Sweet Healing~真摯な上司の、その唇に癒されて~【番外編完結】

絶え間なく溢れ出る涙は彼の唇に吸い取られ
慟哭だけが薄暗い部屋に沈んでいく。   
その夜、彼女の絶望と悲しみをすくい取ったのは
仕事上でしか接点のない上司だった。

思っていることを口にするのが苦手
地味で大人しい司書
木ノ下 千紗子 (きのした ちさこ) (24)  
   ×
真面目で優しい千紗子の上司
知的で容姿端麗な課長
雨宮 一彰 (あまみや かずあき) (29)

胸を締め付ける切ない想いを
抱えているのはいったいどちらなのか———

「叫んでも暴れてもいい、全部受け止めるから」
「君が笑っていられるなら、自分の気持ちなんてどうでもいい」
「その可愛い笑顔が戻るなら、俺は何でも出来そうだよ」

真摯でひたむきな愛が、傷付いた心を癒していく。



**********

►Attention
※他サイトからの転載(2018/11に書き上げたものです)
※表紙は「かんたん表紙メーカー2」様で作りました。
※※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
24hポイント 92pt
小説 11,406 位 / 143,570件 恋愛 5,465 位 / 44,762件