ご主人様が絶望しているからボクは最高に幸せだよ

人里を遠く離れた山奥に一人で暮らしていた半獣半人(アニオン)のラヴィ。孤独という概念を知らないラヴィは胸の痛みを病気と勘違いして、人間に頭をナデナデしてもらうために人里に降りた。しかしラヴィはアニオンが人間社会では奴隷として扱われているのを知らず「頭をなでて」と不用意に人間に近づいたため村中を追い回されるハメに。大けがをして逃げ込んだのは靴職人のラチアが仕事場にしている小屋だった。村の外れでストイックな暮らしをしている青年ラチアと、自分の感情が何なのかをまだ自覚できないチビッコ半うさラヴィの共同生活&バトル&冒険のお話。

誤字等有りましたら教えてください。あと、感想頂けると嬉しいです。

現在Webコンテンツ大賞に参加しています。よろしクマ~。
24hポイント 14pt
小説 14,470 位 / 60,285件 ファンタジー 3,505 位 / 19,346件