ゆかりさんとわたし

ゆかりさんはわたしの一番の友達で、古風な家に住まう幽霊です。

生まれつき重度の病人だった彼女が幽霊として再びわたしの前に現れてから早三年。この奇妙な関係にも慣れてきました。
当然学校に通うこともできず、日長一日ひとり寂しく広くて古い家の縁側に腰掛け、雲など眺めるゆかりさん。

そんな姿を思い浮かべる時、わたしはとても切なくなります。放っておくことはできません。
だからわたしは可能な限りの時間を使ってゆかりさんと遊ぶことにしました。少しでもいい、彼女の心労が和らいでくれることを願って。

ゆかりさんのためにわたしはいつもお話を持っていきます。それは日常のちょっとしたこと。
奇妙だったり、不思議だったり、不気味だったり、良く分からなかったりする。そんなお話を。

*「小説家になろう」にも投稿しています。
https://ncode.syosetu.com/n4636fe/
24hポイント 0pt
小説 60,319 位 / 60,319件 キャラ文芸 1,559 位 / 1,559件