時空を超えて──往く往く世界に彼女は何を望むのか

「異世界への扉よ、開くがいい!」
 アリーシャのその一言が、二人の人生を一変させる。

 アリーシャが作り出した発明品『時間を止める懐中時計』。
 彼女が言うには、異世界に移動するために必要だと言う。
 親友であるフィーネが説明を受けるが、理解はできず、百聞は一見にしかずと彼女がその発明品を使うと、二人の意識は遠のいていく。

 二人が次に目を覚ましたのは広大な砂漠で、一切の衣類すら身に纏わない二人の姿が──

 発明を趣味とする女アリーシャと、人外の身体能力を持つ少女フィーネの多世界旅物語である。
24hポイント 0pt
小説 140,504 位 / 140,504件 ファンタジー 34,300 位 / 34,300件