現代文学 旅小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ ×
23
1
現代文学 連載中 長編 R15
圧倒的な容姿に恵まれ、男女を問わず親しみやすい性格を持つ 主人公の涼。 リァ充に満ちた私生活の中で、本物の女性、本物の仲間 そして、バイク旅を求めて繰り広げる物語です。 本物の旅(ツーリング)をしませんか? 本物の恋(彼女)を探しませんか? 本物のバイカーを目指しませんか?
24hポイント 7pt
小説 36,345 位 / 140,425件 現代文学 281 位 / 6,026件
文字数 67,186 最終更新日 2018.02.10 登録日 2016.02.27
池に黄菖蒲が咲く五月、無名の小さな神社。 お寺で不思議な光を見た主人公は、その光が視えるものなら体験できるという不可思議を求めて神社へ向かった。そこに居たのは……。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 8,273 最終更新日 2022.05.10 登録日 2022.05.10
さびれた地方都市の商店街に旅するインフルエンサー【ペンペン】が現れた。 ペンペンが来た町には新しい風が吹き、何かが動き出すという噂さえある。 小さな種火がどう燃え広がるのか 天沼六丁目商店街で起こる出来事を一緒に体験しよう。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 11,536 最終更新日 2022.05.10 登録日 2022.04.26
あの一本桜の木の下で、僕たちは夢を語り合った。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 7,389 最終更新日 2021.08.15 登録日 2021.08.15
心臓が止まり、一度あの世に行った少女はそこである任務を与えられた。それは、ある女性の強い思いを遂げるために、ある少年と出会い旅をする事で、現世で果たせなかった時間を紡ぐことであった。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 2,588 最終更新日 2021.08.06 登録日 2021.08.06
心臓が止まり、一度あの世に行った少女はそこである任務を与えられた。それは、ある女性の強い思いを遂げるために、ある少年と出会い旅をする事で、現世で果たせなかった時間を紡ぐことであった。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 59,816 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.06.28
やさしい、かわいい、たのしい、あかるい、うれしい、ふんわり、のんびり 「わたし」の日常を、ふんわり、毎日書いていました。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 88,512 最終更新日 2021.07.20 登録日 2021.03.21
8
現代文学 完結 ショートショート
人を愛する気持ちは100%よりも80%のほうが良いのかもしれない。 今日より明日はもっと好きになっているかもしれないのだから。 ちょうど900字の短編。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 900 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.28
9
現代文学 連載中 ショートショート R15
その日、上原 弘樹は、寝坊をした。 いつもより遅い時間の電車に乗って、でも、いつもの学校。 けれど、いつもの学校は永久に失われてしまった。 偶然にも、『寝坊』したせいで生き残った彼と、偶然同じ電車に乗った彼女の、旅の話である。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 18,678 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.07.22
10
現代文学 完結 ショートショート
明日、僕らは大人になってしまうから、今日の僕らはきっと旅をしよう。 何の意味も無く、誰の為でもない。―そんな旅をしよう。 みぞれみたいに曖昧な夢の話。 断片的な旅の記録として。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 6,634 最終更新日 2020.05.23 登録日 2020.05.19
11
現代文学 完結 ショートショート
脱サラの隆雄は、訪問販売に転職したものの、営業が下手で商品を売ることができなかった。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 7,311 最終更新日 2020.01.02 登録日 2019.12.29
逢いたい、逢いたい。 気が付くと彼は見知らぬ景色を見つめていた。 そこで待つ不思議な出会い、不思議な時間に揺られて何処へ行く。 突然大切な彼女が消えた。術もなく不安が彼を襲う。学校へ行こうと乗り込んだ電車で、まるで現から消えるように眠りに落ちた彼は、目を覚ますとがらんとした電車の中に居た。見えるのは美しい自然ばかり。そして彼は美しい少年と出会った。この出会いが意味するものとはーー。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 7,619 最終更新日 2019.10.02 登録日 2019.10.02
雨が好きな少年。遠くへ行ってしまった少女と静かな海の凪と重ねて過ごしていた。 ある日、彼は島を出る決心をする。 再び少女と過ごす凪ぐ日々を求めて。 少女に対して淡く色付きだした感情を探しながら旅をする。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 5,020 最終更新日 2019.09.20 登録日 2019.09.20
14
現代文学 完結 ショートショート
  日本ならではの美しい文化である時候の挨拶。 ※縦書きです。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 204 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.08.13
15
現代文学 連載中 ショートショート
  認めた句や最近詠んだ句を集めてみました。共感してもらえるような句が一つでもありましたら嬉しいです。 【好きな俳句】 ・菊の香や奈良には古き仏たち(松尾芭蕉) ・山路きて何やらゆかしすみれ草(松尾芭蕉) ・この道や行く人なしに秋の暮(松尾芭蕉) ・愁ひつつ岡にのぼれば花いばら(与謝蕪村)
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 5,108 最終更新日 2022.04.08 登録日 2019.07.02
「飛び込んだ世界は青く深く澄んで、どこまでも続くように思えた(本文より)」 お題になっていた一枚の写真から書いた小説です。 人ではないけど、人のように書きました。 踏み出す一歩はいつだってこわいけれど、生きるということは、前に進むことなんだと思います。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 1,239 最終更新日 2018.05.21 登録日 2018.05.21
大好きな作家さん……牧原のどか先生が 交通事故で亡くなった。 俺の祖母が 昔、難病で亡くなった。 俺の母が毎日、 亡くなった患者について俺に話す。 俺の病気が見つかった。 昔の怪我の後遺症が見つかった。 原爆を修学旅行で見に行った。 沖縄を家族旅行で見に行った。 この小説は、 今の私の遺書である。 あなたは、死とどのように向き合っていますか?
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 1,270 最終更新日 2017.09.06 登録日 2017.09.06
 私の住んでいる地域の桜は、4月2日に満開になるらしい。だが、そんな話はどうでも良いのだ。    今、私は、パソコンの横に置いた二千円札に大変困らされている。目の前に二千円札が存在していて、その存在が私をひどく困惑させている。ちなみに言っておくが、こんな紙幣があったっけ? などと首を傾げるほど私は世間に疎くはない。  ちゃんと二千円札が、2000年に発券されたことくらい知っている。そして、この二千円札は、2001年の4月の桜が咲いている時期に、私が使った二千円札である。間違いない。16年振りに私の手元に戻ってきたようだ。金は天下の回り物というけれど、これはお金を抽象化した概念であると私は認識していた。具体的に、使ったお札がまた自分の所に帰ってくるなんて想像をしたことなど一度もなかった。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 7,744 最終更新日 2017.03.18 登録日 2017.03.18
失意のうちに旅に出た青年の話
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 3,402 最終更新日 2017.03.17 登録日 2017.03.17
女二人 親友であり家族、そして旅友というごく普通のふたり。 難ありなのは二人とも障害者であることである。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 1,538 最終更新日 2017.03.17 登録日 2017.03.17
なぜ女子大生はこんなにも温泉に行きたがるのか。わからない。何が楽しくて自分の裸を晒さねばない。人の裸を見なくてはならない。羞恥心はどこに置いてきた。しかしながら、断れない、異を唱えられないまま、決行される温泉旅行。……について不満たらたらな女子大生とそれに付き合わされる同居人の話。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 5,558 最終更新日 2017.02.24 登録日 2017.02.24
「普通」の人生を歩んできてこれからも歩むはずだった勇はいきなり余命半年と宣告される。恋人の理華子との関係、立ち上げたばかりの自営業、様々な中で自分の半年を有意義にすごす方法を考える。
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 476 最終更新日 2015.12.05 登録日 2015.12.05
 それらの犠牲は、払われなければなからかったのか。  日本からアメリカ、カナダへ。  隆史は、かつての恋人の遺志を果たす旅に出る。  時を巻き取るような旅。  そこで隆史が見たものは何か。  そして旅の果てに得たものは・・・
24hポイント 0pt
小説 140,425 位 / 140,425件 現代文学 6,026 位 / 6,026件
文字数 45,336 最終更新日 2016.03.04 登録日 2016.02.27
23