現代文学 ほっこり小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ ほっこり×
80 12
昭和の七三子
24hポイント 349pt
小説 2,900 位 / 77,179件 現代文学 29 位 / 3,309件
文字数 23,613 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.07.11
ある日、しがない会社員の独身男性がアパートの近くに捨てられていた子猫を拾った。 その子猫はトンでもない問題児で…? ティッシュを撒き散らし、カーテンは ズタズタになるのは日常茶飯事。 おバカな猫に振り回される日々に、男の心境に少しずつ変化が起きる。
24hポイント 349pt
小説 2,900 位 / 77,179件 現代文学 29 位 / 3,309件
文字数 7,908 最終更新日 2020.07.10 登録日 2020.07.06
3
現代文学 完結 ショートショート
猫と人間による、オムニバスショートストーリー♪ 【あらすじ】 〈第一話〉「猫とある人間」 私がいつものように散歩していると、ある人間が、私に話しかけてきた。 「お前を飼ってやろう」 その申し出に、私は自分の意思を伝えた……。 猫にだって意思がある。 不思議なショートストーリー♪ 〈第二話〉 俺は、愛猫と一緒にスーパーにやって来た。 愛猫は、高級ちゅ~るが欲しいとねだるが、俺は金欠で……。 ちゅ~る買うの?買わないの? 俺と愛猫の闘争(?)劇。
24hポイント 299pt
小説 3,347 位 / 77,179件 現代文学 38 位 / 3,309件
文字数 2,271 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.06.28
パリに暮らす初老の作家、一ノ瀬五郎と両親を亡くした鮎川アリスがパリのレストランで偶然出会い、親子ほども年の離れたふたりが共同生活を始めるが、そこに男女の関係はなかった。 五郎は自分の別れた娘をアリスに投影してしまう。 アリスは他界した母親がよく話してくれた、サモトラケのニケの女神像を見るためにパリを訪れたのだった。冬のパリを舞台に家族のようになっていく五郎とアリス。 余命いくばくもない五郎のためにアリスが取った行動とは?
24hポイント 299pt
小説 3,347 位 / 77,179件 現代文学 38 位 / 3,309件
文字数 15,712 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.06.28
違う世界線での話 そこでは差別もなく、争いもない。 『平和な世界』 皆考えが同じで、日々を過ごしていく、 素晴らしい世界。 機械と一部の人間に侵食され、進化すら操られている事も気付かずに。
24hポイント 299pt
小説 3,347 位 / 77,179件 現代文学 38 位 / 3,309件
文字数 1,730 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.06.21
妻が急死した小野寺浩一は、そのショックに耐え切れず、昔の恋人が住む山口県の長門湯本を訪ねる。だが彼女が嫁いだ温泉旅館は一家がすでに引っ越していた。落胆した浩一は彼女の実家がある島根県の安来を訪ねようと思い、夜通し歩いて日本海が見える町まで着いた。そこからはバスで行けばよいだろうと思ったのだ。ところがバスを待っていると1人の少女が現れて、浩一と同じ安来の方へ向かうと言う。二週間ほど前に亡くなった実母の墓を訪ねるためと言うのだが・・・。
24hポイント 149pt
小説 5,322 位 / 77,179件 現代文学 72 位 / 3,309件
文字数 2,383 最終更新日 2020.07.09 登録日 2020.07.09
誰しもが幼いころ一度は似たような経験がある話。その記憶は少々せつなく苦みもありますが、大人になってふり返ると懐かしく忘れられない人生の宝物になっているのではないでしょうか。
24hポイント 149pt
小説 5,322 位 / 77,179件 現代文学 72 位 / 3,309件
文字数 2,798 最終更新日 2019.07.21 登録日 2019.07.21
8
現代文学 完結 ショートショート
私の息子は小さい頃からとある病気で車椅子生活。 脳関連の病気のため、他の人よりも知能がかなり低い。 とある日、病院に行くためにバスに乗ったのだが………
24hポイント 149pt
小説 5,322 位 / 77,179件 現代文学 72 位 / 3,309件
文字数 943 最終更新日 2018.07.05 登録日 2018.07.05
9
現代文学 完結 ショートショート
SPOONCAST用台本です。 寝落ち通話っていいよね。
24hポイント 99pt
小説 6,661 位 / 77,179件 現代文学 89 位 / 3,309件
文字数 534 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.28
10
現代文学 完結 ショートショート
わたしはフラれてしまった。
24hポイント 99pt
小説 6,661 位 / 77,179件 現代文学 89 位 / 3,309件
文字数 929 最終更新日 2018.03.31 登録日 2018.03.31
11
現代文学 完結 ショートショート
腕利き時計職人の架空の独白。 なんちゃって創作落語風味。 気に入ったら一行でいいので感想ください。 書いてる側からしたら、結構嬉しいもんですよ。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 1,042 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.07.07
12
現代文学 完結 ショートショート
嬉し恥ずかし
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 422 最終更新日 2020.07.02 登録日 2020.07.02
ある家族の、ほんわりとした日常を綴る連作短編。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 8,436 最終更新日 2020.06.17 登録日 2020.06.17
14
現代文学 完結 ショートショート
SPOONCAST用台本です。 好きな人へ手紙を。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 918 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.28
家族ってなんだろう? 母の再婚によって、生活も人間関係も大きく変化していく。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 38,452 最終更新日 2019.10.22 登録日 2019.07.29
16
現代文学 連載中 ショートショート
つよくてかわいいしろくまさん。今日はいったい何屋さんをやっているのでしょう? 短編、掌編、詩、なんでもありの、しろくまつめあわせ。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 5,833 最終更新日 2019.08.11 登録日 2019.07.27
 あなたと過ごす時間は、あたたかくてしあわせだった。  あなたのことは――忘れない。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 30,474 最終更新日 2020.03.29 登録日 2019.07.21
18
現代文学 完結 ショートショート
「あなたの涙、いただきます」  そう言って人知れず涙を流す『わたし』の前に現れたのは、体長10センチほどの小人だった。  しかもその小人は、何故かタキシードを着ていて、頭にはヘルメットをしている。そしてなにより、体に似合わぬ大きなバケツを持っていた。  彼は、涙が主食の『美食家』だと言うが──。  少し変わった涙の美食家の舌鼓。  あなたの涙は、どんな味ですか?  ***表紙画像:椎名S様より***
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 53,323 最終更新日 2019.08.28 登録日 2019.06.28
19
現代文学 完結 ショートショート
僕の母は、ひきこもり主婦でちょっと変わってる。 そんな母と僕のカオス四行会話。 クスっと笑ってもらえたら・・・。 *『投稿漫画』のページで、2コマ漫画にして投稿しております。
24hポイント 49pt
小説 9,490 位 / 77,179件 現代文学 119 位 / 3,309件
文字数 2,416 最終更新日 2019.06.02 登録日 2019.04.10
20
現代文学 連載中 短編 R15
ある日家の前でうずくまっていた男の子を拾った大学生の横山《よこやま》詩《うた》。少年と自分の過去に向き合い、家族になっていくお話。 念の為R15指定にしています。
24hポイント 7pt
小説 19,562 位 / 77,179件 現代文学 323 位 / 3,309件
文字数 4,163 最終更新日 2019.07.12 登録日 2019.07.10
21
現代文学 完結 ショートショート
その少女は、高校時代の菜月を彷彿とさせた。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 2,851 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.07.05
「あなたってホントにダメ亭主ね」「パパなんか嫌い、傍に来ないで!」といつも家族から相手にしてもらえない主人公の酒巻雄一は、ある日、子供の頃に捨てられた親の遺産を相続することになる。その額3億円。だが酒巻はそれを家族には知らせてはいなかった。「今まで俺を無視して好き放題してきたあいつらにはビタ一文渡すものか」と考えた酒巻。初めのうちは家族に隠れて豪遊していたが、やがてそれにも飽きてしまう。そしてどうしたらこの金を有効に使うことができるだろうかと、ある結論に辿り着く。それは「理想の家族を作る」ということだった。酒巻はさっそく求人広告を出す。「求む、あたたかい家族」と。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 1,525 最終更新日 2020.07.05 登録日 2020.07.05
初夏の頃、とある喫茶店で2人の男子が話をしていた。掴みどころのあるような、ないような。 少し考えさせられる日常会話純文学。 この話の先に一体何があるのか。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 4,321 最終更新日 2020.07.01 登録日 2020.07.01
ほっこりじんわり大賞短編にエントリーしています。 現代ドラマです。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 26 最終更新日 2020.07.01 登録日 2020.07.01
25
現代文学 連載中 長編 R15
ニート男の娘とロリエルフの出会いが奏でるハートフルハードロック
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 92,871 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.29
26
現代文学 連載中 ショートショート
身近なお題から作った500~1000文字程度の、軽いスナック感覚掌編作品の練習帳!! 完全気まぐれ不定期更新。 今のところ語り口は統一してます。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 9,263 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.06.24
それぞれ違う人達の人生を少しずつ除き見れるような短編集です。 繋がりはありません。(伏線等、高度な技術が出来ないため)m(_ _)m 先に書いていた3つの物語もまとめてあります。 まだまだ未熟者なのですが、如何せんメンタルがゴミなもので!優しく暖かい目で見ていただけると幸いです。 楽しんで頂けたら嬉しいです。 なんでもありの人向けです!
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 7,781 最終更新日 2020.06.21 登録日 2020.06.15
28
現代文学 完結 ショートショート
披露宴で花嫁が両親への感謝の手紙を読む。 感動的であるはずの場面で洋子は「母さん」という宛名しか口にしなかった。 *ほんの少しだけ虐待表現があります。直接の描写はありませんがご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 2,438 最終更新日 2020.05.23 登録日 2020.05.23
全員、他人同士。なのに、家族。 「俺が大魔王になったら、死んだ人たちもよみがえるかなぁ」
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 59,580 最終更新日 2020.03.24 登録日 2020.02.17
30
現代文学 完結 ショートショート
一皮むけたい。もっと自分を高めたい! 前に中々進めない! もっと自分は変えられるんだ! という方に読んで欲しいです。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 1,073 最終更新日 2019.12.31 登録日 2019.12.31
31
現代文学 完結 ショートショート
SPOONCAST用台本です。 人工衛星って見たことあります?
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 357 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.28
32
現代文学 完結 ショートショート
SPOONCAST用台本です。 日中に見える月。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 472 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.28
(お正月)をテーマにした作品です。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 3,820 最終更新日 2019.12.17 登録日 2019.12.17
仕事を辞めた青年は、ふと思い立って昔を過ごした土地に足を踏み入れる。雪が積もった周囲を見ながら、少年の頃に登った山の前でぼんやりとしていると、目の前に小さな男の子が現れた。彼に連れられるかのように山を登り始めた青年は、さまざまな出来事に出会いながら、頂上に着くまでに何を考えるのか。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 3,437 最終更新日 2019.11.30 登録日 2019.11.30
母さんと喧嘩した。愛凛子はいつも「誰かのおまけ」ということに嫌気がさし、家を飛び出した。そんな14歳の春。母と向き合うことをやめたその日、愛凛子は美しい老婦人と出会った。 忠実子と名乗る老婦人と友達になり、そして親友に。夢のような生活を送るはずだった。 「忠実子さんがお母さんだったらよかった」 自分が死ぬまでの十三年間を、忠実子さんと過ごした日々と共に綴った一作。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 43,133 最終更新日 2020.06.03 登録日 2020.05.18
36
現代文学 完結 ショートショート
クリスマスが近くなった、ある凍えた夜に起こった、こころ温まるストーリー。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 1,811 最終更新日 2019.11.23 登録日 2019.11.23
僕の職業?? えーっとね。 お願いを聞くこと。 え?聞くだけ?だって?? そりゃぁ叶えてあげたいさ。 でもね、現実ってそんな甘くないんだよね。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 197 最終更新日 2019.09.26 登録日 2019.09.26
『シュレーディンガーの猫』とは、箱の中にある一定の条件で毒が発生する装置を設置し、その中に猫を閉じ込める。1時間で装置が作動するか、しない確率が同じ場合、箱を開けるまで、猫の生死は1対1の状態に保たれることになる。しかし、観察者が箱をあけた瞬間に、必ずどちらかの結果が得られる。 それは恋と同じじゃないでしょうかね。 数学が得意な女子高生、晶子は故にカズ子(数子)と呼ばれていた。彼女が夕暮れに撮影しようとした猫の写真になぜかそこにいるはずのない女子校生が映り込んでいた。その謎を解くために中学から同級の野球部のキャプテン田中に相談する。 二人はその現場に向かうが、そこで起きた不思議なこととは。 トワイライトが引き起こす、不思議な出来事、甘く切ない恋物語。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 10,552 最終更新日 2019.07.31 登録日 2019.07.31
ルルちゃん(生後約2ヶ月未満)には足がない。肉球が2個剥がれ落ちていて、そこだけ空間になっているが、元気はいい。 ことのおこりは、約1ヶ月前、外の野良猫(正しくは隣の家の外飼い専門の野良猫)が赤ちゃんを産んだ。 ごはんもやってないようで、みゃーみゃー泣き声がする。とうとううちの敷地内まで入って鳴き出すようになって、いたたまれなくなり、家族で相談した結果、保護、避妊させて飼うか、新しい里親を見つけようということになった。 仔猫は4匹。 あるとき、1匹がなかなか姿を現さなくなる。心配で、死んでしまったかと思ったが、数日後、元気に姿を見せた。 金魚すくいのように、保護されたルルちゃんは、足をケガしていた。 そして、何日目かの朝。床にぽろりと何かが落ちている。よくよく見ると足! 衝撃の朝だったーーーー。 そして8匹の物語がはじまる。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 2,303 最終更新日 2019.10.21 登録日 2019.07.31
かつての新人賞作家、鏑木陽一は久しく小説を書いていなかった。ライターとしてゲームのシナリオを書くなどして生計を立てていたが、何度か仕事の世話をしてくれた坂本から小説を書いてみないかと提案され、5年前に他界した鏑木の師匠である宮田のアドバイスを思い出し、夜の町にでかけることにした。夜まで書店で時間を潰していた鏑木は懐かしい人影を目にする。それはいるはずのない宮田の影を追って町をさまよう鏑木を季節はずれのサンタクロースの格好をした女の子に声をかけられる。言われるがままに店に連れ込まれる鏑木。人違いだと説明する間もなく席に案内されるとそこには、宮田がいたらしい形跡が……。そしてパンツを被った男たちによる摩訶不思議なショーが始まる。
24hポイント 0pt
小説 77,179 位 / 77,179件 現代文学 3,309 位 / 3,309件
文字数 20,592 最終更新日 2019.07.30 登録日 2019.07.29
80 12