【完結】寵姫と氷の陛下の秘め事。

 旅芸人のひとりとして踊り子をしながら各地を巡っていたアナベルは、十五年前に一度だけ会ったことのあるレアルテキ王国の国王、エルヴィスに偶然出会う。

「君の力を借りたい」

 あまりにも真剣なその表情に、アナベルは詳しい話を聞くことにした。
 そして、その内容を聞いて彼女はエルヴィスに協力することを約束する。
 こうして踊り子のアナベルは、エルヴィスの寵姫として王宮へ入ることになった。
 目的はたったひとつ。
 ――王妃イレインから、すべてを奪うこと。
24h.ポイント 7pt
1
小説 34,666 位 / 184,873件 恋愛 15,435 位 / 56,185件