第8回歴史・時代小説大賞小説一覧

40
近藤勇の『首』が消えた……。 新撰組の局長として名を馳せた近藤勇は板橋で罪人として処刑されてから、その首を晒された。 しかし、その首が、ある日忽然と消えたのだった……。 近藤の『首』を巡り、過去と栄光と男たちの愛憎が交錯する。 首はどこにあるのか。 そして激動の時代、男たちはどこへ向かうのか……。 ※男性同士の恋愛表現がありますので苦手な方はご注意下さい
24h.ポイント 21pt
小説 26,204 位 / 183,944件 歴史・時代 160 位 / 2,108件
文字数 192,949 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.05.30
 四境戦争。  そうよばれることもある第二次長州征討は、終わりを迎えようとしていた。  大島口、芸州口、石州口の戦闘は、徳川慶喜の工作による休戦の勅命で停止しており、残る小倉口も孤軍奮闘していた小倉藩が力尽き、和睦を乞う状況で、終わりが見えていた。  しかしながら、長州側の出した条件、小倉藩主小笠原家の嫡男を人質にという条件を巡り、小倉藩は紛糾する。  小笠原家の嫡子を人質に出すということは、小笠原家が毛利家に服従するということ。  全面降伏せよと言うことであり、小倉藩士にとって受け入れることのできぬ条件であった。    このような状況の中、島村志津摩は、小倉藩の家老となり、長州藩との交渉に臨む。  島村の考えた和睦案で藩論をまとめて。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 5,790 最終更新日 2023.06.01 登録日 2023.05.31
明治14年、伊藤博文は大隈重信と対峙していた 二人の間にはもうひとりの男の影が その男の名前は井上馨 盟友と言われるが‥‥
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 9,332 最終更新日 2023.05.31 登録日 2023.05.31
 江戸時代。とある藩に島田正之助という男がいた。彼は齢にして六十、子はおろか孫にも恵まれた傍目には理想の隠居生活を送っていた。  しかし彼の目にはいつも暗い光が灯っており、時折悲しそうな瞳で孫らを見ている。そしてその孫の一人である平次郎が元服を迎えた秋の事。正之助は平次郎に渡したいものがあると言って廃寺へと誘う。  そして元服の祝いにと孫へ一振りの竹光を差し出すと、徐に島田家の過去について語り始める。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 11,049 最終更新日 2023.05.30 登録日 2023.05.30
井沢元彦先生の掲示板に投稿した文章をまとめたものです。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 エッセイ・ノンフィクション 7,766 位 / 7,766件
文字数 15,428 最終更新日 2023.05.25 登録日 2023.05.21
江戸時代の初期、徳川家光が三代将軍となったばかりの頃。 浪人・園部多門は、妻・さきが不治の病を患っている事を知る。 思い悩んだ末、金を稼ぐ為に多門は武士を捨てる決心をするが、それに気付いたさきは怒り、離縁してくれとまで夫へ訴えた。 二十年以上、一途に武士の妻として生きてきた信念や価値観が、死の恐怖より強く彼女を駆り立てているのだ。 共に根は頑固。 言い出すと後に引けない性分同士である。 感情的になった話し合いはこじれにこじれ、時に激しく、時に切なく、時に滑稽なやりとりが続く。 しかし、それらは全て互いに相手を思いやる気持ちの表れ。 己の本心を偽りなく曝け出した時、二人が選ぶ愛の行方は…… エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+にも投稿しております。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 8,945 最終更新日 2023.05.25 登録日 2023.05.22
歴史の中でも人気の高い事件、「本能寺の変」、その謎に迫ります。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 キャラ文芸 4,382 位 / 4,382件
文字数 43,788 最終更新日 2023.05.24 登録日 2023.05.24
8
ライト文芸 連載中 ショートショート
平安時代、最強の陰陽師・安倍晴明。 彼が大仕事の宴の後、朝目が覚めると女になっていた! 原因は分からず、女とバレたら都追放or死罪。 味方は弟子の蘆屋道満(女子)のみ。 二人で女という事隠して平安の都を舞台に元に戻る方法を探すTSストーリー。 全12話予定
24h.ポイント 28pt
小説 22,301 位 / 183,944件 ライト文芸 348 位 / 7,336件
文字数 7,517 最終更新日 2023.05.15 登録日 2023.05.03
崇神天皇から景行天皇そしてヤマトタケルまでの歴史を再構築する。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 エッセイ・ノンフィクション 7,766 位 / 7,766件
文字数 38,353 最終更新日 2023.05.11 登録日 2023.05.11
巌流島で武蔵と戦ったあの佐々木小次郎は剣聖伊藤一刀斎に剣を学び、徳川家のため幕府を脅かす海賊を粛清し、たった一人で島津と戦い、豊臣秀頼の捜索に人生を捧げた公儀隠密だった。孤独に生きた宮本武蔵を理解し最も慕ったのもじつはこの佐々木小次郎を名乗った男だった。任務のために巌流島での決闘を演じ通算四度も死んだふりをした実在した超人剣士の物語である。
24h.ポイント 42pt
小説 17,449 位 / 183,944件 歴史・時代 95 位 / 2,108件
文字数 236,528 最終更新日 2022.09.23 登録日 2022.05.12
「近頃、江戸に『隠し神』というのが出るのをご存知ですかな?」  吉原と江戸。  夜の町と昼の町。  賑やかなふたつの町に、新たなる事件の影が――。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 40,753 最終更新日 2022.07.06 登録日 2022.05.30
車丹波守斯忠。「猛虎」の諱で知られる戦国武将である。 慶長五年(一六〇〇年)二月、徳川家康が上杉征伐に向けて策動する中、斯忠は反徳川派の急先鋒として、主君・佐竹義宣から追放の憂き目に遭う。 しかし一念発起した斯忠は、異母弟にして養子の車善七郎と共に数百の手勢を集めて会津に乗り込み、上杉家の筆頭家老・直江兼続が指揮する「組外衆」に加わり働くことになる。 目指すは徳川家康の首級ただ一つ。 しかし、その思いとは裏腹に、最初に与えられた役目は神指城の普請場での土運びであった……。 その名と生き様から、「国民的映画の主人公のモデル」とも噂される男が身を投じた、「もう一つの関ヶ原」の物語。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 146,142 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.05.31
「韓劇♡三百字シアター」の解説や創作裏話等々を書きました。韓国(朝鮮)史を楽しむのに役立つ内容にもなっています(たぶん💦)
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 エッセイ・ノンフィクション 7,766 位 / 7,766件
文字数 2,897 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.06.23
信長の末裔、信乃介が江戸に蔓延る悪を成敗していく。 信乃介は平家ゆかりの清雅とお蝶を助けたことから平家の隠し財宝を巡る争いに巻き込まれた。 母親の遺品の羽子板と千羽鶴から隠し財宝の在り処を掴んだ清雅は信乃介と平賀源内等とともに平家の郷へ乗り込んだ。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 119,065 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.05.05
🙇‍♂️時は、大正そして昭和。【男装の麗人】のモデルとなった芳子は、満州で安国軍の総司令として、勇敢に戦います。やがて、日本は敗戦。芳子は、中国で銃殺刑に💦ところが👍2009年頃、【川島芳子生存説】が浮上。当時の中国主席、温家宝は生存説を否定しませんでした。様々な本を読むうちに、確信したのです。★☆★彼が、芳子を獄中から救い出した★☆★と。🍀リアリティを追及した時代背景と共に、甘くほろ苦いラブストーリーを展開します💖※<エピソード>は、一話完結です。スキップしても、一話のみでもお楽しみいただけます🥰
24h.ポイント 63pt
小説 13,739 位 / 183,944件 歴史・時代 70 位 / 2,108件
文字数 93,172 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.05.30
天文5年(1536)尾張国の侍長屋で、産声を上げた池田勝三郎は、戦で重傷を負い余命を待つだけの父、利恒と、勝三郎を生んだばかりの母、お福を囲んで、今後の身の振り方を決めるため利恒の兄、滝川一勝、上役の森寺秀勝が額を付き合わせている。 利恒の上司、森寺秀勝の提案は、お福に、主、織田信秀の嫡男吉法師の乳母になることだった……。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 128,404 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.05.01
一九六一年、ウィーン郊外に住まう老婦人をひとりの記者が訪ねる。 老婦人の名はエリザベート・マリー・ペツネック。 オーストリア=ハンガリー帝国の実質的な最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフの孫娘であり、後に社会民主主義者と結婚したため「赤い皇女」とも呼ばれる女性だった。 取材に対して「私は何も語らない(ich rede nichts)」、すべては終わったことだと言いながら、彼女は過ぎた時代に思いを馳せる── 表紙画像はぱくたそより。
24h.ポイント 106pt
小説 9,724 位 / 183,944件 歴史・時代 42 位 / 2,108件
文字数 109,782 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.05.31
吉良上野介。 源氏の流れをくむ名門高家。 彼は、「松の廊下」で赤穂藩主の浅野内匠頭から切り付けられるという刃傷事件に遭遇するも軽傷ですんだ。 加害者の浅野内匠頭は切腹の上に御家断絶。 残された家臣たちは浅野家断絶により流浪に身に転落した。 頼りになる親族がいれば話は別だろうが、そうでない者は露頭に迷うしかない。 家臣たちは「主君の仇討ち」を決意した。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 28,520 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.05.31
 八代将軍徳川吉宗の治世において、女奉行所が設置される事になった。  享保の改革の一環として吉宗が大奥の人員を削減しようとした際、それに協力する代わりとして大奥を去る美女を中心として結成されたのだ。  どうせ何も出来ないだろうとたかをくくられていたのだが、逆に大した議論がされずに奉行が設置されることになった結果、女性の保護の任務に関しては他の奉行を圧倒する凄まじい権限が与えられる事になった。  そして奉行を務める美女、伊吹千寿の下には、〝熊殺しの女傑〟江沢せん、〝今板額〟城之内美湖、〝うらなり軍学者〟赤尾陣内等の一癖も二癖もある配下が集う。  権限こそあれど予算も人も乏しい彼女らであったが、江戸の町で女たちの生活を守るため、南北町奉行と時には反目、時には協力しながら事件に挑んでいくのであった。
24h.ポイント 42pt
小説 17,449 位 / 183,944件 歴史・時代 95 位 / 2,108件
文字数 139,611 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.05.29
猿楽小屋や市で賑わう京の寺院にて、軽業師の竹早は日の本一の技を見せる。そこに、参詣に訪れていた豊臣秀吉の側室・松の丸殿が通りがかり、竹早は伏見城へ行くことに。やがて竹早は秀頼と出会い…。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 44,833 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.05.29
捕鯨によって空前の繁栄を謳歌する太地村を領内に有する紀伊新宮藩は、藩の財政を活性化させようと新しく藩直営の鯨方を立ち上げた。はぐれ者、あぶれ者、行き場のない若者をかき集めて作られた鵜殿の村には、もと武士でありながら捕鯨への情熱に満ちた権藤伊左馬という巨漢もいた。このままいけば新たな捕鯨の中心地となったであろう鵜殿であったが、ある嵐の日に突然現れた〈竜〉の如き巨大な生き物を獲ってしまったことから滅びへの運命を歩み始める…… これは、愛憎と欲望に翻弄される若き鯨猟夫たちの青春譚である。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 110,508 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.05.28
領土拡大を目指す武田信玄は三増峠での戦を終え、駿河侵攻を再開しようと準備をしていた。 しかしある日、謎の刺客によって信玄は連れ去られてしまう。 望月千代女からの報告により、武田家重臣たちは主人を助けに行こうと立ち上がる。 信玄を捕らえた目的は何なのか。そして彼らを待ち受ける困難を乗り越え、無事に助けることはできるのか!? ※極力史実に沿うように進めていますが、細々としたところは筆者の創作です。物語の内容は歴史改変ですのであしからず。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 34,485 最終更新日 2022.06.23 登録日 2022.05.13
戦国時代の終わり、赤い曼珠沙華の咲く廃城を行く若者がいた。 小田原北条氏最大の山城、悲劇の城となった八王子城が舞台の青春譚。 <主な登場人物> 八王子城下の刀鍛冶の少年・榧丸(かやまる) 元刀鍛冶で足軽の竜(後に竜之介と改名) 北条氏照の養女・波利姫(はりひめ) ※八王子城は北条氏照(三代当主・北条氏康の三男)によって築かれた小田原北条氏の支城。 1590年(天正18年)6月23日、豊臣秀吉の東征軍で、北陸と信濃の大名たち(前田利家、上杉景勝、直江兼続、真田昌幸ら)による北陸支援隊三万五千の軍勢により攻め落とされる。 ★史実の流れに沿ったフィクション、中編小説です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 67,565 最終更新日 2022.06.22 登録日 2022.05.06
黒船来航から少しの時代。動物狂いでお家断絶になった侍、渡会正嗣と伊勢屋の次女ふたみはあるきっかけから協力して犬、猫、鶏と一緒になって世を守る。世直しドタバタ活劇。綺羅星の様な偉人ひしめく幕末の日本で、二人がひっそりと織り成す物語です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 128,913 最終更新日 2022.06.13 登録日 2022.05.04
平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明様の幼少期のお話です。ほとんどオリジナルになってますけど‥。作品自体はずっっっと前に創作したものなので、途中から文面が変わります。今と前では文章が違うので読み辛くなるかもしれませんが宜しくお願いします。 第8回歴史・時代小説大賞参加中です。 宜しくお願い致します。 前回タイトルを変え忘れてしまったので大会後変更致します。 陰陽師〜安倍童子編〜を 陰陽師-平安の闇と妖- というタイトルへ8月から変更予定です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 17,813 最終更新日 2022.06.10 登録日 2021.05.15
江戸時代、宇土と呼ばれる身体の大きな青年が荒川のほとりに座っていた。 宇土は相撲部屋にいたのだが、ある事から相撲部屋を首になり、大工職人に弟子入りする。 しかし、物覚えが悪い兄弟子からは怒鳴られ、愚鈍と馬鹿にされる。そんな宇土の様子を見てる弟弟子からも愚鈍と馬鹿にされていた。 将来を憂いた宇土は、荒川のほとりで座り込んでいたのだった。 すると、老人が話しかけてきたのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 18,476 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.05.28
 人里離れた山奥の峠に、寂れた小さな茶屋がある。  番をするのは若い娘で、器量も良ければ気風も良い。  ただ、とんと縁が無い。  善悪いずれも関わらない。  関わろうとも、不思議と切れる。  切れるのならば仕方が無い。それはそれで、良しとしよう。  そういう風に考えて、娘は今日も番をする。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 11,671 最終更新日 2022.06.03 登録日 2022.05.12
古の中国、南宋が成立したころ、ある豪族の令嬢が恋に落ちた。相手は都の貴族の息子、彼を攻略することはできるのか。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 2,476 最終更新日 2022.05.31 登録日 2022.05.31
商人たちがにぎやかな江戸、田沼時代。 薬種問屋の春日屋に真面目で融通のきかない修三と、おおらかだが大雑把で仕事ができない喜助というふたりの手代がいた。ことあるごとに喜助の尻拭いをすることになる修三は辟易していたが、同時に喜助が人の目を集める愛嬌で人の輪を軽々と泳いでいる姿に不満を持っていた。 ある日、修三は喜助と次の小番頭の座を争うことになってしまうが、それは修三にとって自分の黒い感情を知るきっかけになってしまい……。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 29,782 最終更新日 2022.05.31 登録日 2022.05.30
番頭の赤沢太兵衛に嫁して八年。初(はつ)には子が出来ず、婚家で冷遇されていた。夫に愛妾を迎えるよう説得するも、太兵衛は一向に頷かず、自ら離縁を申し出るべきか悩んでいた。 その矢先、領内で野盗による被害が頻発し、藩では太兵衛を筆頭として派兵することを決定する。 太兵衛の不在中、実家の八巻家を訪れた初は、昔馴染みで近習頭取を勤める宗方政之丞と再会するが……
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 41,026 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.04.20
関ヶ原合戦を目前に控えた慶長五年(一六〇〇)八月、伊勢国安濃津城は西軍に包囲され、絶体絶命の状況に追い込まれていた。城主富田信高は「ほうけ者」と仇名されるほどに茫洋として、掴みどころのない若者。いくさの経験もほとんどない。はたして彼はこの窮地をどのようにして切り抜けるのか――。 華々しく活躍する女武者の伝説を主題とし、乱世に取り残された武将、取り残されまいと足掻く武将など多士済々な登場人物が織り成す一大戦国絵巻、ここに開幕!
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 116,568 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.05.22
時は乱世。京は応仁の乱ですっかり荒れ果て、日本各地で武将たちが戦を繰り返している永禄3年(1560 年)。 勧修寺晴豊は17歳。公家と武家の両方の血を引く彼は、山深き若狭国(福井県大飯郡)に足を踏み入れていた。 政略結婚の相手――かの安倍晴明の末裔である、土御門家の姫に会うために。
24h.ポイント 85pt
小説 11,223 位 / 183,944件 歴史・時代 52 位 / 2,108件
文字数 5,865 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.05.01
三国という時代の終焉。孫呉の首都、建業での三日間の攻防を細緻に描く。 咸寧六年(280年)の三月十四日。曹魏を乗っ取り、蜀漢を降した西晋は、最後に孫呉を併呑するべく、複数方面からの同時侵攻を進めていた。華々しい三国時代を飾った孫呉の首都建業は、三方から迫る晋軍に包囲されつつあった。命脈も遂に旦夕に迫り、その繁栄も終止符が打たれんとしているに見えたが。。。
24h.ポイント 21pt
小説 26,204 位 / 183,944件 歴史・時代 160 位 / 2,108件
文字数 17,494 最終更新日 2022.05.09 登録日 2022.05.09
戦国時代。 それは、多くの大名が日本各地で名乗りを上げ、一国一城の主となり、天下の覇権を握ろうと競い合った時代。 一介の素浪人が機に乗じ、また大名に見出され、下剋上を果たした例も多かった。 その各地の武将・大名を裏で支えた人々がいる。 鍛冶師である。 これは、戦国の世で名刀を打ち続けた一人の刀鍛冶の物語―――。 2022/5/1~5日 毎日20時更新 全5話 10000文字 小説にルビを付けると文字数が変わってしまうため、難読・特殊な読み方をするもの・固有名詞など以下一覧にしておきます。 煤 すす 兵 つわもの 有明 ありあけ 然し しかし 案山子 かかし 軈て やがて 厠 かわや 行燈 あんどん 朝餉 あさげ(あさごはん) 褌 ふんどし 為人 ひととなり 元服 (げんぷく)じゅうにさい
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 10,000 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.01
 町外れの廃寺で暮らす那津(なつ)は絵を描くのを主な生業としていたが、評判がいいのは除霊の仕事の方だった。  新吉原一の花魁、桧山に『幽霊花魁』を始末してくれと頼まれる那津。  エセ坊主、と那津を呼ぶ同心、小平とともに幽霊花魁の正体を追うがーー。  ※小説家になろうに同タイトルの話を置いていますが。   アルファポリス版は、現代編がありません。
24h.ポイント 21pt
小説 26,204 位 / 183,944件 歴史・時代 160 位 / 2,108件
文字数 85,546 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.18
人は忙しくて手が回らないとき、思わず『猫の手も借りたい』という。そんな猫の手を提供しているのは、人間の姿をした化け猫お蘭。彼女は同じく化け猫族の猫又たちと、『化け猫亭』を経営。今日も店には、猫又たちの手を借りに、お客がやってくる。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 30,449 最終更新日 2021.06.22 登録日 2021.05.09
「その手に掴んだものを、守り抜く。それが使命と心得よ」 時は江戸。かつて「独眼竜」の異名で恐れられた伊達政宗の次女、牟宇姫は、もうじき はとこ の石川宗昭に嫁入りすることが決まっている。自身の「むう」という変わった名前や、許婚である宗昭との関係に悩みながらも、信頼する乳母のすみや、異母姉の五郎八姫らの支えを受けながら穏やかに暮らしていた。 しかし、そんな平穏な暮らしを妨げるように、牟宇姫毒殺未遂事件が勃発。犯人の正体を探るため牟宇姫は自ら立ち上がるが――。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 58,632 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.05.31
――藤と梅の下に埋められた、禁忌と、恋と、呪い。 時は平安――左大臣の一の姫・彰子は、父・道長の命令で今上帝の女御となる。顔も知らない夫となった人に焦がれる彰子だが、既に帝には、定子という最愛の妃がいた。 やがて年月は過ぎ、定子の夭折により、帝と彰子の距離は必然的に近づいたように見えたが、彰子は新たな中宮となって数年が経っても懐妊の兆しはなかった。焦燥に駆られた左大臣に、妖しの影が忍び寄る。 非凡な運命に絡め取られた少女の命運は。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 14,945 最終更新日 2021.06.02 登録日 2021.06.01
劉備三兄弟が荊州入りして四年後、関羽の養子として迎えられた「孟均」は悩んでいた。 彼がかつて張飛に殺されたはずの関羽の妻の子、つまり実子だから…だけではなく。 そのせいで劉備に出自を明かせず、主を欺き続けているから…だけではなく。 死ぬまで実子とは認められず、養父との距離が微妙だから…だけではなく。 自分の義理の叔母にあたる、張飛の奥方への決して明かせぬ想いにあった。 そんな彼も年頃になり、縁談が持ち出されるのだが… 「張飛の花嫁」の番外編で、関平と関索を足して2で割ったオリジナルキャラクター、「孟均」が主人公の青春恋愛小説です。(今回、関索成分強めなので「花関索伝」のネタが出てきます) ※「小説家になろう」にも投稿しております。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 37,190 最終更新日 2019.05.25 登録日 2019.05.20
40
歴史・時代 連載中 長編 R15
夏侯家の令嬢・玉華はある日、薪を拾いに行った際に出会った張飛に攫われる。 いつ命を失ってもおかしくない状況の中、玉華は何をしてでも生き延びなければならなかった。 彼女には、「罪」があったのだから――― 正史「三国志」の表記を元に、張飛の妻を考察、捏造した小説です。 作中、夏侯淵の姪の名前をオリジナルで「玉華」と設定しています。 ※「小説家になろう」にも投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 183,944 位 / 183,944件 歴史・時代 2,108 位 / 2,108件
文字数 38,947 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.19
40