幸せとは小説一覧

タグ 幸せとは×
15
1
恋愛 完結 ショートショート
サミュエル・レオンジ公爵令嬢と王太子様とミシェル・モレン公爵令嬢はいとこ同士で幼い頃から王宮で一緒に遊ぶことが多かったのでした。 ある日、3人で王宮の庭園で遊んでいると大きな穴にミシェルが落ちてしまいました。 その一画は、庭園の木や花を植え替え中で、侵入禁止のキラキラ光るテープがはられているはずでしたのに、それがなかったので3人は、そこで鬼ごっこをしたのでした。 ミシェルは足を大けがして車椅子でないと移動できなくなってしまいました。 サミュエルと王太子様は、実は思い合っていて、婚約するはずでしたが、この事故でミシェルと王太子様が結婚することになりました。 やがて、サミュエルは悪女と、ミシェルは聖女と社交界では呼ばれるようになったのですが・・・・・・この二人はどのような人生を送ることになったのでしょうか? 5話完結
24hポイント 71pt
小説 10,085 位 / 125,476件 恋愛 4,357 位 / 35,899件
文字数 6,485 最終更新日 2021.02.07 登録日 2021.02.06
2
恋愛 完結 長編 R18
──女の幸せってなんだろう?── 恋愛、仕事、結婚、妊娠、出産、育児… ──夫婦ってなんだろう?── 生涯の伴侶、永遠の愛、家族… 裏切り、浮気、不倫… 結婚7年目の逸樹と紫恵 そして二人の身近な人たちの それぞれの常識と価値観、幸せのかたち 人を愛するということは 甘さや優しさだけでなく 時に痛みも伴うものなのかも知れない
24hポイント 14pt
小説 22,270 位 / 125,476件 恋愛 9,138 位 / 35,899件
文字数 92,729 最終更新日 2021.02.04 登録日 2021.01.17
3
BL 連載中 短編 R15
気付けば、この人生も以前と同じ 蔑まれ、虐げられ、壊されていく日々を繰り返していた。生きる希望も無く、ただ淡々と心を閉ざし犯され続けた。 とある事件から奴隷契約をされたままの状態でお屋敷からある森に棄てられた異種族の少年が死を描いた時に、その森を管理する一人の貴族の青年に救われる。 その事が切っ掛けで、彼の世界が彩られていく。 望まなければ、願わなければ、抱かなければ、心何て無くしてしまえばと心に深い傷を負っている異種族の少年とそれでも真髄に向き合い折れない信念で暖かく思慮深く立ち向かってくる青年のそんな物語り。 な筈……? 「顔が好みなんだよな……」 「あの……近っ……」 やっぱり距離が変だよね? 表現の練習のために描いています。 書いてる内に何処までどうしようかとか悩んでます。 しおり、お気に入り励みになるので宜しくお願い致します! ※一部に卑猥、残虐表現の描写があります。 男色、BLも寛容な世界、男女関係もあります、そういう世界観です。 気付いたらギャグシリアスもどきになってる気がしてきました。 R18にしてましたが、R15に変更致しました。 苦手な方はバックして下さい。
24hポイント 7pt
小説 26,688 位 / 125,476件 BL 5,411 位 / 13,600件
文字数 92,925 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.05.22
4
恋愛 連載中 長編
私と彼の儚い3年の物語。 始まりは終わりのはじまりだと誰かが言っていた。 あの頃の私はまだその言葉の意味を理解できない子供だった。 どうして私ばかりこんな思いをしなくてはいけないの? 毎日浮かんでは積もってゆく暗い気持ちが私自身を少しずつ蝕んでいった。 もう一度あの頃に戻れたのなら、何か違っていたのだろうか。 誰にでも秘密、悩み、歪んだ思いがあるだろう。 家族とは何か、友達とは何か、幸せとは何か、愛とは何か。 25年間の人生のなかで最も儚く、そしてもっとも自分自身の愚かさや醜さと向き合った私の時間。  その全ては彼と過ごしたこの日々と共にある。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 恋愛 35,899 位 / 35,899件
文字数 3,334 最終更新日 2021.10.14 登録日 2021.09.08
5
恋愛 完結 ショートショート
自殺直前まで追い詰められていた彼女を助けてしまった僕の試行錯誤を描いた。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 恋愛 35,899 位 / 35,899件
文字数 7,665 最終更新日 2021.01.11 登録日 2021.01.11
えっ、みんなあの時嫌だと思っていたの!? 私は面白いと思っていた……。あー、あの時何も言わなくて良かった。黙っていたから運良く、自分だけ意見が違うってバレなかった。なんて思いつつなんとなくやり過ごす。そういうとき、まわりの人たちはみんな同調していたから、人間の集団とは全員同じ意見を持つものなんだなと思っていた。自分だけがその集合体から外れているんだと。けどもしかしたら中には、なんとなくその時その時の空気に合わせている人もいたのかな。違う意見だけど黙っている人もいたのかな。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 エッセイ・ノンフィクション 4,398 位 / 4,398件
文字数 1,443 最終更新日 2021.01.12 登録日 2021.01.12
すごく愛されてモチーフとしてもよく使われ、人間に親しまれている生き物と、知名度は高いが嫌われている生き物と、知名度のないマイナーな生き物。何が違うのだろう。人間に愛されているかどうかなんて多分、生き物にとっては関係ない。とはいえ、害があるからと駆除される生き物がいたり、盛んに植えられる植物があったり、不吉だとされる生き物が殺された歴史があったり、動物が密猟されたりと、人間の行動や生き物に対するイメージは時に生き物に影響を及ぼす。愛されてても嫌われててもマイナーでもそれぞれ受難はあるだろう。理不尽な世界だ。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 エッセイ・ノンフィクション 4,398 位 / 4,398件
文字数 1,432 最終更新日 2020.12.30 登録日 2020.12.30
「やりたいことをやろう」と言われても自分のやりたいことが分からなくて困る、という方もいるそうだが、私は逆にやりたいことだらけで困っている。あれもこれもやりたくてエネルギーが分散している気がするし、やりたいことをお金にもできていないし。そんなわけで人それぞれ課題だか目的だかは違うのだろうから、人の幸福論や理想論に乗ったところで自分の幸せにはたどり着かないんだろうなぁ。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 エッセイ・ノンフィクション 4,398 位 / 4,398件
文字数 2,690 最終更新日 2020.12.29 登録日 2020.12.29
現在幼い子の育児真っ最中の主婦。「幸せ」をひとつひとつ認めながらも、自分の浮いてくることのない心に影が差す。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 3,657 最終更新日 2020.11.02 登録日 2020.11.02
誰か一人を愛したことのない人間に、人類愛が分かるのだろうか? 一匹の猫を、犬を、小鳥を、ハムスターを愛したことのない人間に、生き物愛が分かるのだろうか? それでも、何も持っていないからこそ言えることもある。人に懐く生き物だけが尊い命なわけではない。ムカデもゴキブリも同じ命なのだと。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 エッセイ・ノンフィクション 4,398 位 / 4,398件
文字数 337 最終更新日 2020.09.25 登録日 2020.09.25
11
現代文学 完結 ショートショート
小さい頃読んでいた絵本は1ページ1ページ味わっていたのに、今ネットで何気なく見る1ページ1ページはあの頃のように味わえていないかもしれない。あの頃より見られる情報の数も、画像の数も多いのに。 途中でこぼしてきてしまったかもしれない、何かを思い出したい。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 現代文学 6,237 位 / 6,237件
文字数 1,053 最終更新日 2020.09.17 登録日 2020.09.17
一生劣等感を抱えて生きていく覚悟も、立派な人を目指す勇気も、「すべての命に価値がある」と揺らぐことなく信じ続ける力も持てないまま、今日もあちこちになびいている。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 エッセイ・ノンフィクション 4,398 位 / 4,398件
文字数 5,964 最終更新日 2020.09.11 登録日 2020.09.11
13
恋愛 完結 短編
私の恋人が、死んだ。
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 恋愛 35,899 位 / 35,899件
文字数 15,363 最終更新日 2020.12.12 登録日 2020.08.04
14
恋愛 完結 ショートショート
貴方の前に二つの果実があります。 一つはとても甘い果実。 もう一つはそれ以上に甘い… しかし後味が苦い果実。 貴方はどちらを選びますか?
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 恋愛 35,899 位 / 35,899件
文字数 3,858 最終更新日 2020.03.12 登録日 2020.03.12
 或るひとりの孤独な女が、「幸せ」を切に願い、巷で、幸せになれると噂されている「蒼い鳥」を手に入れた。 しかし、待てど暮らせど、女に「幸せ」は訪れない。  或る日、少年が、鳥籠の扉を開け放ってしまったため、女は、唯一の心の拠り所の「蒼い鳥」を喪ってしまった。 絶望した女は、少年を殺めてしまう。  誰よりも「幸せ」を強く願った女が、最期に見出した「幸せ」とは?
24hポイント 0pt
小説 125,476 位 / 125,476件 児童書・童話 2,276 位 / 2,276件
文字数 2,206 最終更新日 2019.09.29 登録日 2019.09.28
15