ファンタジー 異種族恋愛小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 異種族恋愛×
6
鈴木真理雄は付き合っていた女と結婚を決意したとたんに異世界に落っこちた。 助けてくれた奴によると、ここはときどき世界の境界が薄くなり人が落ちてくるらしい。 それだけなら良かったのだがたどり着いたところはドコともつながらない閉鎖空間。助けてくれたやつもそこに何千年も封印されたとらわれの身。 そのよくわからない存在に魔法などを教わり脱出を計る真理雄。 その課程でかなり無茶なチートを身に備えてしまった。 そんなのが世界を旅してただで住むはずがない。 この話はとおい昔の魔法技術を身につけてしまった主人公。真理雄ことマリオン君が、剣と魔法の世界でじぶんの立ち位置を手に入れ、地道に生きていこうとする物語… あくまで『目指す』物語だ。 美少女獣人少女に出会ったり、魔族なんかに襲われたり、勇者なんかが出て来たり、忘れはずの女が… 真理雄君は何処に行くのか。ドコにたどり着けるのか。 楽園はそこにあるのか? 旅は始まったばかりだ。 以前書いたもののリメイクのつもりで始めたんですが全然別物になってしまいました。残っているのは主人公の名前ぐらいか? 取りあえずよろしくです。
24hポイント 205pt
小説 3,758 位 / 58,990件 ファンタジー 1,149 位 / 19,066件
文字数 300,781 最終更新日 2019.11.01 登録日 2018.06.06
『勇者ファネルの寿命がそろそろやばい。あいつだけ人族だから当たり前だったんだが』  五英雄の一人、人族の勇者ファネルの寿命は尽きかけていた。  その代わりとして、地球という名の異世界から新たな『生贄』に選ばれた日本出身ニートの京野太郎。  その世界は七十年前、世界の希望・五英雄と、昏き世界から来た神との戦いの際、辛くも昏き世界から来た神を倒したが、世界の核を破壊され、1/4を残して崩壊。  残された1/4の世界を守るため、五英雄は結界を張り、結界を維持する為にそれぞれが結界の礎となった。  そして七十年後の今。  結界の新たな礎とされるべく連れて来られた日本のニート京野太郎。  そんな太郎のニート生活はどうなってしまう? というお話なんですが、主人公は五英雄の一人、真祖の吸血鬼ブラムの子だったりします。
24hポイント 14pt
小説 14,843 位 / 58,990件 ファンタジー 3,639 位 / 19,066件
文字数 359,245 最終更新日 2019.10.07 登録日 2019.08.30
ある日突然世界中が眩い光に包まれ、気づくと目の前に見知らぬ世界が広がっていた。 そこは様々な身体的特徴を持った”亜人”の国が存在し、彼らもまた光に導かれこの星に連れてこられた異郷の民であった。 そして地球国家と異世界国家の最初の接触は武力衝突という最悪の形で幕が切って落とされる。 ミサイルを始めとしたハイテク兵器を有する地球国家はその科学力を武器に異世界国家と渡り合うことになるが...。                   始まり   世の中が世界大戦前夜の様相を呈するなか元陸上自衛官、七扇はフランス軍に志願するため日本を出国する。 だが世界大戦が勃発し窮地に陥った彼の前に現れたのは大昔に廃れたはずのレシプロ戦闘機だった。                                    戦いの序章   異世界転移事件以降、欧州を主力とする北大西洋条約機構と猫のような亜人の大国との戦闘は拡大の一途を辿っていた。 猫の亜人の少女チェイナリンは戦闘機パイロットして戦いに身を投じるが戦争は思いもよらぬ方向へ向かい非情な現実を突きつけられる。
24hポイント 7pt
小説 17,483 位 / 58,990件 ファンタジー 4,725 位 / 19,066件
文字数 188,150 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.01.31
親も自分の名前も知らない一匹の人狼。 私は飢えていたのだ。 家族の優しさや温もりに。 ああ、私はこのまま死ぬのだろう....、本当の優しさを知らぬままに。 そう思った時、私の瞳には白髪の男が写っていた。
24hポイント 7pt
小説 17,483 位 / 58,990件 ファンタジー 4,725 位 / 19,066件
文字数 31,084 最終更新日 2019.09.27 登録日 2019.09.10
古びたお城に住まう吸血鬼がひとり。 “エサ”である人間を愛してしまった彼は、 愛するがゆえに生きることを諦める。 しかし、そんな彼を“生かした”のもまた、 人間の愛と人間への愛だった――…。
24hポイント 0pt
小説 58,990 位 / 58,990件 ファンタジー 19,066 位 / 19,066件
文字数 31,086 最終更新日 2019.04.07 登録日 2019.04.07
 延喜の御代にて  あやかしの力というものは、人より強いというものではない。人に勝てぬ身体をして、追われれば飛んで逃げる、弱きあやかしが鳥妖である。空を駆けるために、骨は軽く脆くなり、陸上を立って歩けるだけの人に抱かれると、肋骨が折れるような娘となる。
24hポイント 0pt
小説 58,990 位 / 58,990件 ファンタジー 19,066 位 / 19,066件
文字数 13,058 最終更新日 2019.09.08 登録日 2019.08.20
6