ※代表作「悪役令嬢?何それ美味しいの?」は秋頃刊行予定です。読んで頂けると嬉しいです。
24h.ポイント 539pt
小説 2,299 位 / 185,445件 恋愛 1,163 位 / 56,247件
文字数 9,143 最終更新日 2024.05.19 登録日 2024.05.19
2
恋愛 完結 短編
 事実ではない噂に惑わされた新国王と、二年だけの白い結婚が決まってしまい、王妃を務めた令嬢。  離縁を署名する神殿にて、別れられた瞬間。 「やったぁー!!!」  儚げな美しき元王妃は、喜びを爆発させて、両手を上げてクルクルと回った。  元夫となった国王と、嘲笑いに来た貴族達は唖然。  耐え忍んできた元王妃は、全てはただの噂だと、ネタバラシをした。  迎えに来たのは、隣国の魔法使い様。小さなダイアモンドが散りばめられた紺色のバラの花束を差し出して、彼は傅く。 (なろうにも、投稿)
24h.ポイント 710pt
小説 1,735 位 / 185,445件 恋愛 854 位 / 56,247件
文字数 12,883 最終更新日 2023.09.03 登録日 2023.09.03
3
恋愛 完結 長編 R15
隣国から嫁いだ正妃は、夫に全く相手にされない。 夫が愛しているのは、美人で妖艶な側妃だけ。 連れて来た使用人はいつの間にか入れ替えられ、味方がいなくなり、全てを諦めていた正妃は、ある日側妃に子が産まれたと知った。自分の子として育てろと無茶振りをした国王と違い、産まれたばかりの赤ん坊は可愛らしかった。 正妃は、子育てを通じて強く逞しくなり、夫を切り捨てると決めた。 ※長くなりそうなので、長編に変えました。 ※カクヨムさんにも掲載中 ※ 『※』があるところは、血の流れるシーンがあります ※センシティブな表現があります。血縁を重視している世界観のためです。このような考え方を肯定するものではありません。不快な表現があればご指摘下さい。
24h.ポイント 255pt
小説 4,818 位 / 185,445件 恋愛 2,343 位 / 56,247件
文字数 73,605 最終更新日 2023.07.04 登録日 2023.05.08
4
恋愛 完結 長編 R15
長い間止まっていたグレッグ達の爆走、再開いたしましたm(_ _)m 完結まで予約投稿済みです。 怪しげな理由で婚姻の申し入れをしてきたステファン様が強引な結婚式を終わらせて戦地に旅立って5年。漸く帰還した夫を出迎えると第二夫人候補と子供を2人連れていました。 これなら即離婚で良いですね! なんて呑気に思っていたのですが、この子供達が虐待されていると気付いてしまいましたので毒親とは引き離し、わたくしをメイド扱いしていた義両親も毒祖父母になる事間違いなしの方なので排除確定です。 ステファン様の上官、フォレスト公爵様の協力で『切り離し&ざまぁ』⋯⋯準備に抜かりはありません。 巷に蔓延る小説みたいに虐げられてはいませんから結構楽しく暮らしておりましたし、コツコツ証拠集めしてたのが役に立ちそうです。 それにしても、無駄に強力なポジティブ思考の持ち主だなんて言われている影の薄いわたくしの周りに、何故こんなに美形が集まるのでしょう。 『リィ、だっこ』『リィ、いっしょ?』 『おくはぁ、おぷろにはいるとぉ⋯⋯』 反則技連発中です。 ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 完結まで予約投稿済み。 R15は念の為・・ ざまぁはゆるめです。 多分初めての一人称作品です。ご容赦のほど⋯⋯。
24h.ポイント 198pt
小説 6,133 位 / 185,445件 恋愛 2,911 位 / 56,247件
文字数 189,883 最終更新日 2023.07.02 登録日 2023.04.30
5
恋愛 完結 長編 R15
私、シア・エムリスは英知の塔で知識を蓄えた、賢者。 ある日、賢者の天敵に襲われたところを、人獣族のランディに救われ一目惚れ。 自らの有能さを盾に婚姻をしたのだけど……夫であるはずのランディは、私よりも幼馴染が大切らしい。 「だから、王様!! この婚姻無効にしてください!!」 「My天使の願いなら仕方ないなぁ~(*´ω`*)」  ※表現には実際と違う場合があります。  そうして、私は婚姻が完全に成立する前に、離婚を成立させたのだったのだけど……。  私を可愛がる国王夫婦は、私を妻に迎えた者に国を譲ると言い出すのだった。  ※AIイラスト、キャラ紹介、裏設定を『作品のオマケ』で掲載しています。  ※私の我儘で、イチャイチャどまりのR18→R15への変更になりました。 ごめんなさい。
24h.ポイント 220pt
小説 5,606 位 / 185,445件 恋愛 2,659 位 / 56,247件
文字数 134,306 最終更新日 2023.06.14 登録日 2023.05.22
6
恋愛 完結 短編 R15
婚約解消を申し出たら、セパラシオン様は最後に私の名前を呼んで別れを告げてくださるでしょうか。
24h.ポイント 461pt
小説 2,673 位 / 185,445件 恋愛 1,363 位 / 56,247件
文字数 14,278 最終更新日 2023.06.02 登録日 2023.05.25
7
恋愛 完結 短編 R15
婚約してから長年彼女に酷い態度を取り続けていた。 けれどある日、婚約者の魅力に気付いてから、俺は心を入れ替えた。 謝罪をし、婚約者への態度を改めると誓った。そんな俺に婚約者は怒るでもなく、 「ああ……こんな日が来るだなんてっ……」 謝罪を受け入れた後、涙を浮かべて喜んでくれた。 それからは婚約者を溺愛し、順調に交際を重ね―――― 昨日、式を挙げた。 なのに・・・妻は昨夜。夫婦の寝室に来なかった。 初夜をすっぽかした妻の許へ向かうと、 「王太子殿下と寝所を共にするだなんておぞましい」 という声が聞こえた。 やはり、妻は婚約者時代のことを許してはいなかったのだと思ったが・・・ 「殿下のことを愛していますわ」と言った口で、「殿下と夫婦になるのは無理です」と言う。 なぜだと問い質す俺に、彼女は笑顔で答えてとどめを刺した。 愛されていた。手遅れな程に・・・という、後悔する王太子の話。 シリアス……に見せ掛けて、後半は多分コメディー。 設定はふわっと。
24h.ポイント 28pt
小説 21,547 位 / 185,445件 恋愛 9,899 位 / 56,247件
文字数 22,890 最終更新日 2023.05.18 登録日 2023.05.13
8
恋愛 完結 ショートショート
一話完結です。短いです。 ゆるゆる設定です。
24h.ポイント 14pt
小説 29,906 位 / 185,445件 恋愛 13,247 位 / 56,247件
文字数 263 最終更新日 2023.01.03 登録日 2023.01.03
9
恋愛 完結 ショートショート
タイトル通りです。
24h.ポイント 14pt
小説 29,906 位 / 185,445件 恋愛 13,247 位 / 56,247件
文字数 238 最終更新日 2022.06.12 登録日 2022.06.12
10
恋愛 完結 短編
同名のタイトル作品、「お飾り妻は離縁されたい」の主人公、シルフィーナの一人称バージョンになります。 読み比べて下さった方、ありがとうございます。 ######################### 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のわたくしには良縁など望むべくもないとは理解しておりました。 まさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあってわたくしの希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ父と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。  何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 わたくしの人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 女が魔法など覚えなくともいい それが父の口癖でした。 洗礼式での魔力測定ではそれなりに高い数値が出たわたくし。 わたくしにこうした縁談の話があったのも、ひとえにこの魔力量を買われたのだと思っておりました。 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 だから。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 新婚初夜です。 本当に、わたくしが何かを期待していた訳ではないのです。 それでも、ですよ? 妻として侯爵家に嫁いできた身としてまさか世継ぎを残す義務をも課されないとは思わないじゃ無いですか。 もちろんわたくしにそんな経験があるわけではありません。 それでもです。 こんなふうに嫁ぐ事になって、乳母のミーシャから色々教えて貰って。 初夜におこなわれる事についてはレクチャーを受けて、覚悟してきたのです。 自由な恋愛など許される立場ではなかったわたくしです。 自分の結婚相手など、お父様が決めてくる物だとそう言い含められてきたのです。 男性とそんな行為に及ぶ事も、想像したこともありませんでした。 それでもです。 いくらなんでもあんまりじゃないでしょうか。 わたくしの覚悟は、どうすればいいというのでしょう?
24h.ポイント 7pt
小説 36,283 位 / 185,445件 恋愛 16,362 位 / 56,247件
文字数 8,424 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.05
11
恋愛 完結 短編 R15
いっそ……いっそこんな風に私を想う言葉を口にしないでくれたなら、はっきりとペルブラン様のほうを選んでくれたなら捨て去ることが出来るのに、全身に絡みついた鎖のような私の恋心を。
24h.ポイント 106pt
小説 9,471 位 / 185,445件 恋愛 4,593 位 / 56,247件
文字数 29,794 最終更新日 2022.04.13 登録日 2022.03.30
12
恋愛 完結 短編
 婚約が、決まってしまいました。  嫌だと、どんなに泣いて縋っても、覆らない。それが運命だというならば――――  覚悟を決めることに致します。  嘘を一つ、吐きましょう。  身を守る為の嘘。  周囲を欺く為の嘘を一つ。  そして、擬態をするのです。  王子様。わたくしの、婚約者となる王子様。 「貴方は、大切な方です」  と、微笑みながらそれだけを言って、余計な口は一切噤むことに致します。  そう、全てが終わるまでは――――  あとは・・・白い結婚による離縁の申請が通るのを待つだけ、ですわね。  それメリバじゃねぇよっ!? どんな修羅場! 地獄の結婚生活だよっ!? の、割りを食った後の話。
24h.ポイント 14pt
小説 29,906 位 / 185,445件 恋愛 13,247 位 / 56,247件
文字数 4,524 最終更新日 2022.04.01 登録日 2022.04.01
13
恋愛 完結 短編
 デビュタントでお互いに一目惚れしたコーネリアとアレクセイは5年の婚約期間を終えて、晴れて結婚式を挙げている。  誓いの口付けを交わす瞬間、神殿に乱入した招からざる珍客せいで、式は中断・披露宴は中止の社交界を駆け巡る大醜聞となった。  珍客の正体はアレクセイの浮気相手で、彼女曰く既に妊娠しているらしい。当事者のアレクセイは「こんな女知らない」と言い張り、事態は思わぬ方向へ。  神聖な儀式を不浄な行いで汚されたと怒った神官から【一年間の白い結婚】を言い渡され、コーネリアは社交界では不名誉な『お飾り妻』と陰口を叩かれるようになる。  領地で一年間を過ごしたコーネリアにアレクセイは二度目のプロポーズをする。幸せになりたい彼らを世間は放ってはくれず……
24h.ポイント 191pt
小説 6,304 位 / 185,445件 恋愛 3,002 位 / 56,247件
文字数 45,107 最終更新日 2021.07.06 登録日 2021.05.26
14
恋愛 完結 短編 R15
「……助けて」 「ああ、もちろんだ。あんたは俺に愛されるために生まれてきたんだからな」
24h.ポイント 149pt
小説 7,461 位 / 185,445件 恋愛 3,592 位 / 56,247件
文字数 24,199 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.06.20
15
恋愛 完結 短編 R18
結婚三年、子供ができないという理由で夫ヘンリーがずっと身体の関係を持っていた女性マリアを連れてきた。 そして、今後は彼女をこの邸宅の女主として仕えよと使用人に命じる。 正妻のアリーシアは離れに追い出され、冷遇される日々。 離婚したくても、金づるであるアリーシアをそう簡単には手放してはくれなかった。 しかし、そんな日々もある日突然終わりが来る。 それは父親の死から始まった。
24h.ポイント 177pt
小説 6,620 位 / 185,445件 恋愛 3,170 位 / 56,247件
文字数 92,976 最終更新日 2021.06.08 登録日 2021.05.20
16
恋愛 完結 ショートショート
こうしてシンディは幸せに暮らしました、とさ。 前編、後編、おまけ、の三話で完結します。 カクヨム様にも投稿してる小説です。内容は変わりません。 随時、誤字修正と読みやすさを求めて試行錯誤してますので行間など変更する場合があります。 拙い作品ですが、どうぞよろしくお願いします。
24h.ポイント 42pt
小説 17,023 位 / 185,445件 恋愛 8,073 位 / 56,247件
文字数 6,061 最終更新日 2021.06.06 登録日 2021.06.04
17
恋愛 完結 長編 R15
「ディアナ王女、私が君を愛することはない。私の番は彼女、サギニなのだから」 「違います!」 私は叫ばずにはいられませんでした。 「その方ではありません! 竜王ニコラオス陛下の番は私です!」 ──番だと叫ぶ言葉を聞いてもらえなかった花嫁の話です。 ※1/4、短編→長編に変更しました。
24h.ポイント 184pt
小説 6,469 位 / 185,445件 恋愛 3,085 位 / 56,247件
文字数 92,604 最終更新日 2021.04.15 登録日 2020.12.31
17