神様の喫茶店 ~こだわりの珈琲とともに~

 妖怪の類いを見ることができる。青年にとってそれは、普通のことだった。
 ある日、青年はとある町の古い喫茶店に入った。そこで働いていたのは神様だった。
 妖怪と人と神とそれぞれ違った価値観を持っている。青年にとってそれは新鮮なことで悩まされることになるのだが……

少しの恋と謎、それらが織り成すのは神と人の物語
24hポイント 7pt
小説 8,985 位 / 31,019件 キャラ文芸 115 位 / 640件