推理小説一覧

タグ 推理×
349 12345
 晴れた日でも、その屋敷の周囲だけがじっとりと湿って見える、通称、雨屋敷。  そこは生きている人間と死んでいる人間の境界が曖昧な場所だった。  遺産を巡り、雨屋敷で起きた殺人事件は簡単に解決するかに見えたが。  雨屋敷の美貌の居候、早瀬彩乃の怪しい推理に、刑事たちは引っ掻き回される。 「屋上は密室です」 「納戸には納戸ババがいます」  此処で起きた事件は解決しない、と言われる雨屋敷で起こる連続殺人事件。  無表情な美女、彩乃の言動に振り回されながらも、事件を解決しようとする新米刑事の谷本だったが――。
24hポイント 1,648pt
小説 923 位 / 95,547件 ミステリー 2 位 / 2,276件
文字数 59,587 最終更新日 2021.02.25 登録日 2021.02.12
志村けんさんと 木村 花さんの 死の真相を追います。 他の諸問題とも関係がありそうです。
24hポイント 1,448pt
小説 1,020 位 / 95,547件 ミステリー 4 位 / 2,276件
文字数 563,885 最終更新日 2021.02.19 登録日 2020.06.08
『怖いのなら私の血と淫水で貴方の記憶を呼び覚ましてあげる。千秋の昔から愛しているよ』――扉の向こうに行けば君が居た。「さあ、私達の愛を思い出して」と変わらぬ君の笑顔が大好きだった。  同僚に誘われ入ったBARから始まる神秘的本格ミステリー。群像劇、個性際立つ魅力的な女性達。現実か幻想か、時系列が前後する中で次第に結ばれていく必然に翻弄される主人公、そして全てが終わった時、また針が動き出す。たどり着いた主人公が耳にした言葉は。
24hポイント 1,278pt
小説 1,119 位 / 95,547件 ミステリー 5 位 / 2,276件
文字数 118,424 最終更新日 2021.02.23 登録日 2016.11.28
拝み屋稼業をしている姉小路御幸(あねやこうじみゆき)は、鞍馬山近くの旧家の別荘の蔵のお祓いを頼まれる。その蔵は、100年前まで、子供がかくれんぼをすると必ずいなくなることから、鍵をかけ出入り禁止にしていたものだった。老朽化により取り壊されることが決まり、お祓いの依頼が来る。御幸が現地へ赴くと、約束していた主人の四宮が行方不明になり、密室の蔵の中から血まみれで発見される。呪いか!? 祟りか!? 自殺か事故か事件か、わからないまま第二の殺人事件!が起こる、という話になる予定です。 初めて書くミステリーなので、キツイ感想はご勘弁くだされ。
24hポイント 1,052pt
小説 1,291 位 / 95,547件 ミステリー 6 位 / 2,276件
文字数 11,971 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.22
【本作は他作品『居残りげぇむ ―日比野ハルの災難―』のスピンオフ的な作品になります。本作からでもお楽しみ頂けますが、他作品をお読みいただくとさらに深くお楽しみ頂けます】  余命宣告を受けてしまった、ある男の話。  高校時代から付き合っていた彼女と結婚し、一人息子をもうけてから4年ほど。まだまだ人生というものは長く続くものだと思っていたし、ごくごく平凡ながらも満ち溢れた生活は、当たり前のように続いていくものだと思っていた。  余命1年。これが、彼の受けた宣告だった。まだ20代だというのに、突如として医師から突きつけられた余命宣告。妻にはもちろん、父親と一緒に遊べる日を指折り数えているような息子に、そんなことを言えるわけがない。  結局、そのまま眠りに落ちた彼は、夢の中でメイドの格好をした女性と再会する。  彼女の名前はルゥ・ヴァネッサ・ゴールドマリー。  彼の世界で言うところの死神らしい。 【ゲーム1 余命戦という名の狂気《死神危機一発編》】連載中  夢の中でルゥ・ヴァネッサ・ゴールドマリーという死神に再会した彼は、お互いに余命の短い者同士が、互いの余命を賭けて戦う【余命戦】のことを知る。そこで提案されたのは、かの有名な【黒ヒゲ危機一発】に改良を加えた【死神危機一発】であった。互いに配られる【デスナンバーカード】から当たり穴を推測し、それを回避するという知略巡る心理戦が始まる。
24hポイント 753pt
小説 1,694 位 / 95,547件 ミステリー 11 位 / 2,276件
文字数 193,375 最終更新日 2021.02.24 登録日 2020.09.01
新幹線開通が目前に迫ったある日、国鉄を揺るがす大事件が起こった! 相次ぐ鉄道官僚の死、不可解な脱線、そして、暴走する列車。 そんな国鉄ミステリーに、落ちこぼれ国鉄マンの4人が挑む! 彼らは、鉄道員の誇りだけを胸に抱え、西へ向けて走り出す。 そのさきに、あるものとは……。
24hポイント 540pt
小説 2,214 位 / 95,547件 ミステリー 19 位 / 2,276件
文字数 141,102 最終更新日 2021.02.25 登録日 2021.01.01
ひどいブラック企業で頑張って働いてた。 しまいには辞めさせられた。 恨みがないわけないだろう? そうだ!会社つーぶそ! あなたは、結末を予測できますか?
24hポイント 455pt
小説 2,558 位 / 95,547件 ミステリー 23 位 / 2,276件
文字数 5,883 最終更新日 2021.02.25 登録日 2021.02.08
 二ヶ月前、世間を騒がせた立てこもり事件。刑務所を脱獄した島田義人は人質をとり、旅館の跡地に籠城し奪った猟銃を乱射し、警官隊に射殺される。  そして今、ひとりの男がこの事件に疑問を抱き、ひそかに探り始める。事件の裏に隠された真実は、とても哀しいものだった──
24hポイント 426pt
小説 2,691 位 / 95,547件 ミステリー 28 位 / 2,276件
文字数 101,283 最終更新日 2021.01.24 登録日 2021.01.24
 推理はゲーム。  そう言い切る根性がひん曲がった探偵、フー・ダニット。  彼の推理は、すべて頭の中で完結する。  まるでクイズを解くよう机上で完了する。そののち現場に赴き、答え合わせを行う。それでも的中率は実に96.32%となる。もはや彼にかかれば解決できない事件はないとさえ言い切れる。加えて、彼の性格を、よく表しているのが依頼人との駆け引きだ。  つまり、  フー・ダニットは依頼人とゲームを行う事を人生の愉しみとしている。  ゲームとは、無論、推理。  自分は事件を、すでに解き、解決しているにも関わらず、真実を口にしない。依頼人自身に推理をさせて詰まればヒントを出す。解決の糸口だけを与える。無論、ヒントは有料であり、依頼料とは別にヒント料というものを取る。その額、一回につき5万円也。  5万円とは一般庶民にとっては決して安いものではない。  むしろヒントを聞くのが膨大な数になればヒント料だけであり得ない金額になる。  もちろん、始めに依頼料もとっている。  これを平然と行うフー・ダニットを性悪と言わずして、何と言うのか?  彼曰く、  依頼人が出す答えこそが自分の答えよりも面白くて興味深い。だから金銭という負荷をかけて真剣に推理を行ってもらうのです。そして彼らの解を愉しむ。どういった感情で、どういった思考を行ったのかを考えるのが楽しくて仕方がないのですと。  そんな彼に、遊ばれる為、今日も哀れなる子羊(※依頼人)が彼の下へと訪れる。  推理の荒波が押し寄せてくる戦場へと。  さあ、哀れなる子羊よ、翻弄されて煙にまかれるがいい。  この謎多き世界の片隅で。
24hポイント 370pt
小説 3,057 位 / 95,547件 ミステリー 37 位 / 2,276件
文字数 6,399 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.21
【11月より外伝の『巣喰RAP―日々の坂署捜査第六課―』の連載を始める予定です。もうしばしお待ちください】  近代において日本の犯罪事情は大きな変化を遂げた。理由なき殺人、身勝手な殺人、顔の見えぬ殺人――。常軌を逸脱した事件が日常の隣で息をひそめるような狂った世界へと、世の中は姿を変えようとしていた。  常人には理解できぬ思考回路で繰り返される猟奇事件。事態を重く見た政府は、秘密裏に警察組織へと不文律を組み込んだ。表沙汰になれば世の中が許さぬ不文律こそが、しかし世の中の凶悪事件に対抗する唯一の手段だったのだから。  その男の名は坂田仁(さかたじん)――。かつて99人を殺害した凶悪猟奇殺人犯。通称九十九人(つくも)殺しと呼ばれる彼は、数年前に死刑が執行されているはずの死刑囚である。  これは死刑囚であるはずの凶悪猟奇殺人鬼と、数奇なる運命によって対凶悪異常犯罪交渉係へと着任した刑事達が、猟奇事件に立ち向かう物語。  スナック【サンテラス】の事件奇譚に続く、安楽椅子探偵新シリーズ。  ――今度は独房の中で推理する。 【事例1 九十九殺しと孤高の殺人蜂】《完結》 【事例2 美食家の悪食】《完結》 【事例3 正面突破の解放軍】《完結》 【事例4 人殺しの人殺し】《完結》 イラスト 本崎塔也
24hポイント 340pt
小説 3,289 位 / 95,547件 ミステリー 44 位 / 2,276件
文字数 608,212 最終更新日 2018.03.27 登録日 2016.08.31
慣れぬ土地に越してきたナオ。クラスメイトが噂する場所で出会ったのは、まさかの幽霊? 他にもナオの周りでは不可解なことばかり起こる。これらはやっぱり霊のせいなのか。 けれど警察に相談するわけにもいかないし、と意を決してナオが叩いたのは、丸藤探偵事務所の扉。 だけどこの探偵、なんだか怪しい……。
24hポイント 285pt
小説 3,821 位 / 95,547件 ミステリー 56 位 / 2,276件
文字数 33,595 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.01
アイドルを襲う、謎の『怪人』とは何者か? 佐々木、事件解決の為にアイドルになる――【怪異偏】最終章突入!※ホラー・ミステリー大賞にエントリーしております。少しでも応援して頂ければ嬉しいです🌸
24hポイント 285pt
小説 3,821 位 / 95,547件 ミステリー 56 位 / 2,276件
文字数 71,243 最終更新日 2021.02.24 登録日 2020.07.13
13
ミステリー 連載中 ショートショート
『ジョーカーを探せ』 ある日、その一言だけが記された手紙が動画配信者の元に送られた。 今ここに莫大な報酬を懸けたミステリーイベントが始まろうとしていた・・。
24hポイント 242pt
小説 4,389 位 / 95,547件 ミステリー 65 位 / 2,276件
文字数 1,389 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.19
14
ミステリー 連載中 長編 R18
 ロボット・AIを駆使するスマートスクール陰陽館高校に、  死神タナトスから脅迫状が届いた。 『天宮凛が自殺したのはお前たちのせいだ』  私立探偵・玉木ヨシカは、JKになって調査をはじめるなか、  神楽六輔が薬物入りのお茶を飲んで倒れ、教室はパニックに!  ヨシカは、犯人を捕まえることができるのか!?  SNS、盗撮などで人の弱みを握るタナトスの目的は? 正体は?  次世代のネット社会にひそむ、ミステリ&サスペンス。  登場人物 紹介  玉木ヨシカ(たまちゃん)・・・探偵(20)  温水幸太(ぬこくん)・・・・・サッカー部エース(17)      大村隆平(りゅ先生)・・・・・担任教師(26)  神楽六輔(ロック)・・・・・・バンドヴォーカル(16)  月乃城王子(王子)・・・・・・ハーフ美少年(16)  内藤翔也(ナイト)・・・・・・剣道部(16)  桜庭二胡(バニー)・・・・・・人気動画配信者(16)  西園寺絵理(エリザベス)・・・お嬢様(16)  別奈ゆり(ゆりりん)・・・・・ゆるふわロリ(16)  菖蒲美玲(委員長)・・・・・・学級委員長(16)  日向小春(こはる)・・・・・・陰キャ(16)  神楽誠(校長)・・・・・・・・陰陽館高校創始者(57)  白峯梨沙(リサ)・・・・・・・スクールカウンセラー(26)  天宮凛・・・・・・・・・・・・退学した女子生徒(16)  タナトス・・・・・・・・・・・陽キャを滅する存在(?)  ヘルメス・・・・・・・・・・・暗躍する存在(?)  アイ・・・・・・・・・・・・・人工知能(?)
24hポイント 242pt
小説 4,389 位 / 95,547件 ミステリー 65 位 / 2,276件
文字数 23,779 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.02.21
見覚えのある筆跡から始まる再会。――その客は、過去からやって来た。
24hポイント 213pt
小説 4,867 位 / 95,547件 ミステリー 70 位 / 2,276件
文字数 40,746 最終更新日 2021.01.26 登録日 2021.01.07
解離性同一性障害を患い、過去の記憶に欠落がある私立探偵は、「警察案件」を嫌う事で知られていた。しかし、ひょんな事から連続殺人事件へと巻き込まれて行く。
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 105,418 最終更新日 2021.02.22 登録日 2021.02.06
 ここは、都内某所にある、ビルの地下二階。  この階に来るには、エレベーターでは来ることはできず、階段で降りる他ない。  ほとんどのスペースはシャッターが閉まり、テナント募集の紙が貼られていた。  しかし、その一角にまだ日の高いうちから、煌々とネオンの看板が光っている場所が存在する。  『ホームズ』看板にはそう書かれていた。  これだけだと、バーなのかスナックなのか、はたまた喫茶店なのかわからない。  もしかしたら、探偵事務所かも…  扉を開けるそのときまで、真実は閉ざされ続ける。 次話公開時間:毎週水・金曜日朝9:00 本職都合のため、急遽予定が変更されたり、休載する場合もあります。 同時期連載中の『レトロな事件簿』と世界観を共有しています。
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 193,547 最終更新日 2021.02.19 登録日 2020.04.04
 行方不明になった彼女、森下真里を救うため探偵になった和泉秋斗。しかし現実は失踪してからもう十年の月日が流れていた。そんなある夏の日、事務所の二階に住む田中奈美からこんな依頼を持ちかけられる。「うちの猫を助けてください」彼女の依頼を受け見事に猫を助けた和泉だったが、突然記憶を失ってしまう。何が起こったかわからないまま、猫を送り届けようと奈美の部屋を訪れた和泉の前に、絶世の美少女田中あかねが現れ「行方不明の彼女を見つけにいくぞ」と告げられる。なぜあかねが真里失踪事件の情報を持っているのかと尋ねるが、その理由は教えてもらえない。和泉にその理由を話せば、この世界が消えてしまうらしい。そんな哀しみを持つあかねと和泉のミステリアスな調査が始まる。
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 88,883 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.03.29
eスポーツだのVRだのARだのが日本国内でもぼちぼち受け始め、お金になる目処が付いたとあってか、様々なジャンルのゲームが仮想空間でのそれに移植された。その一つ、推理系のゲームは爆発的ではないが一定の人気が見込める上に、激しい“操作”が必要でなく、代わりに探偵になりきっての“捜査”が受けて、大規模な大会が開かれるまでになった。
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 41,545 最終更新日 2020.04.28 登録日 2020.03.15
 もし、復讐を合法的に行えるのであれば、どうしますか?  罪に問われず、合法的であれば、迷いなく憎い人を殺しますか?  今の日本よりかけ離れた大日本帝国において、とある法案が施行されようとしています。  それは、特定の条件を満たした人に、合法的な復讐を認めるという狂った法案。大日本帝国政府は、ある学校のあるクラスを、法案のモデルケースとして選んだのです。あまりにも残酷で、あまりにも非情な決定でした。  そもそも世の中が狂っていて、それに抗える者など誰もいない。大々的に全国放送される思春期の男女の欺き合い。  これは救いのない物語。ごくごく普通の、どこにでもあるようなクラスを襲った非日常。  ――目をそらすな。例えそれが真実であっても。  生死をかけた糾弾ホームルームが始まる。 【#1 毒殺における最低限の憶測】《完結》 【#2 ぼくとわたしと禁断の数字】《完結》 【#3 罠と死体とみんなのアリバイ】《連載中》  二度目の【糾弾ホームルーム】からの生還を果たした2年4組は、自分達の立場に理不尽さを感じ、そして反撃へと打って出ようとする。  しかし、そんな最中、全員に絶対的なアリバイがある中、またしても犠牲者が出てしまう。  次々と減っていくクラスメイト。その団結を揺るがすように起きてしまった三度目の事件。  次第に狂気を帯びゆく世界に、2年4組は何をみるのか。
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 478,446 最終更新日 2019.04.06 登録日 2017.12.21
【第9回ミステリー大賞への投票、ありがとうございました。このお礼は作品で返していけたらと思っております】  安楽椅子探偵寄りのミステリーの短編集になります。 【第一奇譚】 《二者択一の殺人》【解決】  あるマンションで高校教師が殺害された。捜査線上に浮かび上がったのは二人の容疑者。どちらも容疑を否認しているが、事件当日にマンションの部屋を訪れたのは、この二人しかいない。  色々な意味で常連の刑事が持ち込んだ事件を、場末のスナックのママが推理する。 【第二奇譚】 《死者が鳴らしたナースコール》【解決】  あの病室には、重い病で亡くなった患者の霊が、今でも成仏できずに彷徨っている――。そんな噂が囁かれる小さな病院の、正に噂の部屋で、宿直勤務中の医師が殺害される。  ナースコールを握ったまま事切れていた被害者と、病院にありがちな怪談話。  その病院に、たまたま急性盲腸炎で入院していたママが、今度はベッドの上で推理する――。 【第三奇譚】 《カヨちゃんの恋》【解決】  ある夜、店にくたびれた大学生が来店する。  その落ち込みように声をかけたママは、彼の高校時代に起きたという事件の話を聞かされ、カヨちゃんという生徒の死を、彼が未だに引きずっていることを知る。  果たしてカヨちゃんは事故で死んだのか。それとも自殺だったのか。はたまた殺されたのか。悲壮なる過去に、ママはカウンター越しに推理を始める。 【第四奇譚】 《記号だらけの殺意》【解決】  この結末を教えて下さい――。そう言いながら店に押しかけてきた数名の男女。差し出されたのは、随分と色あせた原稿用紙だった。  彼らは近所の大学のミステリ研究会の部員らしく、その原稿は部に代々受け継がれてきた未完の推理小説。  結末を知ると死んでしまうと噂される呪いの原稿に、あまり乗り気ではないままに向かったママであったが、そこには登場人物の名前が全て記号の、奇怪な物語が広がっていた。  果たして誰がEを殺したのか――。 【第五奇譚】 《冷笑の証明》  未だに雪の残る山中にて女性の遺体が見つかった。警察の調べにより、その遺体が雪崩に巻き込まれて行方不明だった女子大生であることが判明する。しかし、遺体の後頭部には打撲痕が残されており、かたわらにはコンクリートブロックと【冷笑の罰】と焼印が施されたスコップが残されていた。  警察は殺人事件として当時被害者と登山をしていたサークルメンバーへの聞き込みを開始する。  そして、奇妙な因果に誘われて、ママもまたカウンター越しに推理することになる――。 ※毎日0時更新
24hポイント 170pt
小説 5,548 位 / 95,547件 ミステリー 78 位 / 2,276件
文字数 685,298 最終更新日 2017.05.05 登録日 2015.07.13
 【僕は未来をみることができる】  石岡浩(ヒロ)の父が死んだ。  警察の調べでは自殺と断定されたが、この死の影には人間の深い憎悪が潜んでいた。  父を失った悲しみに暮れていたヒロは、不意に『未来視』の能力を得ることになる。  この能力を活かして人助けをしよう。ヒロは友人達を巻き込んで”人生相談部 ”を設立した。  いつものごとく部活動に励んでいたある日、ヒロはとある人物の <死>の『未来』を視る。  その<死>を防ぐべく行動するヒロ。  それは次第に、父の死の真相へとヒロを誘っていった───
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 145,208 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.14
仲の良い家族だったはずなのに、姉はどうして家族を惨殺することになったのか 姉の口から語られる真実と 他人から聞こえてくる真実 どちらが正しく、どちらが間違っているのか その答えは誰もまだ知ることは無いのだった この作品は「ノベルアッププラス」「カクヨム」「小説家になろう」
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 111,489 最終更新日 2021.02.02 登録日 2020.12.29
昼は『珈琲喫茶れとろ』と夜は『洋酒場レトロ』の2つの顔を持つ店で、バイトをする事になった、主人公・香織。 その店で起こる事件を、店主・古川マスターと九条さん等と、挑む。 公開予定時間:毎週火・木曜日朝9:00 本職都合のため、予定が急遽変更されたり、休載する場合もあります。 同時期連載中の『探偵注文所』と世界観を共有しています。
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 224,561 最終更新日 2021.02.23 登録日 2020.03.29
探偵の鳳馬頭写楽が異世界に行く前もしくは戻って来たあとの事件……かもしれないし、単なる同名異人かも。 ホームズ風の探偵とワトソン風の記述者が、一つ事件を片付けたあと、次の依頼に応じて館に向かうところから始まります。現代こそ、館ミステリに必然性が生まれた!?
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 32,688 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.03.13
26
ミステリー 連載中 長編 R15
「ヒマね。連続密室殺人事件でも起こらないかしら」  ヒロインである前守未咲は小学生の頃から『ありきたりな日常』に飽いていた。部活も入らず、友達といえるのは上月犬一と姫宮楓のみ。中学をありきたりに過ごし、これではいけないと思うが何をしたらいいか分からず途方に暮れる。  ある日、通っている師走高校で、野球部元エース八木一瀬が死体で見つかる。これはチャンス、出来る限り堪能せねば、と脚本作りをして面白おかしい事件に仕立て上げようとする。野球部の後輩であり、現エースの神谷瞬は不幸な巡りあわせから自分が彼を殺したものだと思い込む。 さあ、この辺りから。 オレ達の脚本を始めよう。
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 71,342 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.02.02
闇夜の入力間違いではありません。 闇世です。 この世の中の謎解きをしています。 私のスマホのハッキングしているのは誰なのか? どの組織に繋がるのか? 闇や謎を追いかけます。
24hポイント 127pt
小説 6,470 位 / 95,547件 ミステリー 92 位 / 2,276件
文字数 108,628 最終更新日 2021.02.12 登録日 2019.12.01
28
大衆娯楽 連載中 長編 R18
ヒロイン 【名前】神崎耀子(かんざき ようこ) 【年齢】26歳 【概要】国際スパイ秘密組織で活躍する女スパイ。表向きは社長秘書。 【スリーサイズ】B89/W58/H86 Eカップ 【身長】165cm 【体重】58キロ 【人物像】 一流大学を首席で卒業し、大学院へと進学した。大学のミスコンにも選ばれるほどスタイル抜群、誰もがため息をつくほどの美貌の持ち主。 英語の他、ドイツ語、中国語まで話せる神崎は、その語学力を買われ、外資系企業で秘書として働く。 しかし、その裏の顔は大企業の裏に隠された実態を暴くために侵入した女スパイ。 普段は秘書として社長の元で働く耀子だが、スパイに戻った顔はクールで沈着。何が起きても動揺しない度胸の据わった女だ。 その身の軽さは忍者のようだと言われている。 しかし、過去には女スパイかと疑われ、警察に拘束されたことがあり、激しい尋問を受けた。 だが、一切動揺せず、自分がスパイであることを洩らさない態度に警察の方が痺れを切らし、それ以上の尋問を諦めさせたという逸話を持つ。
24hポイント 120pt
小説 6,700 位 / 95,547件 大衆娯楽 109 位 / 2,888件
文字数 32,839 最終更新日 2021.02.02 登録日 2021.01.01
中学2年生の弘山宗徳(ひろやまむねのり) 彼の教室で次々に生徒の私物が消えていく 盗んだのは同じクラスの生徒か 教師か外部の人間か 「犯人は、、、」 予測不能の短編ミステリー
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 3,099 最終更新日 2021.02.23 登録日 2021.02.14
通称『アケチ』  本名は立花智明。名前の智明を逆にすると『明智』になることから、そう呼ばれるようになった。  というより、本人がそう呼んでほしいと公言しているので、みんな仕方なくそう呼んでいる。    誰も歯牙にもかけない事柄を、事件だ謎だと騒ぎ立てては周りを巻き込んで大騒ぎ。  今回、美術部で起きた事件に呼ばれていないのに参上し、周りの人を苛立たせる。  探偵部初の事件、迷探偵アケチがトリックの穴から零れ落ちたウソを拾い集めて、この事件に終止符をうちます。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 100,307 最終更新日 2021.01.23 登録日 2021.01.10
 主人公の美冬は顔が整っているのにガサツな性格のせいで残念美人として扱われている大学生。周囲からも猿のようだと馬鹿にされていました。  しかし銀髪狐のあやかしに取り憑かれ、呪いのせいで周囲の人たちを魅了するようになります。手の平を返す周囲の人たちでしたが、過ぎた好意はトラブルの引き金となりました。  あやかしでないと起こせないような密室の謎と、それが原因で犯人扱いされる美冬。そんな彼女に手を差し伸べる美青年がいました。 「僕が君の無実を必ず証明してみせる」  名探偵の青年と共に、美冬は無実を証明するために謎へと立ち向かいます。  本物語はあやかし×恋愛×推理を掛け合わせたミステリー小説です!  ※※ カクヨムでも先行して連載中です ※※  ※※ https://kakuyomu.jp/works/1177354055250062013 ※※
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 キャラ文芸 139 位 / 2,768件
文字数 102,456 最終更新日 2021.02.18 登録日 2020.12.16
 君津静香は八坂中学校校庭にて跋扈する青白い火の玉を目撃した。火の玉の正体の解明を依頼された文芸部は正体を当てるも犯人は特定出来なかった。そして、文芸部の部員がテレパシーに悩まされていた。文芸部がテレパシーについて調べていた矢先、獅子倉が何者かに右膝を殴打された傷害事件が発生。今日も文芸部は休む暇なく働いていた。  ※誰も死なないミステリーです。  ※本作は『日常探偵団』の続編です。重大なネタバレもあるので未読の方はお気をつけください。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 65,883 最終更新日 2021.01.19 登録日 2020.12.05
第一部:花村小学校6年2組のダイ、和也、水菜、真子の四人は、新聞委員会のメンバーとなる。彼らはあるお屋敷に行くが、そこで不思議な事件に巻き込まれる……           第二部:冬休み、聖獣奇学院の獅子寮に残ることになったクレア、千里、貴之、真尋の四人はミステリー談義に花を咲かせている。しかし突然、千里が倒れ込み、そのまま息を引き取ってしまう。なぜか電気が通じなくなった寮で、さらなる悲劇が襲う……
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 5,832 最終更新日 2021.02.20 登録日 2021.02.07
※大賞期間中に完成させられず、お詫びします。変更のための良い案が浮かんでおりません。折を見て当初の構想に沿った形で完成させたいと考えています。 ※当初の構想のネタバレになりますが誘拐犯特定の証拠に病気の感染を考えていました。もちろん現在流行のウイルスを使うつもりではなかったものの、制限が掛かったことですし、念のため展開の変更を検討中です。その分更新が遅れがちになるかと思いますがご了承ください。  安生寺家の小学生になる長男・琢馬が誘拐された。自宅郵便受けに投函されていた手紙には、身代金の要求を示唆するとともに、警察に通報した場合は人質の安全を保証できないことも記されていた。これを受けて安生寺家の主であり、父親でもある安生寺洋は、警察には報せないという決断を、邸宅内にいた者全員の前で宣言する。主の決定に疑問も上がったが、子供の命にはかえられないと全員が承知した。  誘拐犯からの連絡を待つ、何とも言えない張り詰めた時間が流れる。その静かなる緊張を破ったのは、犯人からの連絡ではなく、悲鳴だった。  広い邸内で、人が殺されていたのである。状況から判断して、安生寺宅に留まっている者の中に殺人犯がいることは間違いない。こんなときに、誰が、何のために?
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 21,291 最終更新日 2020.04.23 登録日 2020.03.11
35
ミステリー 完結 ショートショート
ショートショートとして書いたミステリーものです。 TVアニメ『名探偵コナン』の30分または1時間で一つの事件解決のような、推理ありのスピーディーな展開を目指します。 2月14~19日で、下記の三作を掲載・更新していきます。 第一話:劇団ミステリー ~仕組まれた連続殺人劇~     (プロローグ・一人目・二人目・疑惑・真相・エピローグ) 第二話:オレオレ詐欺 ~消え行く百万円の謎~     (詐欺と対策・繰り返される被害・私は騙されない・私は絶対大丈夫) 第三話:ぼくの偽札騒動記     (偽札騒動記①~発覚~・偽札騒動記②~経緯~・偽札騒動記③~解決~・プレミアもの)
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 10,303 最終更新日 2020.02.19 登録日 2020.02.14
栄尾口工探偵事務所には、恐らく他にはない特徴がある。通常の依頼を受ける一般部門の他に、アダルトビデオに関することを一手に引き受けるAV部門が設けられているのだ。一般部門だけだとあまりにも依頼がなく、困窮し掛けていたところへ、顔見知りの刑事のアドバイスもあって、この珍奇な部門を始めることになったのだが……。世の中には古いAVを探し求める紳士は多く、そこそこ繁盛しているものの、経緯も時間も意外と掛かるため、大もうけという程でもない。このまま続けるべきか否か迷いつつも、栄尾口は今日も探偵するのであった。 ※「AVにはまった、もとい、AV部門設置のきっかけ」と「スタッフ紹介」の間に当たる文章が抜けていることに遅まきながら気付きました。新たに挿入する形で追加しました。恐らく更新時のテキスト貼り付けでミスをしたものと思います。ご迷惑をお掛けし、申し訳ありません。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 17,037 最終更新日 2020.01.25 登録日 2019.12.31
あらすじ 白河圭吾と如月煌太は、黒咲百合花に誘われジュエリーブランドKITAHARAの創立60周年記念パーティーに来ていた。 そこで社長の喜多原要蔵が殺害され、百合花にあらぬ疑いがかけられることに。 圭吾は急転直下の早さで事件を解決に導いていく。 ドラマ化したいほどのキャラクター設定にしてみました。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 9,562 最終更新日 2019.12.11 登録日 2019.12.11
 私立高校の美出田《みいでた》学園には推理小説研究会がある。と言っても看板は半分がた詐欺で、僕が見学しに行ったときに在室していた先輩の女生徒二人は、ともに推理小説を書くタイプではなかった。探偵として活動するのが目的で、この部に所属しているのだという。  なし崩しで仮入部した僕は、ほどなくして部長である横田先輩のツンデレな性格を知ることになる。彼女は人に対してではなく、ある物事に対して表向きはツンツン、裏ではデレデレしてしまうのであった。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 24,447 最終更新日 2020.01.21 登録日 2019.12.01
 小学四年生の夏休み。近所の幼馴染みの女の子が、パトカーに乗って連れて行かれるのを見た僕は、殺人者になることにした。  そして十年以上の時が流れて。 ※「過去を知る手紙?」の回で、“畑中”となっていた箇所は“小仲”の誤りでした。お詫びして訂正します。すみませんでした。通常は誤字脱字の訂正があってもお知らせしませんでしたが、今回は目に余るミスでしたのでここにお知らせします。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 38,919 最終更新日 2019.08.31 登録日 2019.07.30
十八歳の誕生日の朝、シオンは、遠縁で悪徳高利貸しのような腹黒国王のオルフェリウスから、シュゼットという少女の【おもちゃ(子守り)】になるように脅(命令)される。  ある日、シュゼットは【腐らない死体】があるという情報を聞きつけ興味をもつ。  シオンは【腐らない死体】を解剖したいと言い出したシュゼットのわがままで、【腐らない死体】ことローデル男爵婦人キャロルの夫に接近する。しかし、それは不可解な事件の発端にすぎなかった…。  生意気少女シュゼット、腹黒国王オルフェリウス、変態情報屋に、変人研究者!?……彼らによってシオンの平穏は脅かされまくり!シオンが平穏を取り戻せるのはいつなのか!? ※エブリスタさんの2019年4月の新作セレクションに取り上げていただいた作品です。 ※プロローグの最初の詩はマザーグースを引用しています。 ★番外編【ブラックシープ Act.0 真夜中の悪戯】もよろしくお願いいたします。
24hポイント 85pt
小説 8,149 位 / 95,547件 ミステリー 120 位 / 2,276件
文字数 86,921 最終更新日 2019.09.02 登録日 2019.05.24
349 12345