期待外れの後妻だったはずですが、なぜか溺愛されています


 病弱な義弟がいじめられている現場を目撃したフラヴィオは、カッとなって手を出していた。
 謹慎することになったが、なぜかそれから調子が悪くなり、ベッドの住人に……。

 五年ほどで体調が回復したものの、その間にとんでもない噂を流されていた。

 剣の腕を磨いていた異母弟ミゲルが、学園の剣術大会で優勝。
 加えて筋肉隆々のマッチョになっていたことにより、フラヴィオはさらに屈強な大男だと勘違いされていたのだ。

 そしてフラヴィオが殴った相手は、ミゲルが一度も勝てたことのない相手。
 次期騎士団長として注目を浴びているため、そんな強者を倒したフラヴィオは、手に負えない野蛮な男だと思われていた。

 一方、偽りの噂を耳にした強面公爵の両親。
 妻に強さを求める息子にぴったりの相手だと、後妻にならないかと持ちかけていた。
 我が子に爵位を継いで欲しいフラヴィオの義母は快諾し、冷遇確定の地へと前妻の子を送り出す。

 こうして青春を謳歌することもできず、引きこもりになっていたフラヴィオは、国民から恐れられている戦場の鬼神の後妻として嫁ぐことになるのだが――。




 同性婚が当たり前の世界。
 女性も登場しますが、恋愛には発展しません。
24hポイント 51,284pt
小説 46 位 / 148,854件 BL 2 位 / 17,189件