小説 一覧

タグ 群像劇風味 ×
1
伯爵家の長男アベルは父から毎日のように怒鳴られ、死にたいと強く願う。一方、執事のバティストは彼を守りたかった。ある日、厨房から包丁が盗まれた。目撃情報はなく犯人も分からない。次に起きたのは、使用人が次々に忽然と姿を消す事件だった。気味悪がって辞めていく使用人も現われ、屋敷はすっかり静寂に包まれてしまう。執事もメイドも、料理人も一人しかいない。そんな中で一人、アベルは心穏やかに暮らしていくが――心を病んだ少年アベルと使用人たちの、何かがおかしい物語。
24hポイント 21pt
小説 5,580 位 / 29,729件 ミステリー 42 位 / 830件
文字数 36,862 最終更新日 2018.06.12 登録日 2018.05.17
1