フェリシアン・シンドローム

警察官だった兄が不審な死を遂げた。死因は薬物の過剰摂取による中毒からくるもの。
あまりに突然のことに茫然とした日々を送る群司は、次第にその死因に不審の念をおぼえはじめる。
そんなあるとき、偶然耳にした噂。

人間のありとあらゆる欲望を叶える魔法の薬――

兄の死に疑問を抱いた群司は、独自にその噂について調べるうちに、ある製薬会社の存在へとたどり着く。
真相を探るため、研究アシスタントとして会社に潜りこんだ群司はそこでひとりの男と出会い、やがて、人類社会を揺るがす陰謀へと巻きこまれていく――


ストーリー重視のため、それっぽい流れになっていくのは11章半ばころから、本格的にBL展開になっていくのは13章後半あたりからとなります。
前置きが長くて恐縮ですがご了承いただければ幸いです。
24hポイント 334pt
小説 4,201 位 / 148,210件 BL 898 位 / 17,037件