BL 両片想い小説一覧

カテゴリ BL
タグ 両片想い×
9
1
BL 連載中 長編 R18
 物心ついた時から、ずっと側にいてくれた彼を、慕っていた。だが想いは、伝える前に霧散する。  彼は、ひとりの女性に心を寄せていた。  自分を見る、彼の態度が変わってしまうなら。  捨ててしまおう。  想う心など、いらない。   ※両片想いの、かなりこじれたすれ違いものです。 ※少年へのこじらせた想いを持つ竜×素直になれない少年の物語です。 ※後半に竜姦要素がございますので、ご注意下さい。 ※『★』印のついている回はR-18シーンがありますので、ご注意下さい。  
24hポイント 560pt
小説 1,538 位 / 60,529件 BL 218 位 / 5,184件
文字数 223,789 最終更新日 2019.12.08 登録日 2019.03.03
2
BL 連載中 長編 R15
本編完結しました! 最後まで閲覧ありがとうございました(*´ω`*) 不定期ですが番外編を更新中です♪ 今後ともよろしくお願いします( ̄∇ ̄*)ゞ R-18版は別枠で投稿予定になります。 そちらもよろしくお願いしますm(_ _)m pixivで先行配信中。 以下、pixivより。 ***** 幼い頃に出会った美少女。 ずっとずっと好きだった。 初恋は実らないと言うけど、 まさかの理由で実らない事を知った。 頑張れ、俺! ***** 閲覧ありがとうございますm(_ _)m 通称【おれつか】はBL作品です。 昔、ちまちま書いていた世に出していなかった作品のプロットを大幅に手直しして書いてます。 最早、原型を留めていませんw 携帯が延べ棒時代の仕様だったり、呼び出し方法がポケベルだったりで時代の流れを感じましたw 設定甘いトコとかあるかと思いますが、そこは生暖かくスルーして下さるとありがたいです(^人^;) 本編は全部で45話の予定でしたが、1話が長すぎた場合は調整が入りますのでズレが生じる事もあります。 ご了承下さいm(_ _)m 完結までストックがあるので、1日1話配信を目指してます。 忘れっぽいので、思い出した時に配信するから1話以上や以下になる事も。。。σ( ̄∇ ̄;) 最後の方に非人道的な表現が出てきますのでご注意下さい。 その回には※表記します。 たいした表現は無いと思いますが、R指定の判定が自分では解らないので一応R-15にしました。 45話じゃ終わりませんでした(*´∇`*;) 50話完結です。 もう少しお付き合い下さいw 2019.09.20.完結致しました♡ ありがとうございました(*´∇`*) ***** 【おれつか】はほんっとーにずっと、長い間暖めてきた作品なので思い入れが強いです。 本編はプロットの5分の1程度しか使えなかったけどw まだまだ2人以外の話も書きたいし、過去なんかも書きたいし、その後も書きたいので、思い付くままに番外編を書いていきたいと思ってます。 慣れないR-18系も細々書いていきたいのですが、表現は乏しいので生温い目で見守って頂けたらと思います。 今後とも【おれつか】をよろしくお願いします(*´ω`*) ※誤字脱字があった場合は、ご報告頂けたらありがたいです。人( ̄ω ̄;)
24hポイント 85pt
小説 5,766 位 / 60,529件 BL 825 位 / 5,184件
文字数 88,558 最終更新日 2019.11.22 登録日 2019.08.24
3
BL 完結 短編 R15
幼い頃の初恋。 そんな初恋の人に、今日オレは嫁ぐ。 しかし相手には心に決めた人がいて…… ※擦れ違い ※両片想い ※エセ王国 ※エセファンタジー ※細かいツッコミはなしで
24hポイント 85pt
小説 5,766 位 / 60,529件 BL 825 位 / 5,184件
文字数 24,154 最終更新日 2019.10.19 登録日 2019.10.19
4
BL 完結 長編 R18
絶対に報われない片想い。 幼馴染みに恋をした。 けれどあの子には相思相愛な彼がいる。 押しつぶされそうな感情を持て余した時 優しい笑顔に救われた。 いつの間にか芽生えていた想い。 それはいままでとは違う蜂蜜みたいな恋。 それ気づいた時、身動きできない自分がいた。 想いが募るのに告げられない。 臆病で弱い自分に何度も涙がこぼれた。 それでも手放せない想いがある。 好きです――その想いを伝えられたなら へたれ熊×奔放な男前 本編:全83話 番外編:全21話 ※コンビニスピンオフ ※本編コンビニ、桜色の恋はじめましたを未読でも読んでいただけます。 ※作中、桜色の恋はじめましたと被る部分が出てきますが、話の流れは変えずにあえて台詞や展開をアレンジしております。 ※一ページの文字数に大幅なバラツキがあります。 あらかじめご了承ください。 ※表紙イラストはるしさんに描いていただきました。
24hポイント 28pt
小説 10,855 位 / 60,529件 BL 1,558 位 / 5,184件
文字数 183,374 最終更新日 2019.10.18 登録日 2019.07.09
5
BL 完結 長編 R18
西国から東国に派遣された騎士団員のカノン。その生まれゆえに自己評価の低い彼が東国で出会ったのは、美しい一人の侍医だった。彼に心惹かれるカノンだったが……。 ヘタレ攻め×襲い受けのくみあわせです。今後、攻めが受け以外に襲われる描写が出てきます。また予告なく性描写が入ります。あらかじめご了承ください。 『【連載版】龍の望み、翡翠の夢』と、『梅の芳香、雨の音色~あなたに捧げる愛の証~』のスピンオフとなります。『梅の芳香、雨の音色』に出てくる楼主の恋人が主役です。二作品を未読でも問題ありませんが、世界観の設定などがご入用でしたら、こちらをご参照ください。 第一話での楼主視点が気になる方は、『【連載版】龍の望み、翡翠の夢~おまけの小話~』へどうぞ。こちらの第三十五話が、第一話と対応しております。 こちらはムーンライトノベルズにも投稿しております。
24hポイント 14pt
小説 15,271 位 / 60,529件 BL 2,150 位 / 5,184件
文字数 56,175 最終更新日 2017.08.09 登録日 2017.07.20
6
BL 連載中 長編 R18
***ほんのりエロいBL予定。なのでエロが読みたい!という方には物足りないです。内容重視なのでご勘弁ください*** 人間が衰退し、獣人と人間の混血が当たり前の時代。ユズルはライアに恋をしていた。しかし自身が男であること、また過去の出来事で「ぼくは出来損ないなんだ」と思い込んでいることでその気持ちを伝えることができない。ライアのそばに友人としていられるならそれでいい。そう思っているユズルとライア、周りの友人や家族との日常的恋愛話です。 セクシャルに、友人関係に、それぞれ悩むユズルとライアの結末をのんびりと見届けてくださいますと幸いです。
24hポイント 7pt
小説 18,097 位 / 60,529件 BL 2,667 位 / 5,184件
文字数 46,374 最終更新日 2019.02.04 登録日 2019.01.21
7
BL 完結 長編 R18
憂鬱な雨が紛れればいい、そう思っただけだった 雨の降り続く日に、宏武は公園でリュウと出会う。 ぼんやりと遠くを見つめる彼の目にはなにも映っていないようだった。 そんな様子を放っておけない気持ちになった宏武は彼に傘を差し掛ける。 なにげない気持ちでリュウを拾うけれど、いつしか彼の存在に癒やしを感じるようになっていた。 この先に訪れる別れを知りながらも、少しずつ宏武の心は傾き始める。 雨音が紡ぐ出会いと別れの物語 表紙絵は尾張屋らんこさんに描いていただきました。
24hポイント 7pt
小説 18,097 位 / 60,529件 BL 2,667 位 / 5,184件
文字数 71,470 最終更新日 2018.11.28 登録日 2018.11.07
8
BL 連載中 長編 R18
R-18/同級生/プロサッカー選手/花屋店員/ノンケ健気攻/ゲイ純粋受/etc. 【サッカー選手×花屋店員】 ガーデニングが好きな宅福 史壱(ヤカネ フミイチ)は、高校時代からの彼氏が、友人である遠藤 修斗(エンドウ シュウト)への当て付けで自分と付き合っていたことを知り、大学の時に彼と別れる。それを機に、修斗とは距離を置き、連絡も一切取らなかった。 高校の時から史壱に好きだと迫っていた修斗は高校を卒業してプロのサッカー選手になり、二年前から外国の有名チームと契約をしており、日本には殆どいない。史壱は修斗と会うこともないだろうと安心していたのだが、その矢先、正社員として勤める花屋に修斗が訪れ、止まっていた二人の時間は大きく動き出すのだった。 *不定期更新。 性描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。 当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。 タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。 此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。 また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。 「性教育はコッソリと」スピンオフ作品となります。 一部連動することもあり、ネタバレなど含まれる可能性もあります。 以上のことご理解頂けたらと思います。
24hポイント 0pt
小説 60,529 位 / 60,529件 BL 5,184 位 / 5,184件
文字数 9,824 最終更新日 2019.05.31 登録日 2018.07.08
9
BL 完結 短編 R18
いつものように、大学の敷地内にある庭で親友の江口と昼食を取っていた。 「なぁ、木場田、俺らそろそろ、付き合わねぇ?」 「...ハ?」 親友が言い出した言葉に、絶句した。 ※当作品は、エブリスタでも同時公開しております。
24hポイント 0pt
小説 60,529 位 / 60,529件 BL 5,184 位 / 5,184件
文字数 1,657 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.06.11
9