幼女のお股がツルツルなので徳川幕府は滅亡するらしい

(本文より抜粋)
「ここと……ここ。なの。見て」
 霧が着物の裾を捲って、二人に自分の股ぐらを披露していた。
 な、なにをしておるのじゃ?
 余三郎は我が目を疑った。
 余三郎側から見ると霧の背中しか見えないが、愛姫と百合丸の二人は霧の真っ正面に頭を寄せて彼女の股ぐらを真剣な目で観察している。
「ううむ……ツルツルじゃな」
「見事なまでにツルツルでござるな」
 霧はまだ八歳児だぞ、当たり前だろうが!
 余三郎は心の中で叫ぶように突っ込んだ。
「父様は霧のこれを見て……殺すしかないと仰った。なの」
 二人は目を見開いて息を呑んでいた。聞き耳を立てていた余三郎の顔は驚愕で歪んだ。
 な、なにぃー!? 自分の娘の股ぐらがツルツルだから殺すとな!? 立花家はあれか? みな生まれた時からボーボーじゃなきゃダメなのか?
24hポイント 42pt
小説 8,287 位 / 65,783件 歴史・時代 76 位 / 761件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

草笛双伍 捕り物控え一

歴史・時代 / 連載中 24h.ポイント:21pt お気に入り:2

転生姉妹は異世界で

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:120pt お気に入り:633

間違いで始まるストーリー

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:413pt お気に入り:6

凛の風

歴史・時代 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:3