現代文学 家族小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 家族×
211 12345
川中彩香は1歳を前に母親に置き去りにされ、父親も九州に単身赴任し、2歳の時から祖母と二人きりで生きてきた。六歳になった時、再婚相手を連れて帰ってきた父は、再婚を機に娘を九州に連れて帰ろうとしたが彩香が彼になつくことはなく、あきらめた父は九州に帰り、再婚ののち二人の子供を授かり、二十年近く彩香と実母のいる東京にはかえって来なかった。  しかし彩香が就職して三年が終わろうとしていた時、突然、祖母が倒れ亡くなってしまった。  20年ぶりに帰ってきた父親との確執を見た上司、松尾の言葉によって彼女は父親と向き合うことを決意する。  やがて海外研修から帰国した隣家の秀人とともに、祖母の合同供養に出かけていく中で、中学二年の時のカーネーション事件を思い出した彼女は弟のように思っていた秀人の27年の思いに気が付く。  27年の思いが愛に変わった時、彩香は結婚を決意するが、秀人は彩香を実の母親に会せようとする。  それは、彩香を捨てた母親もまた、母に捨てられた人であり、将来、彩香が結婚しておなかに子供を宿した時にどんな不安に襲われるか想像もつかいない…… それを心配していた祖母の最期の願いであった。
24hポイント 895pt
小説 1,208 位 / 64,087件 現代文学 6 位 / 2,787件
文字数 39,843 最終更新日 2020.01.26 登録日 2020.01.21
感動をしたのはいつですか 心が動かされたのは、いつですか? 涙を流したのは、いつですか? 言葉が通じなくても、心を通わせることは出来ます。 必ず想いは通じます。 ゴブリンと人間。 言葉が通じない同士が、手を取り合う世界なら、幸せじゃないかと思いませんか?
24hポイント 697pt
小説 1,488 位 / 64,087件 現代文学 8 位 / 2,787件
文字数 5,438 最終更新日 2020.01.26 登録日 2020.01.26
 六歳の時、母を亡くした信也は、実父真一の光園持家へ引き取られた。彼は決して愛人の子ではなく、わずかな時のずれの中で生まれた子どもであった。  もともと真一と結婚を予定していた玲子は、突然母が倒れたことにより、投じられた一石の意味を重く受止め、お腹の子のことを隠したまま真一のもとを去る。三年後、自分に三歳の娘、恵利佳がいることを知った真一は、結婚を考えている女性、好子にそのことを話すが、好子は不幸な親子の犠牲の上に幸福を築くことはできない、まして彼女達に残されたわずかな可能性を自分が絶つことはできない。そう言って真一のもとを去っていった。  しかしその好子もまた真一の子、信也をお腹に宿していた。
24hポイント 647pt
小説 1,569 位 / 64,087件 現代文学 9 位 / 2,787件
文字数 17,481 最終更新日 2020.01.26 登録日 2020.01.25
4
現代文学 連載中 ショートショート
昨秋に『抗路』という雑誌で掲載された短歌32首から始まり、さまざまな短歌賞、和歌賞での受賞作を含めた短歌で構成していく予定です。
24hポイント 398pt
小説 2,281 位 / 64,087件 現代文学 15 位 / 2,787件
文字数 2,704 最終更新日 2020.01.26 登録日 2019.11.05
m-t
 日々の生活に面白味を見出せていなかった久遠竜也にはどうしても変えたい過去があった。それは中学時代に告白ができず、今は別々の道を歩んでいる幼馴染の藤宮志桜里との過去だった。ある日の夜、僕は夢を見ていた。それは手を伸ばせるのなら変えてしまいたいほど後悔しているあの出来事だった。だから僕は事実をねじ曲げるよう夢に手を出した。次の日、僕はいつも通り学校に登校していたつもりだったがいつもと違って見える光景に動揺していた。過去が変わっていたのだ……  いつしか僕には過去だけではなく、未来までもが変えられるようになっていた。僕はその能力に虚像干渉と名を付けた。しかし、その虚像干渉を人類が恐怖に駆られる計画のために使った唯一の親友、難波遠馬がいた。彼もまた虚像干渉を使えたのだ。彼の真の目的を知った僕は、被害を日本だけに留め難波の計画を止めることに成功する。  難波の計画から数年後、僕と志桜里の子、恒平は無事に高校を卒業する。  しかし、虚像干渉を使える人間には永きに渡り背負ってきた宿命があった……  難波の息子、友人は父親よりも残虐な方法で父親の計画を続けようとしていた。僕たちはそれに気付くことが出来なかった。唯一気付いていたのが恒平だった。僕たちが気付かなかったのは、虚像干渉にある能力があったからだ。  友人も遠馬と同じことを目的としていた。彼の時と同様に恒平と僕は友人の計画を止めることに成功する。しかし友人は、親友の大切さを知らない人がいる以上、同じような出来事は再び起こると言った――それが虚像干渉による宿命だったのだ。  しかし、二度と同じような出来事が起こることは無くなった。友人の計画で全世界の人は親友の大切さを知った。その大切さを人が失わない限り、僕が思っていた面白味が見出だせないなどという事は起きない。  志桜里、恒平、難波、昴、友人。「ありがとう、みんな」  それは僕が最後まで言うことのなかった、感謝の言葉だった。
24hポイント 249pt
小説 3,448 位 / 64,087件 現代文学 26 位 / 2,787件
文字数 95,952 最終更新日 2020.01.25 登録日 2018.06.10
大輔と優子の夫婦は、最大の決断を行う寸前だった。その時、義兄から二人のスマホに、同時にLINEが入る。さらに、娘が衝撃の行動を――目が覚めた夫婦は、前を向いて歩きだす。
24hポイント 198pt
小説 4,184 位 / 64,087件 現代文学 37 位 / 2,787件
文字数 3,639 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.07.15
特に目的もなく日々を過ごす大学生の西崎剛は、夏休みのある暑い日、自宅付近の公園で高校生の相原海とその弟の陸に出会う。 声をかけてもろくに返事もせず、指しゃぶりばかりしている陸を見て、躾がなっていないと指摘した西崎だったが、後に陸が障害児で言葉を話せないことを知る。 面倒を嫌い、何事も自分には関係ないと流しがちだった西崎は、それをきっかけに二人に興味を持ち、自ずと関わってゆくようになる。やがて友人の挫折や陸の障害を通して、海に惹かれている自分に気づいたとき、初めて彼女が背負っているものの大きさに直面するが…。 「海を守りたい」 それぞれの思いが交錯する中、西崎が導き出した答えは…?
24hポイント 149pt
小説 4,854 位 / 64,087件 現代文学 46 位 / 2,787件
文字数 114,232 最終更新日 2018.07.31 登録日 2018.01.15
内容は題名の通りです。
24hポイント 149pt
小説 4,854 位 / 64,087件 現代文学 46 位 / 2,787件
文字数 2,502 最終更新日 2019.02.13 登録日 2019.02.13
奇妙な経緯で梟荘に住むことになった、糸出ゆめ。同居人の従妹、いとちゃんは風変わりな引きこもりで、ほぼ夜行性。 同居しながら顔を合わせない生活が続いたが、ある日唐突にいとちゃんが姿を現した。 「糸が絡まり始めた」 いとちゃんが告げた謎の言葉。それ以降、いとちゃんは頻回に姿を現すようになり、同時に日常生活の中で、妙におかしなことが起こるようになっていった。 ※表紙写真:「ぱくたそ」無料素材を使用しています。
24hポイント 149pt
小説 4,854 位 / 64,087件 現代文学 46 位 / 2,787件
文字数 104,103 最終更新日 2019.07.27 登録日 2019.06.01
10
現代文学 完結 ショートショート
何もしたくない日。 凄く眠たい日。 誰もが感じた事があると思う日常。 緑色の伝書箱に投げ込まれた言葉達。 [面倒くさい]という言葉で片付けたい事。 簡単に片付けたくても心まで簡単には片付かない。 そんな話はどうでもよくて.........。
24hポイント 149pt
小説 4,854 位 / 64,087件 現代文学 46 位 / 2,787件
文字数 14,848 最終更新日 2019.11.28 登録日 2019.11.28
11
現代文学 完結 ショートショート
中身が子供と一緒に作った作品です。 推理と言うほど推理はしておらず、純文学ほどに文学してない作品です。
24hポイント 99pt
小説 6,179 位 / 64,087件 現代文学 61 位 / 2,787件
文字数 2,532 最終更新日 2018.11.24 登録日 2018.11.24
子供から大人へと 誰にも等しく流れる時間―― 《 過去を振り返る男の自問自答ストーリー 》  文筆家としてサラリーマンから独立したばかりの仁哉(じんや)のもとへ、ある日突然に「貴方の娘です」と少女が訪ねてくる。彼女の名前は、春乃(はるの)。  それは高校三年を迎える春に別れてしまったカノの娘に間違いはなかった。  男女の奇妙な共同生活が続く中で、仁哉の心は過去へと引き戻されていく……。  歳の離れた兄の育て方で両親が不和となり、家族であっても孤独のつきまとう日々。当然のことながら、性悪に成長した兄も、付き合っていた女性を妊娠させて結婚するが、「子供に嫌気が差した」とすぐに離婚してしまう。薄情な血縁を呪いながら居場所を探して生きてきた仁哉にとって、小学校から付き合いのあったカノの存在が唯一の救いとなっていた。  春乃から「母は死にました」と告げられ動揺する仁哉。  ただひとつ、カノに対して疑心のあった仁哉は、自分が春乃の父親であるのかを確かめるために探偵を雇うことにする――
24hポイント 99pt
小説 6,179 位 / 64,087件 現代文学 61 位 / 2,787件
文字数 35,651 最終更新日 2020.01.25 登録日 2019.09.24
Beats Per Minute 音楽用語でテンポの単位[1分間の拍数]。 医学用語で心拍数の単位[1分間に心臓が拍動する回数] 医学用語で呼吸数の単位[1分間に呼吸をする回数] BPM+0 夢のない男と夢を諦めた少女。 人生の短過ぎる一瞬を切り取った。 人生はドラマのようにはならない。 特別な何かではなく、辛い事を乗り越えて[今]を生きているという事は物凄くドラマチックな事。 この書き物を通して伝えたい事は、そのままの君で大切な事を見失わないでほしい。 それだけ。 零れ落ちた言葉と感情と淚の欠片を拾い上げて繋ぎ合わせて文字にした話。
24hポイント 99pt
小説 6,179 位 / 64,087件 現代文学 61 位 / 2,787件
文字数 31,136 最終更新日 2019.10.20 登録日 2019.10.20
 5年前に離婚してから娘に会っていない中年男と、「自分は死んだ方が良いんじゃないか?」と思い詰めている女子高生を巡る人間模様。若干ミステリー仕立て。基本的にはそれだけです。 きっと全ての人に受け入れられる話ではないと思いますので、何割かの方に共感され受け入れられれば、僕としては満足です。    
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 92,282 最終更新日 2016.01.02 登録日 2015.09.06
此の作品は何処かで誰かが呟いて居たであろう言葉を予想をしながら各作品です だからこそ呟き集なので私自身が当てずっぽうで書いて居るだけなので深く気にしないで下さい
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 3,812 最終更新日 2019.11.20 登録日 2017.11.13
16
現代文学 完結 ショートショート
ここ数日気持ちの悪い下ネタを使う悪質な荒らしがランキングトップを占めています。私は昔から読み専のアルファポリスユーザーでしたが、このサイトが荒らされているのをみて我慢できなくなり、初めて投稿してみます。 みなさんと協力してアルファポリスから荒らしを追い出して平和なアルファポリスを取り戻しましょう! 支持してくれる方はこの投稿をお気に入りして荒らしを通報してください
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 182 最終更新日 2018.01.09 登録日 2018.01.09
うつ病の妻へ。「彼女は決して食べない」She never eat. シネバイイ。 不定期更新です。 うつ病の方は読まない方がいいですよ。 うつ病の家族の方に読んでほしいな。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 15,758 最終更新日 2019.06.18 登録日 2018.03.04
全40話 7/26 完結しました。7/31番外編を投稿しました。(投票してくださった方々ありがとうございました。)頭脳明晰、容姿端麗の秋月翔太を花音(かのん)は、胡散臭い人だと避けていた、ところが不思議な出来事で急接近!カッコつけたがりの翔太と、意地っ張りの花音、そして変人と呼ばれる花音の兄、真一も絡んで意外な方向へと…。花音と翔太が見た愛とは?死とは?そして二人の愛は、。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 97,689 最終更新日 2019.07.31 登録日 2019.06.26
19
現代文学 連載中 短編 R18
 芹川泰史は、妻·蓉子との間に、杏奈と言う可愛い娘と三人で暮らしている。ある日、妻が買い物をし家を開けた時、杏奈が外遊びから帰ってきたのに気付かず、泰史はコッソリとレンタルしたAVを観て自慰をし、あと少しと言う時に見つかり···
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 37,279 最終更新日 2018.05.23 登録日 2018.05.20
 ある夏の夜、絵里は偶然に母の昔の恋人である三上と再会する。十二年ぶりの再会。一夏の物語。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 28,415 最終更新日 2018.07.12 登録日 2018.07.12
かなり実話に近いのでお恥ずかしいです。 1〜5まで繋がってます。家族・友達・恋人など、とにかく毎日当たり前に一緒にいる相手ほどなかなか素直になれない気がします。 でも本当は一番その人の事を知っていて、大切に思っていたりもします。 そんな心の葛藤を書きました。 初めてなので拙い文章かと思いますが、少しでも共感して頂ければ幸いです。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 5,697 最終更新日 2018.07.24 登録日 2018.07.24
一・火渡り 『十八夜』仏と人と祈りの世界・聖火の祈願祭。偶然ポスターを見て、さゆみは法泉寺というお寺へ行く。そこで年配の巫女に「おまえは百年にいちど選ばれし幸運な娘じゃ」と言われる。 二・母親代わり さゆみは母と弟の祐史の三人暮し。喘息の祐史が心配でたまらない。その日定時に帰宅した母と三人で久しぶりの団欒。ポン酢がないことに気付き祐史と駅前へ買い物に出かける。それなのに交差点を渡ろうとした瞬間、トラックが急ブレーキを踏み祐史の体が跳ね上がる。 三・加害者 その人がさゆみの家にやってきたのは祐史が事故に遭った日の深夜だった。北城さんは玄関タイルにひたいを押しつけた。けれど母は決して許さなかった。さゆみの脳裏には、まだはっきりと事故の有様が焼きついていた。 四・願いごと 数ヵ月が過ぎた頃、以前会った巫女がさゆみの家に来ていた。祖父母の墓が法泉寺にあるという。さゆみが「願いは本当に叶うのですか?」と訊くと「叶う」とはっきりと答える。十八夜のお祭りは八月の十八日にあるという。 五・納骨 さゆみは母と法泉寺へ納骨に向かった。骨壷のなかにいる父と祐史。突然草むらから北城さんが出て来る。手に野花を握りしめている。 六・野の花 あれから急に来なくなった北城さんがまた家に来て母と親しそうに話をしている。どうして母と? あれほど憎んでいたはずなのに。さゆみの心に母への疑念が生まれる。 七・赤ちゃん 北城さん夫婦が生まれたばかりの赤ちゃんを連れて祐史のお参りに来る。事故後こなくなったのは奥さんがお産をしたからだという。 八・祐史 命日にだけお参りに来ていた北城さんたちが、頻繁に来るようになる。けれどさゆみの憎しみはますます増大する。 九・誕生日 北城さん家族が手料理で、さゆみの誕生日をお祝いしてくれる。それなのにさゆみはひどい仕打ちをして赤ちゃんを傷つけてしまう。赤ちゃんの様子がどこかおかしい。目が見えない? 十・お地蔵様 母に誘われ早朝ジョギングに出る。 事故現場で北城さんが道路をタオルで何度も何度も拭いている。母は事故後、雨の日も風の日も毎朝道路を拭いている北城さんの姿を見て許す気持ちになったのだという。 十一・十八夜 「弟の祐史を生き返らせてほしい…」 火渡りの願いは決めていたはずだった。それなのにさゆみの心は揺れ動き始める。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 35,798 最終更新日 2018.08.30 登録日 2018.08.30
普通の家族の物語です
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 4,156 最終更新日 2019.04.01 登録日 2019.03.23
24
現代文学 完結 ショートショート
僕の母は、ひきこもり主婦でちょっと変わってる。 そんな母と僕のカオス四行会話。 クスっと笑ってもらえたら・・・。 *『投稿漫画』のページで、2コマ漫画にして投稿しております。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 2,416 最終更新日 2019.06.02 登録日 2019.04.10
家政婦静子と令嬢恭子の視点で 恭子の継母、実母との家族の形、亡き父、実母の夫婦の形を描きます。 ◇印で視点が変わります。  大富豪長田家の家政婦の採用試験で合格した遠野静子は一人娘の長田恭子の専属の家庭教師も兼任することとなった。  恭子は幼い頃、両親の離婚で母と離れ離れとなり、その後、父も他界し、今では家に寄りつかない継母との二人暮しをしている。けれど、恭子は寂しさを微塵も出さない強い女の子だ。  そして恭子を優しく見守る家政婦の静子は少し慌てんぼさんだ。  大きな邸宅での意地悪な継母とのやり取り、授業参観でのおかしな道徳教育、うっかり買ってしまった漫画の雑誌、町の人々との交流、ピアノコンクールなどを通して静子と恭子の間に心の絆が構築されていく。  家政婦の静子は亡くなった長田家の当主ヒルトマンと離婚した妻とのこと調べるうちにおかしなことに気づく。  それはヒルトマンはかつて元妻を桜の花に例えていたことがあり、彼女を迎えるように邸宅の庭の小道に桜の木々が植えられていることだ。  更に邸宅を東京から神戸に移したその場所の近くには元妻の実家があること。  邸宅の中には元妻の部屋があり、家財、衣服、書籍が全て残されていることなど。  恭子の亡くなった父ヒルトマンは前妻の家の近くに家を建て、妻が戻ってくることを願って待っていたのではないだろうか? と考えるようになった。  それは花言葉の桜の花が意味するものの一つが「あなたを待つ」だからだ。  フィッツジェラルドの小説「華麗なるギャツビー」とヒルトマンが折り重なりながら物語は進み、  ある事件がきっかけで静子は前妻の家には藤棚が植えられていることを知る。  藤の花言葉・・「あなたを歓迎する」  桜の「あなたを待つ」藤の「あなたを歓迎する」  まるで離婚した夫婦が再び結ばれることを望んでいるみたいではないか?   と静子は考える。  恭子のピアノコンクールの招待券を携え前妻の邸宅を訪れた静子は藤の花言葉の本当の意味を知ることになる。  藤の花言葉には反対、真逆の意味があった。  花言葉の本当の意味が明かされる時、恭子と実の母親との真の決別の時が訪れる。   【シリーズ小説の時系列】 春       「遠野静子の憂鬱」     ↓      ↓             夏「水を守る」                     ↓ 秋「水の行方」     ↓        ↓ 冬「水をすくう」 「長田多香子の憂鬱」
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 112,539 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.04.17
父と娘の物語 読んだら面白さが分かる。 読まないと面白さは分からない。 ぜひ一度読んでもらいたい。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 1,254 最終更新日 2019.05.04 登録日 2019.05.04
愛情を受けることなく、大人になった有希。 そんな有希は初めて人生で「恋」というものを知る。 しかし、「愛する」「愛される」ということを知らず、生きてきた有希は「愛する」ことも「愛される」ことも理解できず、しだいに苦しむこととなる。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 1,845 最終更新日 2019.06.07 登録日 2019.05.18
あの春道、モグと一緒に、散歩して。。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 6,286 最終更新日 2019.05.29 登録日 2019.05.29
29
現代文学 完結 ショートショート
日常から零れるつぶやき
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 865 最終更新日 2019.06.23 登録日 2019.06.23
児童養護施設育ちの若夫婦を中心に、日本文化や風習を話題にしながら四季を巡っていく短編連作集。基本コメディ、たまにシリアス。前半はほのぼのハートフルな話が続きますが、所々『人間の悪意』が混ざってます。 テーマは生き方――差別と偏見、家族、夫婦、子育て、恋愛・婚活、イジメ、ぼっち、オタク、コンプレックス、コミュ障――それぞれのキャラが自ら抱えるコンプレックス・呪いからの解放が物語の軸となります。でも、きれいごとはなし。 プロローグ的番外編5編、本編第一部24編、第二部28編の構成で、第二部よりキャラたちの縁が関連し合い、どんどんつながっていきます。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 327,446 最終更新日 2019.07.24 登録日 2019.06.26
31
現代文学 完結 ショートショート
 鏡台の擬人化。鏡台視点の語り。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 1,443 最終更新日 2019.07.13 登録日 2019.07.13
祖母が死んだ。二代にわたって、ひとりっ子の母子家庭だった。母と私は、祖母の亡骸のかたわらで夜伽をしながら、もうこの世にはいない祖母について、静かに語りはじめる。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 10,345 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.18
毎年楽しみにしている夏休みの親戚旅行。でも、今年のノブは気が進まない。彼女は蚊に刺されるのが怖い。蚊が媒介する恐ろしい伝染病にかかって、脳みそが溶けてしまうのだ怖いのだ。ノブは完全防備で旅行に挑む。しかし、蚊の大群は彼女の頭の中でわんわん飛び交っている。毎年の旅行の日程はこなさなければならない、、、。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 4,916 最終更新日 2019.07.29 登録日 2019.07.29
家族ってなんだろう? 母の再婚によって、生活も人間関係も大きく変化していく。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 38,452 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.07.29
35
現代文学 完結 ショートショート
夢を見た。しばらく思い出すこともなかった母の夢だ。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 2,013 最終更新日 2019.09.10 登録日 2019.09.10
自由に愛を選択できない時代で恋を見つけた。 貴族同士の婚姻は恋愛結婚は有り得ない。それでも彼は恋をしてみたかった。初めて彼女に出会ったその日、彼女は慎ましい姿で逞しいことばを彼に告げた。そして彼は恋に落ちた。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 7,253 最終更新日 2019.09.30 登録日 2019.09.30
 親が離婚をするらしい。  現代社会において離婚率は三割を超えるようで。  だから気にする事では無いみたいで。  或いは辛いね辛いねと慰められる事のようで。  私の気持ちは宙ぶらりんだ。  誰も掴めやしない。  誰も理解はしてくれない。  勿論、宙へ浮いた気持ちは私にも知れない。  周りに求められている自分も。  悲劇の最中にいる気の自分も。  きっとどちらも自分じゃ無い。  そもそも自分なんてずっと居なかった。  誰かに依存していたんだって気付いた。  友達に、憧れの人に、親戚や、両親に。  愛されていたかったから。  愛される着ぐるみを着たんだ。  それに気付いたからかな。  いいや、そんなの関係無かった。  そんなのは一人の時間が生んだ只の自己分析で。  結局はただ逃げ出したかっただけなんだ。  何も考えたくなくてここに着いた。実習棟一階の階段横の物置。ここには誰も来ないし、来たところで皆無関心だ。けれど逃げた先でも、自分自身は絶対に私を逃がしてくれはしなかった。  そこへふらっと貴方が現れた。ボロボロの身体で、反骨の心を顕にした顔つきで。貴方を一目見ただけで、私は少し救われた気がした。貴方は俯いて泣いていた私を見て、どう思っていたんですか。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 10,914 最終更新日 2019.11.22 登録日 2019.10.15
あんたも私も鏡みたいなもんだよ あんたなんか 大っ嫌い
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 1,451 最終更新日 2019.11.05 登録日 2019.11.05
シングルファザーの孝介と娘はるかの不器用でちょっと切ない物語です
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 600 最終更新日 2019.11.19 登録日 2019.11.19
40
現代文学 連載中 短編 R18
 小曲絵美は、夫·隆と相談し、息子·雅弘の幼稚園入園の為に住んでいたマンションを引き払い、義父と同居することとなった。  これまで年に数回しか来なかった義実家ではあるが、空いている部屋を自由に使ってもいいと銀二が言い、絵美はその内の一部屋を趣味の部屋に貰い受けた。  元々仕事人間だった隆は、同居をしてからというもの更に帰宅が遅くなったが、休日は家族と過ごす事が多くなった。そんなある日、隆は仕事で北海道へと出張に行った夜···。絵美は、酒に酔った銀二に襲われた。隣には、雅弘が眠っていたのに···。  ショックが抜けない絵美。でも、夫には言えず悩んでいた。 「お願い···。やめて···お義父さん···」  隆が、出張で居ない何度目かの夜、絵美は雅弘の前で···。
24hポイント 49pt
小説 8,923 位 / 64,087件 現代文学 111 位 / 2,787件
文字数 23,552 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.12
211 12345