『カールロット公爵令嬢は魔女である』~冤罪で追放されたので、本当に災厄の魔女になることにした~

「私、魔女なんかじゃない!」
 そう叫んだ声は誰にも拾われないまま、王太子の妃候補だったレダリカは、その王太子を呪った“魔女”として追放されてしまった。

 何が起きたのか、レダリカ自身にもわからなかった。彼女はただ、妹ルゼの自由奔放さを羨みながらも、王太子の婚約者として栄光と努力を積み重ねていただけだったのに。
 それなのに、ある朝突如『王太子を呪った魔女』という濡れ衣を着せられ、投獄された。そして僻地“日没の森”へと、身ひとつで追放されてしまったのだ。

 残してきた妹ルゼの身を心配しながらも、森の城に住む魔法使いフラウリッツに助けられたレダリカ。しかし連れてこられた魔法使いの城で、よりにもよって王太子とルゼが共謀して、自分を裏切っていたことを知ってしまう。

 悲嘆にくれたレダリカは決意した。このまま本当に魔女となって、自分を陥れた者たちに報復してやろうと。

 というわけで。
「弟子にして、フラウリッツ」

 カールロット公爵令嬢レダリカ、この時をもって王家に仇なす魔女を志すこととする。

 ……それにしても、このフラウリッツとかいう魔法使いとその仲間たちの、ゆるいことといったら。
24hポイント 21pt
小説 24,451 位 / 143,531件 恋愛 11,089 位 / 44,750件