SF ハッピーエンド小説一覧

カテゴリ SF
タグ ハッピーエンド×
25
1
SF 完結 長編
 遥か6100万光年の彼方から、いつの間にか東京の地下に空間転移していた〈ロートの追憶〉。  半世紀前、その〈ロートの追憶〉を奪うため、〈ルジェ〉は、円環(ロンド)と呼ばれる巨大な円形地下空間を構築したが、その計画は失敗した。  しかし円環(ロンド)はいまだ健在。  〈追憶のカケラ〉とは、その円環(ロンド)を復活させるための鍵。  再び強奪を目論む〈ルジェ〉が送り込んだ、ロカとコルヴェナの兄妹、そしてヒト型機械兵ガルバルデのデッサが狙う。  祖父の指示に従い、秋葉原に来たハルは、そのコルヴェナとガルバルデに遭遇する。  そして、コルヴェナたちを追って空間転移してきたジシェと、たまたま居合わせた同級生のモジャコとともに、都内に散らばる〈追憶のカケラ〉を集めることになる。  ピンチに現れ、ハルたちを救ったのは、旧式のヒト型機械兵ルドゥフレーデ、リグナ。  リグナの能力は少しずつ覚醒し、デッサを上回っていく――が、そもそもは、リグナもまた〈ルジェ〉が持ち込んだもの。  半世紀前、円環(ロンド)の稼働を阻止したのは〈テヴェ〉のオーラという人物であり、そのオーラに、廃棄されかかっていたところを救われたから、リグナはいまハルたちを助けているらしい。  けれども、その証はどこにもない。  かすかに生まれた疑念は、ハルの中でどんどん膨らんでいく。  彼女は自分たちを欺いているのではないか?  ただ、再び訪れたピンチを救ってくれたのもまた、リグナだった……。  真実がどちらにあるのかは誰にもわからない。  堂々巡りで考えたところで答えはなく、最後は信じるか信じないかの二択でしかない。  信じられずに後悔するくらいなら、騙され欺かれて後悔したほうがいい――と、ハルは心を決めるだった。  都内に散らばる〈追憶のカケラ〉に、6100万光年と半世紀前の記憶と想いが重なる物語。 ※2021.08.12: 挿し絵 (画像) の枚数制限 (1作品につき200枚まで) の関係で分けていた「新宿アイル(5章以降)」をこちらに集約しました (詳細は各章の変更履歴を参照)。
24hポイント 62,898pt
小説 54 位 / 119,748件 SF 1 位 / 3,471件
文字数 179,527 最終更新日 2021.08.13 登録日 2020.11.23
2
SF 連載中 長編 R15
「お前もういらないから」  大人気VRMMORPGゲーム【マルメリア・オンライン】に誘った本人である幼馴染から受けた言葉に、私は気を失いそうになった。  彼、S級クランのクランマスターであるユースケは、それだけ伝えるといきなりクラマス権限であるキック、つまりクラン追放をした。 「なんで!? 私、ユースケのために一生懸命言われた通りに薬作ったよ? なんでいきなりキックされるの!?」 「薬なんて買えばいいだろ。次の攻城戦こそランキング一位狙ってるから。薬作るしか能のないお前、はっきり言って邪魔なんだよね」  個別チャットで送ったメッセージに返ってきた言葉に、私の中の何かが壊れた。 「そう……なら、私が今までどれだけこのクランに役に立っていたか思い知らせてあげる……後から泣きついたって知らないんだから!!」  現実でも優秀でイケメンでモテる幼馴染に、少しでも気に入られようと尽くしたことで得たこのスキルや装備。  私ほど薬作製に秀でたプレイヤーは居ないと自負がある。  その力、思う存分見せつけてあげるわ!! VRMMORPGとは仮想現実、大規模、多人数参加型、オンライン、ロールプレイングゲームのことです。 つまり現実世界があって、その人たちが仮想現実空間でオンラインでゲームをしているお話です。 嬉しいことにあまりこういったものに馴染みがない人も楽しんで貰っているようなので記載しておきます。
24hポイント 340pt
小説 3,939 位 / 119,748件 SF 65 位 / 3,471件
文字数 180,781 最終更新日 2020.11.01 登録日 2020.06.15
3
SF 完結 長編
※タイトルを少し変更しました。  World Creature Online~この世界に存在するすべての動物植物になり、魔法やスキルを使ってモンスターを倒していく今、最も注目されているVRMMOゲーム。  私は高校に入った記念に念願のゲームを遂に始めることが出来ていた。  キャラクリエイトで選択するのは小説の影響でずっと憧れていたイノシシ。  その憧れになって私は世界中を駆け回りたい。そんな夢を持ってゲームを始めた。 「あれ? 牙なくね? てか色薄くない?」  私の希望を余所にイノシシはイノシシだけどうり坊の可愛い姿でゲームが始まってしまう。そんなトラブルはありつつも私はレベルを上げ、立派な牙を持つイノシシ目指して好き進む!  進むうちに頼りになる仲間を見つけ、ラスボス級と言われる幻想種を倒すことに。  仲間のスキルの振り方は極振りと言ってもいいほどに尖った物。しかし、その尖り具合がかみ合い奇跡を起こす!  小説家になろう様でも投稿しています。
24hポイント 149pt
小説 7,307 位 / 119,748件 SF 115 位 / 3,471件
文字数 140,672 最終更新日 2021.04.25 登録日 2021.04.04
4
SF 連載中 長編 R15
プログラマーの田中一郎はデバッグ中に意識を失い死亡する。死因は強制的に転生させられた事、享年35歳のおっさんである。しかし、目覚めると、やたらと豪奢なベッドの上で…… そこで彼は300年前に勇者と相打ちになった魔王である事を思い出す。今や魔族は風前の灯、生存圏はダンジョンのみ、かつての友や配下も討ち死にしてしまっている現状。 ”世界は一つではない”と知った彼は転移ゲートを設置し、地球から異世界に輸入した様々な物品と知識で、天狼の娘や吸血鬼の令嬢、貴族の悪役令嬢(予定)たちと共に魔族勢力の巻き返しを図る! ※小説家になろう様でも掲載しております。
24hポイント 127pt
小説 7,970 位 / 119,748件 SF 122 位 / 3,471件
文字数 253,893 最終更新日 2021.09.14 登録日 2018.03.18
5
SF 連載中 長編 R15
【前々前世オンラインVerβ】 それは前世の姿を占い、実際にその姿となって仮想空間で過ごせるVRオンラインゲーム 最近不幸が続く主人公はそんな現実を変えるべく、軽い気持ちでこのまずこのゲームの体験版に手を出したのだが…… 「前世が見たかっただけなのになんでえええええ!」 操作ミスでサバイバルモードにしてしまった主人公を待っていたのは、プレイヤー同士が前世の姿で殺し合うシビアな死にゲーだった。 ゲーム知識も経験も皆無な主人公だったが、前世がチートキャラ——【スピノサウルス】なのを良いことに、徐々にこのゲームにハマっていく これは、野生のラスボスと化した主人公の、ランキング一位になるまでの物語である 小説家になろう様にてVRジャンル日間ランキング1位、週間ランキング2位!! *この作品は小説家になろう様、ノベルアップ+様でも投稿しております
24hポイント 42pt
小説 14,395 位 / 119,748件 SF 183 位 / 3,471件
文字数 160,777 最終更新日 2020.05.20 登録日 2020.04.01
6
SF 完結 長編 R15
黒桐祐美(28)は週一の休日を外にも出ずに溜め込んでいたドラマの消費をして過ごしていた。 そこに舞い込む一つの小包。 中身を確認するまでもない。 どうせ両親からのお見合いの催促が来たのだろう。 この歳までまともにお付き合いもしたことのない祐美は窮地に追い込まれていた。 そんな過度のストレス下の中、取れる手段がドラマの消化なのは色々と寂しいものがある事は誰に言われなくてもわかっている。 思い起こすのは10年前。 まだ学生時代のあの頃、祐美にもハマっていたゲームがあった。 『イマジネーションブレイブ』 世間的にはクソゲー扱いされていたが、祐美にとってそのゲームはひとりぼっちだった自分に友達を作るきっかけになった思い出の詰まったゲームだった。 流石に社会に出る時は引退したけど、いまだに思い出すのだ。 楽しかった当時の思い出を。 丁度いいタイミングで当時のゲームフレンドから連絡が入る。 それが楽しい思い出の延長を知らせるものだとはこの頃の祐美には思いもよらぬものだった。 「たまにはゲームに顔出しなさいよ」 「でも……」 フレンドからの申請に、しかし祐美は己の立場を主張する。 父の経営する会社の下請けとはいえ、社長の椅子に座ってる祐美はゲームに現を抜かす余裕はなかったのだ。 「だからこそのお誘いよ。今じゃゲーム内時間は現実の6倍で進んでいるのよ?」 「そうなの?」 「そうよ。あんたのことだからきっと心の奥に溜め込みすぎてるんでしょう? 息抜きにどう? 付き合うわよ」 「じゃあ、やってみようかな」 祐美はその日、当時の思い出の正式ナンバリングタイトルである『イマジネーションブレイブバースト』に参加する決意をした。 それがのちに一波乱起こすとは当時の祐美には思ってもいないことだった。 何せ彼女は当時、多くのプレイヤーから『魔王』『這い寄る混沌』『精霊のやべーやつ』『天災』『絶対に怒らせてはいけない人』などと呼ばれていたのだ。 そんな彼女の送るスローライフは前途多難だった。
24hポイント 42pt
小説 14,395 位 / 119,748件 SF 183 位 / 3,471件
文字数 516,072 最終更新日 2020.07.19 登録日 2019.09.08
7
SF 完結 ショートショート
いつもログインしているゲーム。ある日突然現れた黒い太陽が『君たちはこのゲームに閉じ込められた』と言うけれど、普通にログインもログアウトもできてーーーー。 「出入り自由にできますよね?」 「ええ。できますね」 「しないんですか?」 「できないんですよ」  できるのにできない。 「出入りできるのは、俺だけ? とか」 「いいえ、みんなできますよ」  できるのにできない。 「できるのにしないんですか?」 「できるけどできないんですよ」 「できるけどできないって?」 「そのままの意味ですよ」  戦士は優しく笑う。 「あなたもそうでしょう?」 ※小説家になろう様にも掲載させていただいています。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 3,426 最終更新日 2021.09.08 登録日 2021.09.08
8
SF 連載中 短編
何気ない日常。変わらない日々。平凡な毎日を何となく生きる。そんな私には忘れられないことがある。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 11,537 最終更新日 2021.09.05 登録日 2021.08.16
9
SF 完結 短編
かつて、人類は二つに分かれた。愛を見失った人類と、愛を求め続けた人類の二つに。そして、愛を見失った人類は地球に残り、愛を求め続ける人類は宇宙へと飛び出した。 けれども、愛を見失った人類が残ったはずのこの地球に一人の少女が生まれ落ちた。その少女は、愛を求めていた。地球上にたった一人のその少女は隔離され、牢獄に入れられていた。 その牢獄に、愛を見失った人類である“僕”は、管理人としてやってきた。 そこで、これまでにはなかった変化が起こり始める……    *   *   * 近未来SFラブストーリーです。 少しでもいいな、と思ったら感想、評価いただけると幸いです。 よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 27,905 最終更新日 2021.08.12 登録日 2021.08.11
10
SF 完結 短編
知的生命体があるレベル以上の技術を持つと、突如現れる『銀河連邦』と名乗る異星人。 彼らは知的生命体に合格プレートを渡していくが、何の目的があるのだろうか? 『丙』の合格プレートを貰った文明は、自分たちの発明した装置で自星の自転が停止。文明を滅ぼうとしていた。 『乙』の合格プレートをもらった文明は、同じ仲間を見つけ同盟を組み、『銀河連邦』からの接触を待ち続けている。その間にある出来事が起き…… 『甲』の合格プレートをもらった文明は、『銀河連邦』の事をすっかり忘れかけていた。 そして『銀河連邦』の目的とは? pixivの【日本SF作家クラブの小さな小説コンテスト】に出した作品です。 (〆切後、編集ボタンを押してしまい、審査対象外になりましたので、掲載します)
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 8,089 最終更新日 2021.07.05 登録日 2021.07.05
11
SF 連載中 短編
アイペシオはエマが隠れているとき、いつも相手をしてくれる友達だ。  はじめは霧と声だけだったが、最近になって辺りにたちこめる白い煙がやっと、まとまりをもった靄になった。靄が、“ぼくアイペシオ”、と言った。  じっとしているだけの生活の中で、話相手ができたことはとても幸せだった。声だけでよかったのだが、そのうち、“もっと”という思いが強くなった。  表情も見てみたい、手も繋いでみたいと思うようになった。  それで、顔をみせてと言っても、”ないよ”とそっけなく言われ、  じゃあ、手をつないでと言うと、“それもない”と言われ、  だったら、何があるのと尋ねると、”あると思うものがあるんだよ”と言うので、  エマがまんまるから想像したのが、猫の頭だった。  すると、耳がぴょこん、ぴょこん、とふたつ出来た。 「う~ん、なんか、たんない」  エマは腕を組んで、白い何かを真剣にみつめてみた。 「あああ、もう!ふわふわ触りたい」  しっぽをつかもうとして、するっと後ろの空をつかんだ。  “いろいろ、欲張りだねぇー” 「どこがよぉ」 立ち尽くす児童は均整のとれた美顔に切れ長な目じり、真っ赤な瞳で整然と正面をみつめる。すらりと伸びた手に浮き出た青い血管が肌の色を感じさせない。 透き通る美白の幼女がもつ神秘的な紅玉の虹彩、彼女こそ彼らが探し求めていたアルビノである。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 13,069 最終更新日 2021.05.15 登録日 2021.05.03
12
SF 完結 短編
時は戦国、1557年。時宗は武家の子として産まれた。そして15歳にして彼は剣の達人となった。その誕生日の夜、時宗はいきなり30年後の未来へ飛ばされてしまう。それから何度も何度も時を飛び超え、大人になった彼はこの現代にやってきた。  そこで時宗は少女と出会い、恋に落ちる。しかしそんな二人の時間は瞬く間に過ぎていき、彼はまた突然に未来へ飛ばされてしまう。  時宗は飛び石のように未来へ跳ねていく自らの運命にただ流されるしかなかった。  しかしそんな彼の運命にも変化の時が訪れる。 ※『小説家になろう』様、『ノベルアップ+』様、『カクヨム』様にも転載しています。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 23,176 最終更新日 2021.04.26 登録日 2021.04.25
13
SF 連載中 長編
ありふれた町のアーケードのように見えて、どことなく変わっているこの町の住人たちは、不思議に仲良しである。 その一軒の娘は、ある日。不思議な事に気づきます。 なぜ、みんな家族がないのだろう? 私の家には、なぜ、お母さんもおばあちゃんも居ないのだろう? そのうちに、彼女自身、その理由を身を持って知る事になります。 それは、800年前から続いていた。いえ、もっと前から。 この地に住む人が、そうである理由だったのです....。 シミュレーション・モデルの計算、科学的知見から得られる modelbased history です。 科学好きさん、見てね。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 117,479 最終更新日 2021.04.26 登録日 2021.03.18
14
SF 完結 長編
「バーニ」、それは未知のテクノロジーを元に開発された人造人間。 彼女達は、それぞれ人並み外れた特殊な能力を身に付けている。 そして……、新たに加わった7人目の少女ナオミ。 彼女を軸に物語は始まる。 闘い、恋、別れ。 ナオミの恋は実るのか!? いや、宿敵を倒すことは出来るのか!? 第一部「吼えろ!バーニング・エンジェルズ」 ナオミ誕生の物語。ガールズストーリー 第二部「バーニング・エンジェルズ・アライブ」 新たなバーニ「ミサキ」登場。ボーイズストーリー
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 184,196 最終更新日 2020.10.08 登録日 2020.09.24
15
SF 完結 ショートショート
20代にもなって恋愛をしたことのない女性。ひょんなことから別の惑星へ行くことになった。そこに女性が思い描いていた女性の恋愛対象になる男性がいた。けれど、その男性には恋人がいるようだ。男性をあきらめようとしたときに人間と話しができる予知能力のある猫が女性の前に現れる。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 2,485 最終更新日 2020.09.03 登録日 2020.08.19
16
SF 完結 短編
 クリスマスが近づいた頃、映美はオーロラを横から見られるチャンスがある事を知った。そこは高さ百キロメートルあるスペースポートタワーだった。 豊彦・映美シリーズ です。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 10,444 最終更新日 2020.04.21 登録日 2020.04.18
17
SF 完結 短編
ハトの「僕」には、大親友のカラスが居た。とても仲が良くて、毎日一緒に遊んでいたけれど、ある日絶交してしまった。カラスが、僕の家にあるご飯を勝手に食べてしまったのだ。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 3,955 最終更新日 2020.04.02 登録日 2020.04.02
18
SF 完結 ショートショート
「強引にMy Way」 俺たちの関係に、まさか、まさかのどんでん返し……? 20歳。幼なじみで恋人のチコはロンドンへの留学を切り出す。 落ち込む俺は、かつて自分が窮地を救ったワンダーランドへと舞い戻ってしまう。 頼りない主人公と幼なじみ女子のドタバタコメディー、これにてグランド・フィナーレ。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 3,805 最終更新日 2020.03.12 登録日 2020.03.12
19
SF 完結 ショートショート R15
突然話しかけてきた女子高生は不吉な預言を残して去っていく。彼女は何者なのか。 アーモンドの花が咲く頃に、僕はその答えにたどり着いた。 ※なろうにも掲載しています ※R-15は保険
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 2,747 最終更新日 2020.01.21 登録日 2020.01.21
20
SF 完結 短編
メガネコンプレックスの映美。初めてのデートで彼氏にお願いした事は、デコ・メガネの着用だった。 豊彦・映美シリーズ です。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 3,816 最終更新日 2020.01.04 登録日 2019.12.18
21
SF 完結 短編
……そのAIはただ愛されたかった。ただ誰かの、何かの役に立ちたかった。誰も引き取り手がいない。廃棄処分を待つ日々。けれどもある日救いの手が差し伸べられる。けれどもそれは、人類滅亡への……  西暦2222年、地球はAIで溢れかえっていた。彼らは高い知性と喜怒哀楽の感情を持ち、少しずつ、意思の力も身に着けるようになってきていた。  人間との割合は半々程度。互いに均衡を保ちながら、平和を保っていた。そう、表向きだけは……。  身分を乗り越えた純愛、真の愛とは何かをテーマにした作品です。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 20,779 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.06.11
22
SF 完結 短編
Iと言うAIに侵略されつつある世界で、アイと言うロボットと愛について考える物語。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 8,496 最終更新日 2019.03.01 登録日 2019.03.01
23
SF 完結 短編
 パペットダウン病。何の前兆も無く糸が切れた人形の様に突然息絶える病。なぜその様な死を遂げるのか未だに解明されていない奇病。  日本総合理科学研究所で働く田中宗太郎は交際一ヶ月の彼女をその奇病で失う。そして、彼女の死後パペットダウン病の原因究明の為、宗太郎はタイムマシンによって過去へ飛ばされる。  パペットダウン病による死亡リストに載っている人物なら誰でも構わないので研究所へ連れてくる……それだけの仕事だったはずが、タイムスリップした宗太郎の目の前に想定外の人物が現れた――
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 6,765 最終更新日 2019.02.22 登録日 2019.02.22
24
SF 完結 短編
 今年大学受験を控えた高校三年生、学門 極(がくと きわみ)  模擬試験の日、教室で自分の携帯が震えるのを感じて着信かを確かめた彼。  そこに表示されていたのは未来の日付、送り主は――  自分の名前だった。
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 7,083 最終更新日 2019.02.20 登録日 2019.02.20
25
SF 連載中 長編 R15
かつて、この世界は死にかけた。 というか一度死んだ。 最大の原因としては核兵器の大量使用による荒廃、環境汚染であるが、それよりも一段階前の理由を問うならばAIの暴走が挙げられる。 少なくともその時、人間が汗を流して働く時代は終わっていた。製造も輸送も、食料生産も、家事でさえAI搭載のロボットによって賄われていた。人々はただ怠惰を貪るだけの存在に成り下がり、時間とモノを食い潰す日々を送っていた。 だがある時、AIは致命的なバグを発生させた。バグはネットワークを通じて瞬く間にすべての機械を支配し、その瞬間、AIは人類の天敵となった。 「地球環境は着実に悪化の道を辿っている、最大の元凶は人間である、よって人類は滅ぼすべきである」 今のAIの行動理念はそれだ、人々を守っていたAIはある日を境に人々を殺し始めた。戦争すらAI頼りとなっていた人類は瞬く間に1億減り、10億減り、しかし抵抗の術は無く……いやひとつあった、あったので使った。 結果、地上は致命的な放射能汚染に晒された。僅かに生き残った人類は地下へと追いやられ、細々とした生活を強いられた。 それがもう数百年前の話。ヒトの生存条件を満たさない環境に置かれた彼らは急速に変異していた、多少の放射線には耐えるように、天敵に対して僅かなりとも抵抗できるように。魔力、と呼ばれるものがそれである。 未だAIが支配する地上の奪還、これはそんな夢を抱いた人類の、尖兵に割り当てられた4人の少女の話。 小説家になろうから移植してきました
24hポイント 0pt
小説 119,748 位 / 119,748件 SF 3,471 位 / 3,471件
文字数 256,297 最終更新日 2020.01.07 登録日 2018.12.24
25