パーティを追い出されましたがむしろ好都合です!

勇者パーティに属するルーナ(17)は悩んでいた。

補助魔法が使える前衛としてスカウトされたものの、勇者はドスケベ、取り巻く女の子達は勇者大好きという辟易するパーティだった。

しかも勇者はルーナにモーションをかけるため、パーティ内の女の子からは嫉妬の雨・・・。
そんな中「貴女は役に立たないから出て行け」と一方的に女の子達から追放を言い渡されたルーナはいい笑顔で答えるのだった。


「ホントに!? 今までお世話しました! それじゃあ!」

 ルーナの旅は始まったばかり!



 第11回ファンタジー大賞エントリーしてました!
24hポイント 191pt
小説 7,283 位 / 140,697件 ファンタジー 1,551 位 / 34,268件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。