信仰小説一覧

タグ 信仰×
10
すべては<至高の存在>の思し召し。。。 1.堕落ですね  <天上界>に入るのに必要な条件 2.大罪人  審判など受ける必要は ございません 3.そんな訳が。  他人の命を救った事で、自分の人生が… 4.誠に遺憾  正しい行いをした咎で
24hポイント 28pt
小説 22,069 位 / 139,909件 ライト文芸 457 位 / 5,998件
文字数 6,790 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.18
2
恋愛 完結 短編 R18
女神ワイズは現代社会から天城リヒトを召喚して勇者にし懸命に魔王と邪神と戦った。 だが、力及ばず...魔王に勇者が負け、ワイズさえも邪神に敗れて行き場を失う。 行き場を失った二人は、逃げ延びる先を『現代社会』を選んだ。 そして現代社会に来た二人は...生活に困った所、『この世界の信仰が可笑しな事に目を付け』女神教を広める事にした。 全体的に緩い話ですが...ちょっとだけ下の要素を含みます。 ※この作品は宗教、神、仏、宗教者にたいする冒とくの表現を含みます。 ※その為、全体的にほのぼのですが、かなり不快感を感じる話もあります ※内容は『こちらに都合の良い』話や説を使っていますので『違う』というのはご遠慮願います。 ※ややほのぼの、残酷な描写はマイルドにしましたがそれでも多少は出てきます。 あくまでこれは小説で架空の話し...それが解る方のみ読んで頂ければと思います。 恋愛カテゴリーにしたのは『女神へ愛』それがテーマだからです。 少し偏っています。
24hポイント 14pt
小説 29,096 位 / 139,909件 恋愛 13,400 位 / 43,190件
文字数 12,030 最終更新日 2021.05.21 登録日 2021.05.12
アイルーミヤ将軍は、闇の王の部下として、王の封印を解くべく働いている。 そんなある夜、城に迷い込んだ靴下猫を拾って飼う事にする。 一方で、敵である光の女王の重要拠点を手に入れはしたものの、その際のミスを咎められ降格。新たな任務を命令される。 それは、そもそも闇の王が封印された理由を調査せよというものだった。 アイルーミヤは靴下猫を可愛がりつつ、闇の王のため、新たな任務を果たそうとするが、それが思いもよらない冒険に繋がっていく。 *「カクヨム」に投稿しています(名義:@ns_ky_20151225)。 *「小説家になろう」に投稿しています(名義:naro_naro)。 *「エブリスタ」に投稿しています(名義:estar_20210224)。 *「ノベルアップ+」に投稿しています(名義:novelup20210528)。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 ファンタジー 34,281 位 / 34,281件
文字数 101,280 最終更新日 2021.09.03 登録日 2021.07.26
毎朝教会に通う信心深い少女の前に現れた悪魔。 魂の輝きに目を付けられ契約を迫られる少女の身に事件は起こってしまう。 信仰と人情の間で葛藤の末、少女の決断は何を呼ぶのか。 前半でばら撒かれた疑問や伏線は後半に行くにしたがって回収されます。 二転三転するクライマックスにもご注目下さい。 この作品はフィクションです。実在する宗教、団体、書物とは一切関係ありません。また特定の宗教を非難したり攻撃したり曲解させる為のものでもありません。登場人物が宗教に対して意見を述べるシーンもありますがあくまで登場人物の意見です。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 キャラ文芸 3,367 位 / 3,367件
文字数 256,672 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.06
信仰が生活の規範となるその世界は、神殿によって支配されていた。少年カイネもまた、神の恩恵を疑うことなく日々を過ごしていたが、ある日突然、その暮らしが破られる。彼の村は襲撃者によって破壊され、カイネと親友のローグは二人きりで残された。神への信仰を失った彼らは、神殿に反旗を翻そうとしている『反乱軍』の元へ身を寄せる。やがて月日は流れ、成長したカイネとローグはある日神殿に忍び込むことを企てる。そこで二人が出会ったのは、『神の娘』と崇め奉られる少女シィンだった。復讐心からシィンを拉致したカイネだったが、共に過ごすうち明かされていく彼女の真の姿に、次第にその気持ちは変化していき……
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 ファンタジー 34,281 位 / 34,281件
文字数 102,416 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.08.21
僕は、<神>だ。 人間達は僕を<神>と呼ぶ。 だけど僕は、自分が何なのか知らない。確かに僕が思うだけで空は荒れ狂い地面は激しく揺れ、海が二つに割れることもある。 でも僕は、自分にどうしてそんなことができるのか、その理由を知らない。 僕は死なず、老いず、傷付かず、朽ちることがない。そうやって数万回、季節が巡るのを見守ってきた。 そんな僕を人間達は<神>と呼ぶ。 そう呼ばれることを僕は望んでもないのに、勝手にそう呼ぶんだ。 だから普段は、人間達の前には姿を現さないようにしていた。僕の気配を感じると人間達は勝手に、畏れ、崇め、敬うから。 やめろ…やめてくれ…… お前達がそんなことをするから僕はここから動けないんだ。人間達の<想い>が、僕をここに縛り付ける。 それを引きちぎって行くこともできなくはない。だけど僕はそれを選択できない。何故かって? 彼らが僕に<想い>を寄せることで、彼らは僕の<眷属>となり、彼らの<命>の一部を僕に預ける形になっているからだ。僕が彼らを見捨てていけば、彼らはその命を全うできずに死ぬ。 僕は滅ぶことのない存在だけど、だからこそ死ぬことができる彼らが羨ましい。 彼らが<死>を享受できることが妬ましいんだ。だからこそ僕は彼らに安易な死を与えたくない。不愉快だから。死ねない僕の前で死の安らぎを享受する彼らが許せないから。 生きろ。 人間達よ、生きろ。 生きることこそが、僕がお前達に与える<呪い>だ。 痛み、苦しみ、渇き、妬み、嫉み、悲しみ、憎しみを抱えて生きていけ。どうせお前達は、死ぬことでそれから逃れられるのだから。 けれど、最近、人間達は徐々に僕のことを崇めなくなっていった。僕を崇めなくても、何やら作物を上手く実らせる方法を見付けたらしい。 何かと言えば人間達が用意していた<生贄>もぱったり来なくなった。 おかげで僕は安穏とした時を過ごせていた。人間達に煩わされることなく。 なのにある時、大変な干ばつがあった。雨がまったく降らず作物は育たず、それは、大飢饉をもたらした。 僕は何もしてない。いや、もしかしたら何もしなかったから……かな? すると人間達はまた、僕の前に一人の女の子を寄越した。生贄だ。 ああ、もう、どうしてこうなるんだ…… こうして、僕と、生贄の少女<ヒャク>との日々が始まったのだった。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 ファンタジー 34,281 位 / 34,281件
文字数 110,165 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.09.17
7
恋愛 完結 ショートショート
「今日も愛する聖女(幼女)様の笑顔を守るぞ!」 「「「「「イエッサー!」」」」」 愛らしい幼女のため周囲ががんばる話。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 恋愛 43,190 位 / 43,190件
文字数 1,739 最終更新日 2020.05.31 登録日 2020.05.31
8
SF 完結 長編
近未来のSFです、ある店舗から物語が始まります。 数人の登場人物の各視点から見ての一つの壮大なストーリーが展開されます。 人々の願い、夢、執念、愛、願望、執着が交差します。 GNNなSFの世界観を描いています,よろしくお願いします。 登場している全ての事柄は架空の産物です。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 SF 3,869 位 / 3,869件
文字数 81,495 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.04.23
 長く苦しい人生に終止符を打つべく、島津生哉はある日飛び降り自殺を図る。死ぬ間際に奇妙な光景を見た彼だったが気が付くとそこには見知らぬ少女がいた。少女には身に響く言葉を浴びせられ、再び目が覚めるとそこは異世界。しかし彼は死ぬ事が目的であるために早速自殺を図るも――死ぬ事は叶わず。少女――アルヴが死ねないようにすると言っていた事を思い出す。  その世界は信仰が色濃く、しかもアルヴが広く進行されている世界だった。ボードというものが存在し、ボードの角数が多いほどその者の能力は高く、また、ボードは人生そのものといっても過言ではなかった死にたい自分を不死者にした神を恨みながらも、死ぬ方法はあると彼女は言っていたため、死ぬ方法を彼は探すのであった。 ※ノベルアップでも投稿しています
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 ファンタジー 34,281 位 / 34,281件
文字数 174,603 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.03.31
 世はまさに地獄。  悪党が溢れ、権力者は悪政を敷き、力の無い者は飢えに苦しむ。正義の光は既に無く、僅かに発生しても即座に潰された。  世界の道理は全て悪に染まる。公平・平等の言葉は当の昔に世から消えた。  世界・ブラットは何処までも蹂躙する者とされる者に分けられ、憂う者には死の鉄槌が下される。    その世界で生まれ、生活する一人の男が居た。  農民として暮らし、武器も振るえず、されど世界に染まらず普通を謳う。死ぬ事を決定付けられた存在はしかし、如何なる因果か奇跡と出会った。  これは一人の男が全員に勘違いされながら歩む世界浄化のお話。――愛と勇気を謳う、創生の王・マリンが歩む道程である。
24hポイント 0pt
小説 139,909 位 / 139,909件 ファンタジー 34,281 位 / 34,281件
文字数 32,888 最終更新日 2019.03.21 登録日 2019.03.09
10