英雄の番が名乗るまで

突然発生した魔物の大侵攻。西の果てから始まったそれは、いくつもの集落どころか国すら飲みこみ、世界中の国々が人種・宗教を越えて協力し、とうとう終息を迎えた。魔物の駆逐・殲滅に目覚ましい活躍を見せた5人は吟遊詩人によって「五英傑」と謳われ、これから彼らの活躍は英雄譚として広く知られていくのであろう。
大侵攻の終息を祝う宴の最中、己の番《つがい》の気配を感じた五英傑の一人、竜人フィルは見つけ出した途端、気を失ってしまった彼女に対し、番の誓約を行おうとするが失敗に終わる。番と己の寿命を等しくするため、何より番を手元に置き続けるためにフィルにとっては重要な誓約がどうして失敗したのか分からないものの、とにかく庇護したいフィルと、ぐいぐい溺愛モードに入ろうとする彼に一歩距離を置いてしまう番の女性との一進一退のおはなし。
※小説家になろうにも投稿
24hポイント 284pt
小説 3,844 位 / 99,730件 恋愛 1,787 位 / 27,770件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

私が光の神子なんですけど、なぜかお前じゃないと言われました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:22366pt お気に入り:3156

氷中花

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7pt お気に入り:2

旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:324057pt お気に入り:10923

義妹がすぐ被害者面をするので、本当に被害者にしてあげる事にしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:60564pt お気に入り:4432

悪役令嬢がでれでれに溺愛されるまでの話

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1010pt お気に入り:4853