アルゴノートのおんがえし

主人公のセスは、この世界で「アルゴノート」と呼ばれる探索者を生業にしている。

ある日、組合でくつろいでいたセスは、帝都への旅の護衛を依頼しにきた貴族令嬢のシルキィと出会った。

この依頼に興味をもったセス。シルキィの付き人のティアとの立ち合いで実力を認められ、セス、シルキィ、ティアの3人組での旅がはじまることとなった。

アルゴノートには粗暴なものが多いことから貴族からは蔑まれることが多く、シルキィのセスに対する態度も例に漏れないものであった。

その一方で、シルキィには「レイヴンズストーリー」という過去に実在した剣闘士とヒロインの恋愛小説を好む少女らしい一面もあった。

戦乱の世のため治安は悪く、セスたちは先々でトラブルに巻き込まれつつ帝都を目指す。

そんな道中で「レイヴンズストーリー」の舞台である町に立ち寄ったことから、ストーリーは大きく動き出すのであった。



※あらすじはWEB小説レビューサイト「かぴばーれ!」様より拝借いたしました。
24hポイント 0pt
小説 84,885 位 / 84,885件 ファンタジー 24,584 位 / 24,584件