華族小説一覧

21
1
BL 連載中 長編
森の奥深くにある小さな屋敷には噂があった。 月が満月の夜、黒い何かが月光と共に現れ、ヒラヒラと舞い、夜を支配するという____ __ 都市部分を統べる国の息子が一人で旅に出ることにした。お金もプライドも全て捨て、自由の時間を楽しんだ。野宿をしようと暗い森を進んでいくとポツンと小さな屋敷を見つける。 そこで王子が見たものは_____ 貴族×一人孤独で屋敷に住む男爵
24h.ポイント 113pt
小説 8,567 位 / 185,001件 BL 2,030 位 / 23,932件
文字数 632 最終更新日 2024.05.19 登録日 2024.05.19
2
恋愛 連載中 長編 R15
いつかおっかあと暮らす。 そう夢見ていたのに、おっかあはとっくのむかしに死んでいた。 その悲しみをあやかしに魅入られて、私を襲った奉公先の坊っちゃんを殺そうとしたところを通りすがりの青年に止められる 彼はこの世ならざるモノを祓う祓い師だった 彼とともに過ごしながら私は自分が何者なのか知ることになる 華族の青年と元奉公人の愛憎と切ない恋物語 ※他サイトにも投稿
24h.ポイント 7pt
小説 35,648 位 / 185,001件 恋愛 15,479 位 / 56,210件
文字数 83,423 最終更新日 2024.05.18 登録日 2023.08.07
3
BL 連載中 長編 R15
太平天帝国では5年ほど前から第一天子と第二天子によって帝位継承争いが勃発していた。 主人公、新田大貴子爵は第二天子派として広く活動していた亡き父の跡を継いで一年前に子爵家を継いだ。しかし、フィラデルフィア合衆国との同盟締結を取り付けた第一天子の功績が認められ次期帝位継承者は第一天子となり、派閥争いに負けた第二天子派は継承順位を下げられ、酷い場合は爵位剥奪のうえ、帝都江流波から追放された華族もいた そしても大貴その例に漏れず、邸宅にて謹慎を申し付けられ現在は華族用の豪華な護送車で大天族の居城へと向かっていた 即位したての政権が安定していない君主と没落寸前の血筋だけは立派な純血華族の複雑な結婚事情を描いた物語
24h.ポイント 7pt
小説 35,648 位 / 185,001件 BL 9,257 位 / 23,932件
文字数 49,920 最終更新日 2024.04.18 登録日 2023.02.01
4
恋愛 完結 長編
「私は君に、愛など与えない」 大正時代。 楓は両親と死に別れ、叔父の堀下子爵家に引き取られた。 しかし家族としては受け入れてもらえず、下働きの日々。 とある日、楓は従姉妹の代わりに、とある資産家のもとへ嫁ぐことになる。 しかし、婚家で待っていたのは、楓を拒否する、夫・健斗の言葉で・・・。 これは、不遇だった少女が、黒の国・日本で異端の身の青年の心をほぐし、愛されていくまでのお話。
24h.ポイント 28pt
小説 20,801 位 / 185,001件 恋愛 9,155 位 / 56,210件
文字数 101,344 最終更新日 2024.04.07 登録日 2024.02.09
5
恋愛 完結 長編 R15
時は大正、自由恋愛の許されぬ時代。 社交界に渦巻くのは、それぞれの思惑。 田舎育ちの主人公・ハナは帝都に憧れを抱き上京するも、就いたのは遊女という望まない仕事だった。 そこから救い出してくれた王子様は、帝都一の遊び人で色男と言われる中条公爵家の嫡男、鷹保。 彼の家で侍女として働くことになったハナ。 しかしそのしばらくの後、ハナは彼のとある噂を聞いてしまう。 「帝都一の色男には、誰も知らない秘密があるんだってよ」 彼は、憎しみと諦めに満ちた闇を持つ、悲しき男だった。 「逃げ出さないでおくれよ、灰被りのおひいさん」 ***** 帝都の淑女と記者の注目の的 世間を賑わせる公爵家の遊び人 中條 鷹保 ✕ 人を疑うことを知らない 田舎育ちの純朴少女 ハナ ***** 孤独なヒロイン・ハナは嘘と裏切り蔓延る激動の時代で 一体何を信じる? ※大正時代のはじめ頃の日本を想定しておりますが本作はフィクションです。
24h.ポイント 14pt
小説 29,080 位 / 185,001件 恋愛 12,431 位 / 56,210件
文字数 102,915 最終更新日 2024.02.15 登録日 2024.01.26
士農工商の身分制度は、御一新により変化した。 元公家出身の堂上華族、大名家の大名華族、勲功から身分を得た新華族。 明治25年4月、英国視察を終えた官の一行が帰国した。その中には1年前、初恋を成就させる為に宮家との縁談を断った子爵家の従五位、田中光留がいた。 日本に帰ったら1番に、あの方に逢いに行くと断言していた光留の耳に入ってきた噂は、恋い焦がれた尾井坂男爵家の晃子の婚約が整ったというものだった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 キャラ文芸 4,366 位 / 4,366件
文字数 230,360 最終更新日 2024.01.31 登録日 2022.12.30

大正石華恋蕾物語

レンタル有り
■一:贄の乙女は愛を知る 旧題:大正石華戀奇譚<一> 桜の章 ――私は待つ、いつか訪れるその時を。 時は大正。処は日の本、華やぐ帝都。 珂祥伯爵家の長女・菫子(とうこ)は家族や使用人から疎まれ屋敷内で孤立し、女学校においても友もなく独り。 それもこれも、菫子を取り巻くある噂のせい。 『不幸の菫子様』と呼ばれるに至った過去の出来事の数々から、菫子は誰かと共に在る事、そして己の将来に対して諦観を以て生きていた。 心許せる者は、自分付の女中と、噂畏れぬただ一人の求婚者。 求婚者との縁組が正式に定まろうとしたその矢先、歯車は回り始める。 命の危機にさらされた菫子を救ったのは、どこか懐かしく美しい灰色の髪のあやかしで――。 そして、菫子を取り巻く運命は動き始める、真実へと至る悲哀の終焉へと。 ■二:あやかしの花嫁は運命の愛に祈る 旧題:大正石華戀奇譚<二> 椿の章 ――あたしは、平穏を愛している 大正の時代、華の帝都はある怪事件に揺れていた。 其の名も「血花事件」。 体中の血を抜き取られ、全身に血の様に紅い花を咲かせた遺体が相次いで見つかり大騒ぎとなっていた。 警察の捜査は後手に回り、人々は怯えながら日々を過ごしていた。 そんな帝都の一角にある見城診療所で働く看護婦の歌那(かな)は、優しい女医と先輩看護婦と、忙しくも充実した日々を送っていた。 目新しい事も、特別な事も必要ない。得る事が出来た穏やかで変わらぬ日常をこそ愛する日々。 けれど、歌那は思わぬ形で「血花事件」に関わる事になってしまう。 運命の夜、出会ったのは紅の髪と琥珀の瞳を持つ美しい青年。 それを契機に、歌那の日常は変わり始める。 美しいあやかし達との出会いを経て、帝都を揺るがす大事件へと繋がる運命の糸車は静かに回り始める――。 ※時代設定的に、現代では女性蔑視や差別など不適切とされる表現等がありますが、差別や偏見を肯定する意図はありません。
24h.ポイント 85pt
小説 10,332 位 / 185,001件 キャラ文芸 83 位 / 4,366件
文字数 343,775 最終更新日 2024.01.18 登録日 2021.05.28
8
恋愛 連載中 短編
大正時代──華族として生まれ育った春子には、家によって決められた許嫁がいた。けれど、侯爵家の跡目で気位の高い宗助は、子爵令嬢で平凡な容姿の春子が気に入らないようだった。それでも春子は宗助に惹かれていたが、年々、子爵家は没落していき、とうとう爵位を返上せざるを得なくなる。そして、それを知った侯爵家から婚約を破棄されてしまう。許嫁も身分も屋敷も何もかも失い、けれど生きていくために春子がミルクホールで働き始めると、もう会う事もないだろうと思っていた宗助が現れて……。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 恋愛 56,210 位 / 56,210件
文字数 4,455 最終更新日 2023.10.25 登録日 2023.03.15
「でも、わたくしが心に決めた殿方はひとりだけ……」 華族女学校に勤務する舎監さん。実は幕末、六十余州にその武名を轟かせた名門武家の、お嬢様だった。 とある男の許嫁となるも、男はすぐに風雲の只中で壮絶な死を遂げる。しかしひたすら彼を愛し、慕い続け、そして自らの生の意義を問い続けつつ明治の世を生きた。 悦子はそんな舎監さんの生き様や苦悩に感銘を受け、涙する。 「あの女性」の哀しき後半生を描く、ガチ歴史小説。極力、縦書きでお読み下さい。 カクヨムとなろうにも同文を連載中です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 歴史・時代 2,217 位 / 2,217件
文字数 26,799 最終更新日 2023.06.20 登録日 2023.06.12
10
恋愛 完結 短編 R15
伯爵令嬢の桜子と伯爵家の使用人、天音(あまね) 身分という垣根を超え、愛を貫ぬく二人の物語。 ****************** 時は明治の末。 その十年前、吉田伯爵は倫敦から10歳の少年を連れ帰ってきた。 彼の名は天音。 美しい容姿の英日混血の孤児であった。 伯爵を迎えに行った、次女の桜子は王子のような外見の天音に恋をした。 それから10年、月夜の晩、桜子は密に天音を呼びだす。 そして、お互いの思いを知った二人は、周囲の目を盗んで交際するようになる。 だが、その桜子に縁談が持ち上がり、窮地に立たされたふたりは…… ****************** 身分違いの、切ない禁断の恋。 和風&ハッピーエンド版ロミジュリです! ロマンティックな世界に浸っていただければ嬉しく思います(^▽^) *著者初の明治を舞台にしたフィクション作品となります。 実在する店名などは使用していますが、人名は架空のものです。 間違いなど多々あると思います。 もし、お気づきのことがありましたら、ご指摘いただけると大変助かりますm(__)m
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 恋愛 56,210 位 / 56,210件
文字数 57,707 最終更新日 2023.02.25 登録日 2023.01.27
私立女学校の教員畑中美代子(はたなかみよこ)は、人生を捧げると決めた研究のための精進を怠らず、三十路を迎えた。大学時代の研究仲間で華族令息の凪見小路通麿(なぎみのこうじみちまろ)に請われ、帝国考古学研究所に転職。烏池小路と共に古文書解読と検証の案件に取り組む 実は大学時代から美代子を溺愛している凪見小路。不羈独立(ふきどくりつ--つまり他人に借りを作らず頑張るひと)の志を凪見小路に尊重されていることにも、自分の恋心にも、気づいていない美代子。 最初の案件は大航海時代にヨーロッパの楽器と西太平洋の楽器で奏でられた合奏曲の謎にまつわる物語。     ◆   ◆   ◆ ふたりの「頭脳明晰恋はお子様」な研究バディ生活をオムニバス形式で。ただし、2023年2月現在第一章しかできていません。続きはいずれ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 歴史・時代 2,217 位 / 2,217件
文字数 8,722 最終更新日 2023.02.11 登録日 2023.02.04
12
恋愛 連載中 長編 R18
幼いころに買われてきた使用人、珠(たま)。 ずっと独身を貫いてきた主人、伊周(これちか)に呼び出され告げられる。 「結婚が決まった。――服を脱いでそこへ座れ」 恋心を隠したまま肌に触れられ、日ごと大きくなる想いと官能に震える。 身分の違いが、性の練習台としての立場が珠に重くのしかかる。 ーーー 明治・身分差・R18
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 恋愛 56,210 位 / 56,210件
文字数 6,720 最終更新日 2023.02.03 登録日 2023.01.31
咲子と行正、その後のお話です(⌒▽⌒)
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 キャラ文芸 4,366 位 / 4,366件
文字数 5,141 最終更新日 2022.10.30 登録日 2022.10.28
華族の三条家の跡取り息子、三条行正と見合い結婚することになった咲子。 だが、軍人の行正は、整いすぎた美形な上に、あまりしゃべらない。 蝋人形みたいだ……と見合いの席で怯える咲子だったが。 実は、咲子には、人の心を読めるチカラがあって――。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 キャラ文芸 4,366 位 / 4,366件
文字数 62,986 最終更新日 2022.10.27 登録日 2022.10.11
15
SF 連載中 長編
軍人の家系に生まれ主人公の日常を描いた?物語(作者の妄想) 注意《Vtuberの話は十話辺りからです》 全体的に誤字脱字の修正をしました 更新は不定期です
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 SF 5,122 位 / 5,122件
文字数 42,671 最終更新日 2022.09.25 登録日 2022.09.11
人界は三階層にわかれている。 上層街は〝空の王ドラグーン〟と、 竜騎士団が支配している。 下層街は実質、 黒騎士団の支配下だ。 そして地下街は、 賞金稼ぎどもの寄せ集め、 〝土竜騎士団〟のスポンサーである、 バグ・パーが支配している。 俺はミル・ハウ。 下層街に住む、 有名な彫刻師(エングレイバー)の一族、 ハウ家の落ちこぼれだ。 五年前に殺された父さんは、 竜騎士団所属の彫刻師だった。 兄のソル・ハウも、 今は上層街で、竜騎士団に所属している。 騎士どもの持つ〝神銃〟には、 神や悪魔、獣や竜の印を彫刻した銃弾が必要だ。 だから騎士団には必ず、 腕のいいエングレイバーが所属する。 腕のいいエングレイバーとは、 強力な印を扱える彫り師のことだ。 俺はまだ、 あまり印を扱えない初心者、 と言うか、ほとんど素人だ。 兄は、俺なんかとは持って生まれた才能が違う。 俺の年齢の時にはもう、強力な法弾や、 獣弾、魔弾までも、扱えていたという。 畜生。 でも俺には、 父さんののこしてくれた最強の銃弾、 〝竜弾〟がある。 こいつでいつか、父さんの仇、 黒騎士〝エイオアタ・ソング〟を殺す。 竜弾は三発。 こいつに刻まれた印は、 強力な竜神と契約したものだと、 父さんは言っていた。 そいつが三発。 名のある竜騎士だって、 こいつを全弾食らえば、 ひとたまりもないだろう。 ましてや黒騎士団なんて、 騎士崩れのならず者集団なんだから、 この竜弾なら絶対に殺せるはずだ。 賞金稼ぎどもよりも先に、 俺があの黒騎士を殺す。 ー必ず。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 ファンタジー 42,509 位 / 42,509件
文字数 93 最終更新日 2022.07.09 登録日 2019.08.06
木下七郎は名家の出身。1959年家族が米国旅行に行く時、インフルエンザにかかりで一人日本に残った。ところが飛行機の墜落という悲劇に見舞われ、一瞬にして1人ぼっちになった。しかし木下家では戦前、スイスの銀行にお宝を保管した。 横浜の外人学校に入り、ロスチャイルド家の末裔、リチャードと運命的な出会いをして米国で働いた後、日本に戻りロスチャイルド家の仕事をし、大きな財産を作り上げた。その後、結婚、妻との死別。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 現代文学 7,898 位 / 7,898件
文字数 52,565 最終更新日 2021.09.05 登録日 2021.05.21
18
ファンタジー 連載中 長編 R15
「特区」それは華族達の世界。  そこには魔力が存在し、華族達が派閥争いを繰り広げながらもその優雅な生活を謳歌していた。だがそれはGHQにより計画された日本魔力断絶100年計画の一環であることを彼らは気付いていなかった。  その中で、日本に「聖剣」と呼ばれる魔力保持者が誕生する。有史以来1000年に1度、具現化しては世界地図を塗り替える存在。  そして世界はその聖剣を中心に大きく回り始める。  これは神々の意思なのか、それともただの気まぐれなのか。 
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 ファンタジー 42,509 位 / 42,509件
文字数 141,188 最終更新日 2020.02.22 登録日 2019.07.26
19
恋愛 完結 短編
時は大正。 華族のお嬢様と世話係のメイドの淡い恋物語。 傍にいるだけで満足していた二人。あるとき、お嬢様が婚約することになり……。
24h.ポイント 0pt
小説 185,001 位 / 185,001件 恋愛 56,210 位 / 56,210件
文字数 8,193 最終更新日 2020.01.11 登録日 2020.01.10
20
BL 完結 長編 R18
大須賀伯爵家の庭師である澪は、秘かに御曹司の晃久に憧れを抱いている。幼なじみの晃久に子どもの頃、花嫁になれと告げられたことが胸の奥に刻まれているからだ。しかし愛人の子である澪は日陰の身で、晃久は正妻の嫡男。異母兄弟で男同士なので叶わぬ夢と諦めていた。ある日、突然の体の疼きを感じた澪は、ふとしたことから晃久に抱かれてしまう。医師の長沢から、澪はオメガであり妊娠可能な体だと知らされて衝撃を受ける。オメガの運命と晃久への想いに揺れるが、パーティーで晃久に婚約者がいると知らされて――◆BL合戦夏の陣・ダリア文庫賞最終候補作品。◆スピンオフ「椿小路公爵家の秘めごと」椿小路公爵家の唯一の嫡男である安珠は、自身がオメガと知り苦悩していた。ある夜、自慰を行っている最中に下男の鴇に発見されて――
24h.ポイント 92pt
小説 9,866 位 / 185,001件 BL 2,390 位 / 23,932件
文字数 206,053 最終更新日 2019.11.29 登録日 2019.03.11
21
恋愛 完結 短編
私のご主人様である華族の祐典さまは、優しくて気さくな方だ。 前の屋敷を追い出されて死にそうになっていたところを、助けてくれたのは祐典さまだ。 それには感謝しているけれど、お菓子を勧めてきたり、一緒に食事をしたらいいとか言ったり。 使用人の私がそんなことなどできないと、そろそろわかってほしい。 ――それに。 最近の私はどこかおかしい。 祐典さまの手がふれたりするだけで、心臓の鼓動が早くなる。 これっていったい、なんなんだろう……?
24h.ポイント 14pt
小説 29,080 位 / 185,001件 恋愛 12,431 位 / 56,210件
文字数 9,151 最終更新日 2019.04.19 登録日 2019.04.19
21